7/18<遠隔> 【バイクはいいぞ】

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、Google Meetを用いてオンラインで開催いたします!

こんにちは.

コロナウイルスの影響によって生活が変わっている今日この頃です.最近は,コロナウイルスによって密を避けることのできる自家用車に注目が集まっています.また,自粛生活によって移動することの魅力を再度感じた方も多いのではないでしょうか?

次回は普段からバイク乗りの発表者の方にバイクの魅力について語っていただきます.

以下、発表者の方による紹介文です。


私は小さいときから色んな形でバイクに乗ってきたこともありバイクに乗ることがすごく楽しいです。
一方でバイクは危ないから乗ったことが無いという人もおり、そんな人からするとなんでバイクに乗るの?というのが不思議だそうです。いや楽しいからだけど。。。としか返せないのですが、この楽しさを説明することはすごく難しく、言語化出来ない類のモノだと考えてます。

事実バイクの一番の販促は試乗してもらうことと言われており、カタログ上のスペックでは表現出来ない良さが確かにあるのです。

次回の三文会では個人的に楽しいと思うバイクに関するあれこれを伝えながら、バイクに乗っていない人からみたバイクの印象とはなんなのか。どうしたら楽しいと思って試乗にいってもらえるようになるのかを一緒にディスカッションしながら考えていきたいと思います。
※恐らくあまり資料らしい資料は用意しない省エネ発表になると思います。


【1分間スピーチのテーマ】
「自分の好きなことの魅力についてかたってください」

【発表者プロフィール】
山岡

初めてバイクに乗ったのは、多分5歳位(もしかしたらもっと前かも)。その後高2で原付バイク(マグナ50)⇒大学の時に250CC(ST250)⇒入社と同時に大型バイク(Bonneville T00)と経済力に応じてバイクが大きくなってる。
今の乗っているバイクは入社したその月に契約。その後そのバイクに乗るために大型バイクの免許を取得。
今まで走って一番楽しかったの石川県の千里浜なぎさドライブウェイ。なにかバイク関係で副業したい。

【参加費】
無料

【開催場所】
・Google Meetによる遠隔開催をします。事前のアプリ等のダウンロードは不要です。Chrome, Firefox, Safari, Microsoft Edgeのブラウザをご用意ください。(要件: https://support.google.com/meet/answer/7317473?hl=ja )
・時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。
会議URL:

https://meet.google.com/fmo-synz-uac

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmonkai.ut(アット)gmail.comまでご連絡ください!

7/11(遠隔)【週末起業体験談と今後について】

突然ですが、起業を考えたことはありますか。かつてスタートアップ事業の発表も多かった三文会で、次回は起業の体験談を発表いただきます。

弱冠23歳での起業は、大変ではないのか?どうやって課題を解決しているのか?いろいろなことが気になりますね。

 

以下、発表者の方による紹介文です。


最近、会社員を続けながら起業するというスタイルが注目されています。

Google社の創業メンバーもサラリーマンの間に起業したと言われています。

私自身も早々に起業することを目論み、複業に取り組んでいまして、今回はその体験談についてお話します。

起業を考えている方、何か新しいことを始めようと考えている方のご参考になれば幸いです。

 

【一分間スピーチのテーマ】

「起業と聞いて、想起すること」

(備考)三文会では、自己紹介を兼ねて、発表者が設定したテーマについて参加者の皆さまに1分間のスピーチをお願いしています。

 

【発表者】

高島渓太

23歳ITベンチャー(ECプラットフォーム事業)勤務

香川県出身。高校2年次に甲子園出場。

進学校で野球や勉強に打ち込む中で、自分の価値や他人との違いを意識。

大学では総合政策学部で広く遍く学問を学んでいく中で、

大学2年でマクロ経済学のシミュレーション分析の研究をきっかけに情報分野に興味を持つ。

就活時期に多くの社会人と会う中で、プログラミングや、情報工学の研究内容を学びたい社会人が多数いることを肌で感じ、学習したい社会人と自分の研究内容を知って欲しい理系院生を繋いだ、プログラミング兼、情報工学研究スクールを運営。

起業への漠然とした想いはありながら、今の会社の起業背景や理念に共感し、2019年2月入社。

2020年1月副業として経営者のwebマーケティングの手伝いから始め、3月から本格的に事業準備を始める。現在は9月アプリリリースを目標に、起業資金調達中。

 

【参加費】

無料

【開催場所】
・Google Meetによる遠隔開催をします。事前のアプリ等のダウンロードは不要です(※)。Chrome, Firefox, Safari, Microsoft Edgeのブラウザをご用意ください。(要件: https://support.google.com/meet/answer/7317473?hl=ja )

※スマホでのご参加の場合、下記URLをクリック後、アプリのダウンロードが必要です

・時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。
会議URL:

https://meet.google.com/kax-qwyb-boj

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmonkai.ut(アット)gmail.comまでご連絡ください!

7/4(遠隔)【ベンチャー企業が大企業に買収されると、どうなるの?】(伊藤さん)

コロナ禍で大変なベンチャー企業も多いと思います。その中で、大企業に吸収される企業も少なくないのではないのでしょうか。

次回はそんな「企業買収」を、ベンチャーのCEOとして自ら経験した方がリアルにお話します。

 

以下、発表者の方による紹介文です。


ベンチャー企業が、大企業に買収されるというニュースをご覧になる機会もあると思います。しかし、大企業に買収されたベンチャー企業はその後どうなっていくのか、あまり表に情報が出てこないものです。東大発ベンチャー企業の代表取締役として、大企業による買収を経験した立場から、リアルな情報お伝えいたします。

●当日のプレゼン資料
パワーポイント資料を作成します。

●一分間スピーチのテーマ
「ベンチャー企業と聞いてイメージすることは?」

(備考)三文会では、自己紹介を兼ねて、発表者が設定したテーマについて参加者の皆さまに1分間のスピーチをお願いしています。

●発表者
伊藤陽介(いとうようすけ)
2008年に東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。2017年にMITでMBA取得。
ローランドベルガー、ジャパンディスプレイを経て、東京大学発の半導体スタートアップPi-Crystalで代表取締役。大企業によるM&Aを機に退任し、2020年4月からは、次の起業準備をしつつ、東京大学産学協創推進本部にてスタートアップ支援にも従事中。
2007年に三文会を創設したメンバーの1人。

 

【参加費】

無料

【開催場所】
・Google Meetによる遠隔開催をします。事前のアプリ等のダウンロードは不要です(※)。Chrome, Firefox, Safari, Microsoft Edgeのブラウザをご用意ください。(要件: https://support.google.com/meet/answer/7317473?hl=ja )

※スマホでのご参加の場合、下記URLをクリック後、アプリのダウンロードが必要です

・時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。
会議URL:

https://meet.google.com/kax-qwyb-boj

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmonkai.ut(アット)gmail.comまでご連絡ください!

6/27(遠隔)【ゲノム編集技術編】

東大の博士課程を修了し、研究員として働いている方による発表です。

「ゲノム編集」という言葉を聞いたことはあっても、なんとなく「遺伝子組み換え」と混同してしまったり、実はよく分かっていない、という方も多いかもしれません。

まずは、ゲノム編集とは何かを知り、その最新技術について一緒に学んでみませんか?

 

以下、発表者の方による紹介文です。

———-
ゲノム編集という単語を1度は聞いたことがあると思います。
遺伝子組換えと何が違うのか、どんなことをするのか、何に使われているのか、など疑問を持っている人が多いはずです。
ゲノム編集について植物を中心に技術的な面から紹介します。

●当日のプレゼン資料
パワーポイント資料を作成しました。

●一分間スピーチのテーマ
ゲノム編集と聞いてどんなことを想像しますか?

(備考)三文会では、自己紹介を兼ねて、発表者が設定したテーマについて参加者の皆さまに1分間のスピーチをお願いしています。

●発表者
本間洋平(ほんまようへい)
平成27年東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。
専門は植物生理学、植物病理学、植物細胞工学、園芸学。
博士課程修了後は公益財団法人の研究機関で野菜の品種改良の研究職に就いています。

 

【参加費】

無料

【開催場所】
・Google Meetによる遠隔開催をします。事前のアプリ等のダウンロードは不要です(※)。Chrome, Firefox, Safari, Microsoft Edgeのブラウザをご用意ください。(要件: https://support.google.com/meet/answer/7317473?hl=ja )

※スマホでのご参加の場合、下記URLをクリック後、アプリのダウンロードが必要です

・時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。
会議URL:

https://meet.google.com/vhv-xoto-vsb

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmonkai.ut(アット)gmail.comまでご連絡ください!

6/20<遠隔>【新しい場について考える】

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、Google Meetを用いてオンラインで開催いたします!

今回の三文会では今後の「場」について扱います.
コロナウイルスによって様々な人がこれまで以上に場について考える時代になっています.例えば,今までは人との交流が行いやすい都市での生活に憧れを抱くことが会った人も,オンラインでの交流の機会が増えたことによって都市に対する見方も変わったのではないでしょうか?
その一方で,オンラインでの生活に慣れてきたからこそ,場の重要さを感じます.
そこで今回は三文会がいつもお世話になっているLab-Cafeの運営をしている石橋さんに場について発表していただきます!

以下、発表者の方による紹介文です。

———-

「会う」ということに人類がこれほどまでに神経を払うようになったことは、未だかつてなかったのではないでしょうか。 ウイルスの蔓延によって、人の集うあらゆる活動、それによって生まれるあらゆる「場」が、その根本から大きく揺さぶられています。この三文会や、その会場であるLab-Cafeも例外ではありません。 しかし、揺れたからこそ見える景色もあるというもの。今回は、Lab-Cafeの学生運営メンバーが見た下記の景色をとっかかりに、新しい「場」の可能性について皆さまと議論できればと思います。

景色①Lab-Cafeのプロジェクトはどうしているのか?
景色②なぜLab-Cafeのライトニングトークはオープン後もずっとオンラインなのか?
景色③自粛期間中に活動がむしろ活発化。学生の宇宙医学コミュニティに何が?
(番外編)オンラインでの”場づくり”に必要だと感じたこと

●一分間スピーチのテーマ
自宅期間中、それまで参加していなかった新たなコミュニティに入ったりしましたか?

●発表者:石橋拓真(いしばしたくま)
1997年生まれ。東京大学医学部医学科4年。Lab-Cafe学生運営として、Lab-Bar(仮)やLab-Cafe Lightning Talkを実施。主要興味分野は宇宙医学、有人宇宙開発。

●キーワード
場づくり、コミュニティ、NewNormal、生涯学習、越境型学習

【参加費】

無料

【開催場所】
・Google Meetによる遠隔開催をします。事前のアプリ等のダウンロードは不要です。Chrome, Firefox, Safari, Microsoft Edgeのブラウザをご用意ください。(要件: https://support.google.com/meet/answer/7317473?hl=ja )
・時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。
会議URL:

https://meet.google.com/opj-vcyq-ihq

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmonkai.ut(アット)gmail.comまでご連絡ください!

6/13<遠隔>【葉の上への水滴のつき方と表面構造の関係】

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、Google Meetを用いてオンラインで開催いたします!

毎回好評の、生活の中から科学を見つける夏目先生の発表第三弾です!今回は葉の上についた水がなかなか落ちないのはなぜか?について顕微鏡を用いて観察してわかったことを発表いただきます。随時質問しながら進みますので、物理や生物が苦手・・という方もお気軽にご参加ください!

以下、発表者の方による紹介文です。

———-

水の持つ強い表面張力と物体が水をはじく性質(はっ水性)は自然界で極めてよく見かける現象です。
例えば、植物の葉に朝露が付いて光っている光景はとても美しいです。それが、表面張力と葉のはっ水性のためであることを知っている方も多いでしょう。

でも、いったん葉に付いた水滴がそこに留まっていてなかなか落ちないのはなぜでしょう。表面のはっ水性は水を遠ざけるように働いているはずです。こういう疑問は拡大して観察するが一番良いです。そこで、電子顕微鏡で調べてみました。10万倍の拡大性能です。その結果わかったことは?
——–水を仲介とした生物・化学・物理の境界領域の研究例でもあります!

【当日の配布資料】

三文会表紙付6月13日はっ水性表面張力水分子の姿葉の水滴挙動

【1分間スピーチのテーマ】
水に関する話をして下さい。例えば、体の60%は水で出来ているときいて何を思いますか?

(備考)三文会では、自己紹介を兼ねて、発表者が設定したテーマについて参加者の皆さまに1分間のスピーチをお願いしています。

【発表者プロフィール】
夏目雄平(なつめ・ゆうへい)

1946年長野県生まれ。東京大学理学部物理学科卒、同理学系大学院で理学博士の学位を得る。専攻は物性物理学。
イギリスで研究活動の後、千葉大学へ就職し1990年教授。2012年定年退職。
その後は、科学を一般に広める活動、科学の本の執筆に従事。理科の雑誌「理科の探検」(SAMA企画)編集委員。専門書/一般科学書の他、文系本として(鉄道、徒歩の)旅の本も出版している。ふるさとNAGANO応援団メンバー。活動として「夏季は男子もスカートをはこう」運動。

【参加費】
無料

【開催場所】
・Google Meetによる遠隔開催をします。事前のアプリ等のダウンロードは不要です。Chrome, Firefox, Safari, Microsoft Edgeのブラウザをご用意ください。(要件: https://support.google.com/meet/answer/7317473?hl=ja )
・時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。
会議URL:

https://meet.google.com/fmo-synz-uac

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmonkai.ut(アット)gmail.comまでご連絡ください!

6/6<遠隔>【嘘をつくひとの特徴】

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、Google Meetを用いてオンラインで開催いたします!

コロナ禍でオンラインでのやりとりが増えたかと思います。しかし、果たして相手の言っていることは真実なのでしょうか?オンラインだとちょっとわかりにくいですよね。今回、探偵業をされているゆーやんさんと、実際の事例を聞きながら嘘をつく人の特徴について知ってみませんか?

以下、発表者の方による紹介文です。

———-

前々回の探偵業はどんなことをする職業なのか。そして、実践を加えた前回の嘘の見抜き方に引き続き、

今回は、嘘をつく人の特徴を実際にあった事例を交えてお話させて頂ければと思います。

【1分間スピーチのテーマ】

あ、この人、嘘ついてるなぁと感じる瞬間

(備考)三文会では、自己紹介を兼ねて、発表者が設定したテーマについて参加者の皆さまに1分間のスピーチをお願いしています。

【発表者プロフィール】

ゆーやん
現役探偵やってます
その他には動画編集請負業と不動産業(賃貸、マイホームの仲介)をやりながら
趣味でYouTuber飲み会、やってたりします

【参加費】

無料

【開催場所】
・Google Meetによる遠隔開催をします。事前のアプリダウンロードは不要です。Chrome, Firefox, Safari, Microsoft Edgeのブラウザをご用意ください。(要件: https://support.google.com/meet/answer/7317473?hl=ja )
・時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。
会議URL:

https://meet.google.com/jnd-dhfj-hsj

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmonkai.ut(アット)gmail.comまでご連絡ください!

5/30<遠隔>【二次元のイケメンをビジネスに!サイバードが取り組むイケメン事業について】

今回も新型コロナウィルス感染拡大防止のため、Skypeを用いてオンラインで開催いたします!

外出自粛中、アニメやゲームなどを楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。美男美女がたくさん登場する、アニメやゲームの世界。次回の三文会では、そんな「二次元の世界」を、ビジネス的な側面から覗いてみましょう!

以下、発表者の方による紹介文です。

———-

「イケメン」はビジネスになるのか?我々、株式会社サイバードは創業22年を迎えるモバイルを軸としたコンテンツサービス/ゲームの提供を行うIT企業です。その歴史の中で、「イケメンシリーズ」を世の中に放ったことは大きな転機でした。
我々が「イケメン」をどのようにしてビジネスにしているのか?また、「イケメン」をIPとして、新規事業も展開するITエンタテインメント市場の「今」をお伝えします。

【1分間スピーチのテーマ】

「イケメン」と聞いてあなたがイメージしたことを教えてください。

(備考)三文会では、自己紹介を兼ねて、発表者が設定したテーマについて参加者の皆さまに1分間のスピーチをお願いしています。

【発表者プロフィール】

株式会社サイバード ゲーム事業本部 ラブ&スマイル事業部 副事業部長
プロデューサー 朝木 奈都子2000年にWEB業界入り、2001年にモバイル業界へ。
2004年 株式会社サイバード入社。大手キャラクターIPのキャリア公式サイトで、企画・デザイン・ディレクターなどを担当。
2011年 女性向け恋愛ゲーム「イケメン大奥」に、ディレクターとして参画。
リリース後GREEランキングにてトップ3入りし、初月で月商数千万円の快挙を達成。
2012年 恋愛ゲーム6本の統括役として部署を牽引し、10月に月商が億を超える。
2013年以降は新作のプロデューサーと、部門のマネジメントを交互に担当し、両軸で組織を支える。

**********

株式会社サイバード Voice UI部 副部長
プロデューサー Voice UI/UXデザイナー 元木 理恵2006年1月株式会社サイバード入社。コンテンツ事業の企画・プロデュースに携わる。
2016年2月より、Voice UI事業のR&Dを開始し、Voice UI部の立ち上げに貢献。
現在、同部でプロデューサー兼Voice UI/UXデザイナーを務める。
Voice UIの各種勉強会やセミナー等でのLightning Talkなど登壇多数。
Voice UI/UX Designer Groupや各社と連携してのVoice UI女子会などのコミュニティ運営も行い、社内外に活動の幅を拡げ、Voice UI界の盛り上げに精力的に貢献している。※受賞歴
・Alexaスキルアワード2018「Philips Hue賞」受賞
・LINEBOOTAWARDS2018「Qiita賞」受賞
・MashUpAwards2018 ファイナル進出
・第3回東京公共交通オープンデータチャレンジ審査員特別賞受賞
・ヒーローズリーグ2019 MA部門ファイナル進出※執筆
・伊藤さやか氏との共著『スマートスピーカーアプリのお品書き』『スマートスピーカーでおうちハック』
Voice UI/UXの企画・会話設計やプラットフォーム機能差異等について担当※Voice UI/UX Designer GroupのFacebookグループ
https://www.facebook.com/groups/300868064086920/

【参加費】

無料

【キーワード】

イケメン、ソーシャルゲーム、VoiceUI、スマートスピーカー、新規事業

【開催場所】
・Google Meetによる遠隔開催をします。事前のアプリダウンロードは不要です。
・時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。(マイク付きイヤホンを使うとより快適です)
会議URL:

https://meet.google.com/nig-vscw-nuw

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmonkai.ut(アット)gmail.comまでご連絡ください!

5/23【話題再提供 論文に仕事に、誰でも使える「作文技術」 ――『日本語』と『理科系』、2冊のロングセラーを読む】

今回も新型コロナウィルス感染拡大防止のため、Skypeを用いてオンラインで開催いたします!


5月23日土曜日の三文会は、2016年に好評を博した文章術に関する話題の再提供です。


およそ4年前の2016年7月に「論文に仕事に、誰でも使える「作文技術」 ――『日本語』と『理科系』、2冊のロングセラーを読む」と題して、『日本語の作文技術』と『理科系の作文技術』という「作文技術」の名著を紹介する話題提供をさせていただきました。

時は流れて先日、話題の「ウェブ飲み会」でこの話をしたところ、関心を持つ方が何名かいらっしゃいました。

そこで、今回の三文会では、2016年の話題をそのままもう一度、提供させていただきます。
初めての方も、内容を忘れかけている方も、お気軽にお聴きいただければ幸いです。

以下は、2016年の案内文です。


2016年3月、物理学者の木下是雄氏が1981年に発表した『理科系の作文技術』の累計発行部数が100万を突破しました(注)。ジャーナリストの本多勝一氏が1976年に発表した『日本語の作文技術』も40年以上の間、版を重ねています。

両書に共通するのは、(1) 説明、論説、評論、記録、報告、報道などの論理的・実用的な文章に対象を絞り、(2) 学習と伝達とが可能な「技術」として、日本語の文章の書き方を説明している点です。

本書を読めば、論理的・実用的な文章に限っては、形の整った文章を書けるようになるはずです。大学の指導教員や勤務先の上司に、両書を薦められた方も多いのではないでしょうか。

本発表では、これから卒業論文や修士論文を書く学生の方、または若い社会人の方を念頭に、この2冊のロングセラーの概略を紹介します。

(注)長谷川健氏「『理科系の作文技術』、81刷100万部を突破
異例のヒットの理由」(withnews(ウィズニュース)、2016年7月3日取得、http://withnews.jp/article/f0160327003qq000000000000000W02j10701qq000013170A)から。

【一分間スピーチのテーマ】

日本語の文章を書くときに気を付けていること

(備考)三文会では、自己紹介を兼ねて、発表者が設定したテーマについて参加者の皆さまに1分間のスピーチをお願いしています。

●文献

本多勝一,[1976]1982,『日本語の作文技術』朝日新聞社.
――――,[1976]2005,『新装版 日本語の作文技術』講談社.
木下是雄, 1981,『理科系の作文技術』中央公論新社.

●キーワード

木下是雄、理科系の作文技術、本多勝一、日本語の作文技術、論理的な文章、実用的な文章

【発表者】

熱川豊紘(にえかわ・とよひろ)
1986年和歌山県生まれ。東京大学文学部を経て、2012年に同大学大学院学際情報学府修士課程を修了。専門は科学・技術政策論。在学中、財団法人東京大学新聞社(現、公益財団法人)に勤務。朝食勉強会、三文会事務局に出向。現在、情報通信企業でマーケティングを担当。

【参加費】無料

【開催場所】Skypeによる遠隔開催をします。

・事前にSkypeのアプリケーションをダウンロード、インストールしてください。
※Skypeでエラーが出る際は別のツールを用います。その際はSkypeのチャットにお知らせしますのでそちらをご確認ください。
・時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。
・マイク付きイヤホンを使うとより快適です。
会議室URL: https://join.skype.com/HiZ5OH711rUf

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmonkai.ut(アット)gmail.comまでご連絡ください!

5/16【「夜と霧」を読む】

今回も新型コロナウィルス感染拡大防止のため、Skypeを用いてオンラインで開催いたします!
次回三文会では「夜と霧」の読書会を行います。コロナ禍において生きる意味を再度問い直してみませんか?

ヴィクトール・フランクルの「夜と霧」を読んでその内容や、内容から派生して現在の生き方についてを話し、話し合います。
疫病とともに生きる時代に、強制収容所という未来の見えない場所に閉じ込められた人がどのように生きたか、生き延びたかを考えます。
生きる意味や、生きることが私たちに何を期待しているのか、をこの会を通して考えましょう。

【この本をもとに話します】
ヴィクトール・フランクル 夜と霧
https://www.amazon.co.jp/夜と霧-新版-ヴィクトール・-・フランクル/dp/4622039702

ぜひお読みになってご参加ください。未読の方も、疫病とともに生きる時代の生き延び方についてディスカッションすることができますので、お気軽にご参加ください。

【1分間スピーチのテーマ】
既読の方:読んで印象に残っている箇所
未読の方・記憶の曖昧な方:夜と霧、あるいは強制収容所のなんとなくのイメージ

【発表者】
読書会なので、みなさんが発表者です!

【参加費】無料

【開催場所】
・Skypeによる遠隔開催をします。事前にskypeをダウンロードしてください。
※Skypeでエラーが出る際は別のツールを用います。その際はSkypeのチャットにお知らせしますのでそちらをご確認ください。
・時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。(マイク付きイヤホンを使うとより快適です)
会議URL:
https://join.skype.com/HiZ5OH711rUf

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmonkai.ut(アット)gmail.comまでご連絡ください!