2019年 5月 の投稿一覧

6/1【数式を使わない自動車運動力学のはなし】

次回の三文会は、大手メーカー企業勤務の研究者によるクルマのお話です。

いつもの三文会と同じく、専門知識はゼロでOK。クルマの運動メカニズムを分かりやすく解説していただきます!

以下、発表者による告知文です。

—————–

「クルマはハンドルを切ったとおりに曲がると思いますか?」
自動車運動力学(Vehicle Dynamics、車両運動)という工学分野があります。
クルマの「走る、曲がる、止まる」運動のメカニズムを理解し、性能や安全性を向上させる車両の設計や制御、さらに、良いクルマとは?運転しやすいクルマとは何なのか?ということまで追究する分野です。
ですが、複数の要素が有機的に絡むその複雑さ故か、残念ながら、クルマが好きな人やメーカーで職業としている人でさえ誤解していたり、俗説が散見される現状もあります。
そんな若干の問題意識を持ちつつ同分野の研究開発に携わったことのある発表者が、
1.クルマが曲がっているとき、タイヤで起きている現象
2.クルマが曲がることについて、サスペンションが果たす役割
について、その導入部を、専門用語少な目で、物理の数式を使わずにお話しします。

【一分間スピーチのテーマ】
クルマに興味ありますか?クルマに求めるものは何ですか?

【発表者】
企業の研究所で機械系の研究開発に従事する研究者。
クルマの持つ文化的な側面が好き。運転は怖いのであまり好きではない。

—————–

★下のフォームから参加登録をお願いします★

5/25【キャリアのもやもやをAさんと一緒に考える】

キャリアの築き方は複数あるらしく、目標に向かって一目散に積み上げる山登り型と、いろいろな経験を積んでいろいろな景色を見ていくお散歩型とあるそうです。

どちらがいい、悪いではありませんが、山登り型が羨ましく見えることもあるかもしれません。
そんなときのキャリアのもやもやについて、一緒に考えてみませんか?

下記、発表者の方からの告知文です。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

本発表はキャリア選択に関する発表です.
ただ,ものすごいフワッとした内容です.

一般的な発表と異なり,発表者の私自身の為に参加者の皆様にコメント・アドバイスをいただくことを目的としています.

これまでにも三文会ではキャリアに関する発表がありましたが,いずれも「やりたいこと」がはっきりしている場合の進路選択についての紹介であり,はっきりした夢や志を持っていなかった自分に置き換えて考えることが難しいものでした.

とはいえ,夢や志が無いと言いつつもSNSで他人の現在を知ることのできるようになった現在,
仕事やプライベートなど他人と比べてしまって凹むことがしばしばあります.

このように凹むのは現状に満足していないためと考えられます.
しかし,自分の望む理想のキャリアのイメージがぼんやりしていてこれから何に取り組むべきかわかりません.

そこで,理想のキャリアを実現するために取り組むべきことを明らかにするために,
理想-現実=不満足という関係に基づいて,不満足な点を明らかにして既知のものとすることで理想のキャリアの推定に取り組んでみます.
また,理想のキャリアを形作っていく上で影響度の大きい因子(がんばると満足度upに効果の大きい因子)には何があるかを考え(収入,人間関係,やりがい?),
当日の議論の中で理想のキャリアの具体化ができればと思います.

本発表でお話し/議論したい内容をまとめると下記の通りです.
・私の過去を振り返り,現実と不満足な点を明確にして,理想のキャリアを推定する
・上記の振り返りからキャリアを形成する上で影響度の大きい因子を抽出する
・理想のキャリアを具体化する
・理想のキャリアを実現するために私は何をしたらいいか

キャリアについて不安を抱えている人にもそうでない人も,
今回の発表がご自身のキャリアを改めて考え議論してみる場となれば幸甚です.

●一分間スピーチのテーマ:
いま満足していること/不満足なこと及びその理由.

●発表者:
Aさん
大学院修士課程修了後,メーカーに就職.現在5年目29歳

==========

★下記フォームからご登録をお願いいたします★

5/18【ベンチャー勤務5年目、「働き方」を考える 〜サンフランシスコを旅して感じたこと〜】

東大生なら、大企業に就職したい!

そんな人が多い(?)中、新卒でベンチャーに就職した東大OBが今回の発表者です。

ベンチャー企業で日々忙しく働く傍ら、サンフランシスコを旅して感じた「働き方」とは? 会社に無関係の場だからこそ聞ける、ベンチャー企業の裏話にも注目です。

以下、発表者による告知文です。

—————–

東大法学部を卒業した僕が入社したのは、取締役がみんなロン毛のベンチャー企業!?
新人研修もそこそこに、現場を駆け回る日々。。
最短昇進記録、営業での苦い失敗、エンジニア転身などの経験から、ベンチャー企業で働くことについて表も裏もお話ししたいと思います!
また、2019年のGWに旅行したサンフランシスコについて、シリコンバレーの今と、「働き方」について感じたことにも触れます^ ^
【対象】
将来ビジョンについて考えている大学生をメインに考えていますが、社会人の方ともディスカッションできればと思います。

【1分間スピーチのテーマ】

「働き方改革」という言葉を聞いて、何を思いますか?

【発表者】

1991年生まれ。長崎県出身。東京大学法学部卒業後、株式会社あつまるに入社。入社15ヶ月で部長職に就任。2018年7月に同社にてエンジニアに転身、マーケティングとデータ分析を行う。200名のエンジニア/デザイナーが属するコミュニティを運営し、2019年7月には100〜200名規模のイベントを企画中。

—————–

★下のフォームから参加登録をお願いします★

5/11【飲食店の未来と飲食店ギルド化計画】

次回5月11日土曜日の三文会の話題は、飲食店の将来です。

以下、発表者によるご案内です。

—————–

皆さんは飲食店の将来について考えたことはありますか?
私はレストランで働き、様々なお店でサービスを受けるうちに「料理やサービスが成熟した飲食業界は変わらなければならない」と感じました。
普段、あまり深く考えることのない飲食業界について現役の料理人と一緒に未来の飲食業やサービス業について考えていきましょう。

【1分間スピーチのテーマ】

人にオススメできるレストランとその理由

【発表者】

勝山竜吉(かつやま たつよし)

1997年東京都生まれ。農業高校の食品科学科を卒業し、調理師専門学校に入学。
シティホテルで料理人として働くうちに飲食店のあり方に疑問を抱き、ギルド化事業を視野に入れる。

—————–

(備考)画像はRick Dikeman氏のTom’s Restaurant, NYC。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示 – 継承 3.0 非移植 (CC BY-SA 3.0)

★下のフォームから参加登録をお願いします★