2017年 10月 の投稿一覧

10/28【生態学者が提案する、自然災害との賢い付き合いかた】

コンクリートブロックに変わって、大自然があなたを守ります。
ゲリラ豪雨で洪水や土砂災害が増える中、生態学者が本気になって見つけた、新しいインフラのカタチをご紹介しましょう。

以下、発表者の篠原さんからの内容紹介です。
———-
こんにちは、東大大学院生の篠原です。
僕はいわゆる「生態学」を学び研究しています。「生態学者」とはだいたい、自然の中に出て色んな生き物を観察している、あるいは実験室でシャーレの中の生き物をじっと眺めている人々です。
生き物に没頭するあまり社会との関係が良好でない、みたいなイメージを持たれがちですが、今回はそんな生態学者(の卵)が「防災」という社会問題について考えます。

気候変動の影響か、色んな災害(特に洪水や土砂災害)のニュースを聞くことが多くなってきました。予測を超えるような災害に対して、どのように対応するのが良いでしょう?
最近になって、これまでのコンクリートで作られた「グレーインフラ」に対して、自然資本を生かした「グリーンインフラ」という考え方が注目され始めています。また、災害リスクを考慮した賢い土地利用の仕方も考えられるようになっています。
今回の発表では、自然と人間の両方にとってwin-winとなるような「防災」あるいは「減災」のあり方についてお話しします。
「生態学者」の本気、お見せします。

【一分間スピーチのテーマ】
「生物多様性と聞いて何が思い浮かぶか?それは大事なものか?」

【発表者プロフィール】
篠原直登
東京大学農学生命科学研究科生圏システム学専攻博士課程1年
生き物マニアではないが、生物保全と生態系のメカニズムに憧れ研究者の道へ。
リサーチ・アシスタントとして本研究のプロジェクトに参加。
—————–

★下のフォームから参加登録をお願いします★
お店に参加人数を伝えるため、前日18時までに参加登録をお願いいたします。

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!

【日時】毎週水曜日朝8:00〜9:00頃まで(開場7:45、途中退出OK)
【料金】学生500円、社会人1000円
【場所】Lab+Cafe 東京都文京区本郷4-1-3 明和本郷ビル7F (http://lab-cafe.net/page/)

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩3分)です。

————————

10/21【最近アツいバイオテクノロジーの話】

東京オリンピックでのテロも懸念されるバイオテクノロジー。
知らない方が幸せかもしれない、最前線の技術をお届けします。

以下、発表者の三澤さんからの内容紹介です。
———-
「ジュラシックパーク」や「マトリックス」など、バイオテクノロジーを題材にしたSF作品は多いけれど、バイオテクノロジーを身近に感じる瞬間は、スーパーに並ぶ遺伝子組み換え食品を見たときぐらいじゃないでしょうか。
SFに出てくる技術の多くは、今すぐの実現は厳しいものが多いでしょう。しかし、研究は日進月歩。最先端のバイオテクノロジーは、いままで不可能だったことをどんどん可能にしていっています。この調子で技術が発展すれば、SFの夢のような技術もいつかは現実になるかも…?

そこで今回は、最近「アツい」バイオテクノロジーについて、生物工学を専攻する大学院生の視点からお話したいと思います。

【一分間スピーチのテーマ】
「バイオテクノロジー」及び「生物工学」という言葉にどういう印象を持っていますか?
僕自身、専門を聞かれたときの答えに困っているので、皆さんの「バイオテクノロジー」や「生物工学」という言葉に対する印象を是非聞いてみたいと思います。

【発表者プロフィール】
三澤龍志
東京大学工学系研究科化学生命工学専攻D1
趣味はサッカーと将棋。
研究室で毎日ピペットを握り実験をしています。専門は生物工学。
同級生と一緒にサイエンスパルプンテ(http://www.science-palpunte.sakura.ne.jp)という団体で、科学について発信したり、院生同士の交流セミナーを行ったりしています。
—————–

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!

 

10/14【コンサルティング会社のスライド作成術】

PowerPointを使って発表する時に必ず直面する壁、スライド作成。
何回も気をつけながら作っているはずなのに、「あなたのスライドわかりやすいね」と言われたことは、私はまだありません…。どうしたらわかりやすくて伝わりやすいスライドって作れるのでしょう??
「わかりやすいスライドを作る仕事(≒コンサルティング)」に携わっていた方からお話を聞いてみませんか?
次回開催日は10/14(土)です!
★参加登録は下記フォーマットで!

★★★———————-
開催日時、会場および会費の変更についてお知らせ

東京大学の1限の開始時刻が午前8時30分になったこと、および社会人の方々の参加要望が増えていることに伴い、以下の日程で開催日時、会場および会費を変更いたします。
時間…毎週土曜日の午前8時から午前9時30分頃
開催場所…Lab-Cafe(ラボカフェ)
(http://lab-cafe.net/site/access.html)
会費…学生500円、社会人1,000円(朝食提供なし)
詳細はHPをご覧ください。(http://fromy.net/sanmon/)
———————-★★★

以下、発表者の宮田さんからの内容紹介です。
———-
●案内文
こんにちは、三文会OBの宮田です。
突然ですが、皆さんは仕事で「分かりにくい・見にくいスライド」を見たり作ったりしたことがあるでしょうか?
現在世の中には官公庁・大学・一般企業を問わず、様々な機関が作成したスライド資料が存在していますが、「情報が多い」「無味乾燥」「意図が読み取りにくい」といった感想を持つスライドに出会われた方も、多いのではないでしょうか。
そのような中、スライドの質に徹底的にこだわり、高いフィーを貰っているのがコンサルティング会社です。
今回の発表では、私のコンサルティング会社での勤務経験から、「スライドが分かりにくくなる理由は何か」「どうすれば分かりやすいスライドが作成できるのか」について、事例をもとに解説できればと思います。
分かりやすい、見やすいスライド作成にご興味のある方は、ぜひご参加ください。

●一分間スピーチのテーマ
「コンサルティング会社に期待する成果・成果物イメージ」

●発表者の自己紹介
宮田健太郎
鹿児島県出身
2012年東京大学文学部行動文化学科心理学専修課程卒業
新卒で独立系の人事コンサルティング会社に入社し、人事コンサルティング業務に従事。2015年に監査法人グループのコンサルティング会社に転職し、人事コンサルティング、人事のデータ分析業務に従事。現在に至る。
—————–

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!

————————

【Lab-cafeの地図】

10/7【最新刊『教えてみた「米国トップ校」』を読む】

東大の世界大学ランキングが低下したことがニュースになりましたが、低下の理由ってなんでなんでしょう?
上位の大学とは、何が違うのでしょう?今回は大学の役割について、『教えてみた「米国トップ校」』をもとに熱川さんがお話します。大学の役割とは何なのでしょう。教育?研究?産業への貢献? いっしょに考えてみませんか。
次回開催日は10/7(土)です!また、開催時間は8時頃〜9時となります
★参加登録は下記フォーマットで!

★★★———————-
開催日時、会場および会費の変更についてお知らせ

東京大学の1限の開始時刻が午前8時30分になったこと、および社会人の方々の参加要望が増えていることに伴い、以下の日程で開催日時、会場および会費を変更いたします。
時間…毎週土曜日の午前8時から午前9時30分頃(今回は9時までとなります)
開催場所…Lab-Cafe(ラボカフェ)
(http://lab-cafe.net/site/access.html)
会費…学生500円、社会人1,000円(朝食提供なし)
詳細はHPをご覧ください。(http://fromy.net/sanmon/)
———————-★★★

以下、発表者の熱川さんからの内容紹介です。
———-
途上国開発などが専門の佐藤仁教授(東京大学東洋文化研究所、米プリンストン大学客員教授)が、9月10日に『教えてみた「米国トップ校」』(KADOKAWA)を発表しました。世界大学ランキングが下落中の東京大学(例えばTimes Higher Education World University Rankings 2018で46位)と、上位に食い込むプリンストン大(同7位)との両方で教壇に立った経験から、プリンストン大の現実と東大の強みとを論じた一冊です。大学関係者の関心が高いのか、公式の発売日の前日、9月9日の時点で、東大生協本郷書籍部では品切れでした。
今回の三文会では、入試、教育制度、研究制度、グローバル化などにわたる本書の論点を紹介します。余裕があれば、2010年ころからの日本の大学の国際競争力をめぐる論争も一部参照したいと思います。
ちなみに本書の著者は、大学における卒業生の役割についても言及しています。大学卒業生の方にもご参加いただければ幸いです。

●文献
佐藤仁, 2017,『教えてみた「米国トップ校」』KADOKAWA.

●キーワード
世界大学ランキング、東京大学、プリンストン大学

【一分間スピーチのテーマ】
○○大学のよいところ(大学はどこでも構いません)
(備考)三文会では、自己紹介を兼ねて、発表者が設定したテーマについて参加者の皆さまに1分間のスピーチをお願いしています。

【発表者】
熱川豊紘(にえかわ・とよひろ)
1986年和歌山県生まれ。東京大学文学部を経て、2012年に同大学大学院学際情報学府修士課程を修了。専門は科学・技術政策論。在学中、財団法人東京大学新聞社(現、公益財団法人)に勤務。朝食勉強会、三文会事務局に出向。現在、情報通信企業でマーケティングを担当。
—————–

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!

————————

【Lab-cafeの地図】