2021年 1月 の投稿一覧

1/30【第一回マルクス「資本論」読書会】「資本論」読書体験記(オンライン開催)

マルクス「資本論」を読みたいと思います。

「第一回」とありますが続編があるとは言ってないので、ひとまずどのように読んだらいいかの具体例として、私がどのように読んできたかを説明していきたいと思います。基本的には本文を通読するだけで理解できる人はほとんどいない書籍だと思いますので、より理解を深めていく読み方の参考になればと思っています。(当然私も全てを理解しているわけではありません。)

本文も少し読む予定です。

元はドイツ語(一部フランス語)で書かれた書籍ですが、現在流通している通称「ディーツ版」を主として扱い、読書会自体は日本語で行い、各種日本語訳を参照しつつ読み進めたいと思っています。未読の方を前提としてしていますので、予習も前提知識も必要ありません。

前提知識を元に通読なさった方には退屈な内容になるかもしれません。

【1分間スピーチのテーマ】
今までで一番読むのに時間がかかった本はなんですか?
※三文会では最初に自己紹介を兼ねて発表者のお題についてお話しいただきます。

【発表者】
鈴木柚里絵(すずきゆりえ)
東京大学教養学部統合自然科学科物質基礎科学コース卒業
Twitter→@yuriehiyoko

続きを読む

1/23【ジョエル・ベスト 「社会問題とは何か ─なぜ、どのように生じ、なくなるのか?」 を読む】オンライン開催

皆さんは、社会問題という言葉に関して、どのようなことを連想するでしょうか。
著者のジョエル・ベストはアメリカの社会学者としてアメリカにおける社会問題について構築主義的なアプローチを基に本書を執筆しています。
コロナの中で、社会のカタチは環境により大きく変わることを感じている人が多いと思います。本書の副題は「なぜ、どのように生じ、なくなるのか?」というように、著者はこの本の中で、どのように社会問題が生まれ、それがなくなる(解決される)のかという構造を紐解いています。
アメリカと日本では、その構造が異なることを邦訳に際して著者も言葉を寄せています。
けれど、ある国のある人たちの取り組みを知り、自分たちはそれをどう考えるかを考えてみてくださいとも書き添えています。
コロナの中で、多くの社会問題が生まれています。そうした現在に関して考える上での一助となればと思います。

【1分間スピーチのテーマ】
あなたが嫌いな社会問題を教えてください。
(嫌いとは、なぜこれが問題なのか?取り組む必要があるのか?という疑問を持つような社会問題です。)
例)
嫌いな社会問題:環境問題
理由:自分の生活からは遠い気がする。

【発表者】
発表者:ツジさん
農家に転職予定

続きを読む

1/16 禅と茶道と日本美術と近代科学

次回の三文会では,禅というテーマによって茶道,日本芸術,近代科学について説明を行いたいと思います.
一見,茶道,日本芸術と科学というものの接点は存在していないように感じます.しかし,禅というものを軸として考えることによってこれらの概念が綺麗に説明,配置することができます.

これらの概念を説明するために,鈴木大拙,柳宗悦,岡倉天心,谷崎潤一郎,村上陽一郎,水墨画,茶道具,工藝品など引用,参照していきたいと思っています.

日本芸術とか,日本的美意識とか,科学史に興味がある方はぜひ参加してみてください.

 

●キーワード:禅,茶道,日本芸術,工藝,近代科学

【一分間スピーチのテーマ】
日本的ものとして思いつくものはありますか?あったらそれはどんな物ですか?

【発表者】
浅野輝
東京大学工学部3年
東京大学裏千家茶道同好会所属
専門は機械学習,強化学習(マルチエージェント)
最近は能を見たいなーって思っています.

続きを読む