5/16【「夜と霧」を読む】

今回も新型コロナウィルス感染拡大防止のため、Skypeを用いてオンラインで開催いたします!
次回三文会では「夜と霧」の読書会を行います。コロナ禍において生きる意味を再度問い直してみませんか?

ヴィクトール・フランクルの「夜と霧」を読んでその内容や、内容から派生して現在の生き方についてを話し、話し合います。
疫病とともに生きる時代に、強制収容所という未来の見えない場所に閉じ込められた人がどのように生きたか、生き延びたかを考えます。
生きる意味や、生きることが私たちに何を期待しているのか、をこの会を通して考えましょう。

【この本をもとに話します】
ヴィクトール・フランクル 夜と霧
https://www.amazon.co.jp/夜と霧-新版-ヴィクトール・-・フランクル/dp/4622039702

ぜひお読みになってご参加ください。未読の方も、疫病とともに生きる時代の生き延び方についてディスカッションすることができますので、お気軽にご参加ください。

【1分間スピーチのテーマ】
既読の方:読んで印象に残っている箇所
未読の方・記憶の曖昧な方:夜と霧、あるいは強制収容所のなんとなくのイメージ

【発表者】
読書会なので、みなさんが発表者です!

【参加費】無料

【開催場所】
・Skypeによる遠隔開催をします。事前にskypeをダウンロードしてください。
※Skypeでエラーが出る際は別のツールを用います。その際はSkypeのチャットにお知らせしますのでそちらをご確認ください。
・時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。(マイク付きイヤホンを使うとより快適です)
会議URL:
https://join.skype.com/HiZ5OH711rUf

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmonkai.ut(アット)gmail.comまでご連絡ください!

あわせて読みたい

コメントを残す