【中止】2/22【デジタルが浸透した社会、中国の最先端の顧客体験をひもとく〜OMOが進む社会での戦い方〜】

【中止】
現在のコロナの状況を鑑み、下記三文会は念のため中止とさせていただきます。
楽しみにしてくださっていた皆様、申し訳ありません。
今後の三文会については別途広報させていただきます。

—————————–
この数年の間で、あなたは中国に行きましたか?
「中国スゴイ」「アフターデジタルの世界だ」「深センは最先端の街」などなど、最近いろんな話が聞こえてきますが、具体的に何がどうなっているかご存知でしょうか?

中国はこの数年で大きく変わり、また今も大きく変わり続けています。
「なんだかよくわからなくて怪しい」「ちょっと怖い」という印象を持たれがちな中国ですが、今や中国はデジタル最先端の国。
皆さんの知らない「洗練されたユーザ体験設計」「最先端のデジタル活用」がたくさん。

今回は、いま中国で何が起こっているかを、具体例をたくさんお見せしながらわかりやすく説明をしたいと思います。

中国に関心があるけど、なかなか知る機会を作れていなかったという方、ぜひ気軽にお越しください!
 
【こんなあなたにおすすめ】
・中国の発展に興味がある
・中国スゴイらしいけど、とは言え裏には色々あるのでは??と思っている
・「ユーザ体験(UX)」「アフターデジタル」「OMO」などのキーワードにピンとくる
・デジタルに関わる仕事をしている

【一分間スピーチのテーマ】
中国に対するイメージ

【発表者】
株式会社hoppinCEO 滝沢 頼子
東京大学卒業後、UXコンサルの株式会社ビービットに入社。上海オフィスの立ち上げ期メンバー。
その後、上海のデジタルマーケティング会社を経て、日本に帰国。Edtech系スタートアップへ。
2019年に株式会社 hoppinを設立。企業の中国視察アテンドや講演、中国事業に関するコンサルティング、メディアへの執筆などを行っている。
神楽坂とビオワインとももクロが好き。
—————–

★下のフォームから参加登録をお願いします★
前日18時までに参加登録をお願いいたします。


 
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmonkai.ut@gmail.comまでご連絡ください!

【日時】毎週土曜日朝8:00〜9:00頃まで(開場7:45、途中退出OK)
【料金】学生300円、社会人1000円
【場所】Lab+Cafe 東京都文京区本郷4-1-3 明和本郷ビル7F (http://lab-cafe.net/page/)

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩3分)です。

————————

あわせて読みたい

コメントを残す