2020年 6月 の投稿一覧

7/4(遠隔)【ベンチャー企業が大企業に買収されると、どうなるの?】(伊藤さん)

コロナ禍で大変なベンチャー企業も多いと思います。その中で、大企業に吸収される企業も少なくないのではないのでしょうか。

次回はそんな「企業買収」を、ベンチャーのCEOとして自ら経験した方がリアルにお話します。

 

以下、発表者の方による紹介文です。


ベンチャー企業が、大企業に買収されるというニュースをご覧になる機会もあると思います。しかし、大企業に買収されたベンチャー企業はその後どうなっていくのか、あまり表に情報が出てこないものです。東大発ベンチャー企業の代表取締役として、大企業による買収を経験した立場から、リアルな情報お伝えいたします。

●当日のプレゼン資料
パワーポイント資料を作成します。

●一分間スピーチのテーマ
「ベンチャー企業と聞いてイメージすることは?」

(備考)三文会では、自己紹介を兼ねて、発表者が設定したテーマについて参加者の皆さまに1分間のスピーチをお願いしています。

●発表者
伊藤陽介(いとうようすけ)
2008年に東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。2017年にMITでMBA取得。
ローランドベルガー、ジャパンディスプレイを経て、東京大学発の半導体スタートアップPi-Crystalで代表取締役。大企業によるM&Aを機に退任し、2020年4月からは、次の起業準備をしつつ、東京大学産学協創推進本部にてスタートアップ支援にも従事中。
2007年に三文会を創設したメンバーの1人。

 

【参加費】

無料

【開催場所】
・Google Meetによる遠隔開催をします。事前のアプリ等のダウンロードは不要です(※)。Chrome, Firefox, Safari, Microsoft Edgeのブラウザをご用意ください。(要件: https://support.google.com/meet/answer/7317473?hl=ja )

※スマホでのご参加の場合、下記URLをクリック後、アプリのダウンロードが必要です

・時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。
会議URL:

https://meet.google.com/kax-qwyb-boj

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmonkai.ut(アット)gmail.comまでご連絡ください!

6/27(遠隔)【ゲノム編集技術編】

東大の博士課程を修了し、研究員として働いている方による発表です。

「ゲノム編集」という言葉を聞いたことはあっても、なんとなく「遺伝子組み換え」と混同してしまったり、実はよく分かっていない、という方も多いかもしれません。

まずは、ゲノム編集とは何かを知り、その最新技術について一緒に学んでみませんか?

 

以下、発表者の方による紹介文です。

———-
ゲノム編集という単語を1度は聞いたことがあると思います。
遺伝子組換えと何が違うのか、どんなことをするのか、何に使われているのか、など疑問を持っている人が多いはずです。
ゲノム編集について植物を中心に技術的な面から紹介します。

●当日のプレゼン資料
パワーポイント資料を作成しました。

●一分間スピーチのテーマ
ゲノム編集と聞いてどんなことを想像しますか?

(備考)三文会では、自己紹介を兼ねて、発表者が設定したテーマについて参加者の皆さまに1分間のスピーチをお願いしています。

●発表者
本間洋平(ほんまようへい)
平成27年東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。
専門は植物生理学、植物病理学、植物細胞工学、園芸学。
博士課程修了後は公益財団法人の研究機関で野菜の品種改良の研究職に就いています。

 

【参加費】

無料

【開催場所】
・Google Meetによる遠隔開催をします。事前のアプリ等のダウンロードは不要です(※)。Chrome, Firefox, Safari, Microsoft Edgeのブラウザをご用意ください。(要件: https://support.google.com/meet/answer/7317473?hl=ja )

※スマホでのご参加の場合、下記URLをクリック後、アプリのダウンロードが必要です

・時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。
会議URL:

https://meet.google.com/vhv-xoto-vsb

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmonkai.ut(アット)gmail.comまでご連絡ください!

6/20<遠隔>【新しい場について考える】

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、Google Meetを用いてオンラインで開催いたします!

今回の三文会では今後の「場」について扱います.
コロナウイルスによって様々な人がこれまで以上に場について考える時代になっています.例えば,今までは人との交流が行いやすい都市での生活に憧れを抱くことが会った人も,オンラインでの交流の機会が増えたことによって都市に対する見方も変わったのではないでしょうか?
その一方で,オンラインでの生活に慣れてきたからこそ,場の重要さを感じます.
そこで今回は三文会がいつもお世話になっているLab-Cafeの運営をしている石橋さんに場について発表していただきます!

以下、発表者の方による紹介文です。

———-

「会う」ということに人類がこれほどまでに神経を払うようになったことは、未だかつてなかったのではないでしょうか。 ウイルスの蔓延によって、人の集うあらゆる活動、それによって生まれるあらゆる「場」が、その根本から大きく揺さぶられています。この三文会や、その会場であるLab-Cafeも例外ではありません。 しかし、揺れたからこそ見える景色もあるというもの。今回は、Lab-Cafeの学生運営メンバーが見た下記の景色をとっかかりに、新しい「場」の可能性について皆さまと議論できればと思います。

景色①Lab-Cafeのプロジェクトはどうしているのか?
景色②なぜLab-Cafeのライトニングトークはオープン後もずっとオンラインなのか?
景色③自粛期間中に活動がむしろ活発化。学生の宇宙医学コミュニティに何が?
(番外編)オンラインでの”場づくり”に必要だと感じたこと

●一分間スピーチのテーマ
自宅期間中、それまで参加していなかった新たなコミュニティに入ったりしましたか?

●発表者:石橋拓真(いしばしたくま)
1997年生まれ。東京大学医学部医学科4年。Lab-Cafe学生運営として、Lab-Bar(仮)やLab-Cafe Lightning Talkを実施。主要興味分野は宇宙医学、有人宇宙開発。

●キーワード
場づくり、コミュニティ、NewNormal、生涯学習、越境型学習

【参加費】

無料

【開催場所】
・Google Meetによる遠隔開催をします。事前のアプリ等のダウンロードは不要です。Chrome, Firefox, Safari, Microsoft Edgeのブラウザをご用意ください。(要件: https://support.google.com/meet/answer/7317473?hl=ja )
・時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。
会議URL:

https://meet.google.com/opj-vcyq-ihq

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmonkai.ut(アット)gmail.comまでご連絡ください!

6/13<遠隔>【葉の上への水滴のつき方と表面構造の関係】

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、Google Meetを用いてオンラインで開催いたします!

毎回好評の、生活の中から科学を見つける夏目先生の発表第三弾です!今回は葉の上についた水がなかなか落ちないのはなぜか?について顕微鏡を用いて観察してわかったことを発表いただきます。随時質問しながら進みますので、物理や生物が苦手・・という方もお気軽にご参加ください!

以下、発表者の方による紹介文です。

———-

水の持つ強い表面張力と物体が水をはじく性質(はっ水性)は自然界で極めてよく見かける現象です。
例えば、植物の葉に朝露が付いて光っている光景はとても美しいです。それが、表面張力と葉のはっ水性のためであることを知っている方も多いでしょう。

でも、いったん葉に付いた水滴がそこに留まっていてなかなか落ちないのはなぜでしょう。表面のはっ水性は水を遠ざけるように働いているはずです。こういう疑問は拡大して観察するが一番良いです。そこで、電子顕微鏡で調べてみました。10万倍の拡大性能です。その結果わかったことは?
——–水を仲介とした生物・化学・物理の境界領域の研究例でもあります!

【当日の配布資料】

三文会表紙付6月13日はっ水性表面張力水分子の姿葉の水滴挙動

【1分間スピーチのテーマ】
水に関する話をして下さい。例えば、体の60%は水で出来ているときいて何を思いますか?

(備考)三文会では、自己紹介を兼ねて、発表者が設定したテーマについて参加者の皆さまに1分間のスピーチをお願いしています。

【発表者プロフィール】
夏目雄平(なつめ・ゆうへい)

1946年長野県生まれ。東京大学理学部物理学科卒、同理学系大学院で理学博士の学位を得る。専攻は物性物理学。
イギリスで研究活動の後、千葉大学へ就職し1990年教授。2012年定年退職。
その後は、科学を一般に広める活動、科学の本の執筆に従事。理科の雑誌「理科の探検」(SAMA企画)編集委員。専門書/一般科学書の他、文系本として(鉄道、徒歩の)旅の本も出版している。ふるさとNAGANO応援団メンバー。活動として「夏季は男子もスカートをはこう」運動。

【参加費】
無料

【開催場所】
・Google Meetによる遠隔開催をします。事前のアプリ等のダウンロードは不要です。Chrome, Firefox, Safari, Microsoft Edgeのブラウザをご用意ください。(要件: https://support.google.com/meet/answer/7317473?hl=ja )
・時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。
会議URL:

https://meet.google.com/fmo-synz-uac

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmonkai.ut(アット)gmail.comまでご連絡ください!

6/6<遠隔>【嘘をつくひとの特徴】

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、Google Meetを用いてオンラインで開催いたします!

コロナ禍でオンラインでのやりとりが増えたかと思います。しかし、果たして相手の言っていることは真実なのでしょうか?オンラインだとちょっとわかりにくいですよね。今回、探偵業をされているゆーやんさんと、実際の事例を聞きながら嘘をつく人の特徴について知ってみませんか?

以下、発表者の方による紹介文です。

———-

前々回の探偵業はどんなことをする職業なのか。そして、実践を加えた前回の嘘の見抜き方に引き続き、

今回は、嘘をつく人の特徴を実際にあった事例を交えてお話させて頂ければと思います。

【1分間スピーチのテーマ】

あ、この人、嘘ついてるなぁと感じる瞬間

(備考)三文会では、自己紹介を兼ねて、発表者が設定したテーマについて参加者の皆さまに1分間のスピーチをお願いしています。

【発表者プロフィール】

ゆーやん
現役探偵やってます
その他には動画編集請負業と不動産業(賃貸、マイホームの仲介)をやりながら
趣味でYouTuber飲み会、やってたりします

【参加費】

無料

【開催場所】
・Google Meetによる遠隔開催をします。事前のアプリダウンロードは不要です。Chrome, Firefox, Safari, Microsoft Edgeのブラウザをご用意ください。(要件: https://support.google.com/meet/answer/7317473?hl=ja )
・時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。
会議URL:

https://meet.google.com/jnd-dhfj-hsj

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmonkai.ut(アット)gmail.comまでご連絡ください!