12/26【歴史に残る植物の病気】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

次回の三文会では、植物の病気について、現役の植物研究者の方が発表します。

ー以下発表者の方の告知文ですー

「コロナ」という単語を耳にしない日はない日常を皆さんはどうお過ごしですか?
100年前のスペイン風邪が世界史の教科書に記載されているように
新型コロナウイルス感染症COVID-19も未来の世界史の教科書に記載されることでしょう。
ところで植物も感染症にかかります。その中には甚大な被害を引き起こし、文明崩壊の引き金になったと言われている症例もあります。
今回はそんな病害を紹介します。

【一分間スピーチのテーマ】
植物も病気になることを知っていますか?見たことがありますか?

【発表者】
本間洋平(ほんまようへい)
平成27年東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。
専門は植物生理学、植物病理学、植物細胞工学、園芸学。
博士課程修了後は公益財団法人の研究機関で野菜の品種改良の研究職に就いています。

【スケジュール】
8:00~8:30 1分間スピーチ(自己紹介)
8:30~9:30 発表
9:30~10:00 感想
※8:00開始は固定ですが、その他の時間は変動する場合があります

【参加費】
無料

【参加方法】
・Zoomで開催します。
※事前のダウンロードが必要です。

・時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。
会議URL:
https://zoom.us/j/93524557509

★下のフォームから参加登録をお願いします★(ドタ参も歓迎です!)

三文会では発表者・参加者・運営を募集しています。
興味のある方はsanmonkai.utあっとgmail.comまでご連絡ください!

————————

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す