2017年 3月 の投稿一覧

3/29 パートナーシップにおける「同意」ってなに?〜お互いを尊重する性のあり方を考える〜

恋人とどんなパートナシップを築いていますか?
多くの人は実際にコミュニケーションを取っていく中でどのように伝えるのか、どのように相手の話を聞くかをトライアンドエラーを繰り返しながら探っていると思います。なるべく互いの意見を尊重しようとはしていても、何となく遠慮したり、あとから振り返ると相手を傷つけてしまうようなコミュニケーションをとってしまったこともあるのではないでしょうか。
次回の三文会では、パートナシップや同意について学びながら、互いの意思を尊重するコミュニケーションの在り方について考えていきます。恋人に限らず、対人関係における同意の作り方の参考にもなるでしょう。

 

→参加登録はこちら!←

 

「対等なパートナーシップがいいなー」と思いつつも、何となく「相手に対して自分を抑えてる」感じがしたり。逆に「相手をこんなに傷つけていた…」ということも。

相手の意思を尊重し「同意」していく、とうことを日本ではあまり教えられて来ていないからかなと思います。特にプライベートな部分である「性」についてはとても意思を確認しにくいですよね。

でも意思を尊重されないのはすごく傷つくし、傷つけてしまいます。そこでパートナーシップや性関係における同意について一緒に学んでみませんか?

(性のトピックですが、話したくないことは話さなくて良い場です!)

1分間スピーチのテーマ:「同意と聞いて思うこと」

鎌田華乃子:
幼い頃から社会・環境問題に関心があったが、11年間の会社員生活の中で社会問題解決のためには市民社会が重要であることを痛感しハーバード大学ケネディスクールに留学。卒業後ニューヨークの地域組織にて市民参加の様々な形を現場で学んだ後、2013年9月に帰国。コミュニティ・オーガナイジング・ジャパンを2014年に立ち上げ、ワークショップやコーチングで、COの実践を広める活動を全国で行っている。

留学を機に日本の女性が妻や母親という役割に縛られ、生きづらさを抱えていることに気づき「ちゃぶ台返し女子アクション」を2015年に立ち上げる。女性が共に声を上げることで、政策を変える力にまで結びつける活動をしている。現在は明治時代から変わっていない刑法性犯罪条項を改正するキャンペーンを実施。

—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6−2−9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————
アイキャッチ著作者: stockarch / stockarch.com

3/22【医師国家試験ことはじめ】

医学部に入らなければ絶対に受けることのない医師国家試験。
一体どんな問題が出るんでしょうね。
今年受験したばかりの木下さんが、その全貌を紹介します!

→参加登録はこちら!←

以下、発表者の木下雄仁さんによる告知文です。
———-
こんにちは。
カチカチに凝り固まった頭脳、卒業旅行でデブった体。医学部6年生です!

「くみちゃん、医師国家試験の合格率って何%だと思ってるの⁉︎」

Google先生に聞く前に、予想してみてください。もちろん、35億ではございません。
さて、合格率を調べてくださった皆さん、高いと思われましたか?低いと思われましたか?
それでは、医師国家試験の合格ラインはどうでしょうか?問題数、試験方式、試験時間、受験者数は?というか、どんな問題が出るんだろう??

大丈夫です。私も6年生になるまで詳しく知りませんでした。

今回は、医師国家試験を中心に、医学部についてご紹介したいと思います。今回の三文会を通して、「医学部生の世界」が少しでも皆さんの身近に感じられ、相互理解が深まれば、発表者冥利に尽きます。

よろしくお願いいたします!

【一分間スピーチのテーマ】

医師、医学部生、医療に対して、どのようなイメージをお持ちですか?

(3つのうちどれに対してお答えしてくださっても結構です。)

(注)三文会では、自己紹介を兼ねて、発表者が設定したテーマについて参加者の皆さまに1分間のスピーチをお願いしています。

【発表者】

木下雄仁(きのした・かつひと)

1993年徳島県生まれ。2017年3月慶應義塾大学医学部を卒業予定。2017年4月より聖路加国際病院で初期研修予定。趣味は将棋とラケット競技全般。尊敬する人物は羽生善治。好きなテニス選手はラファエル・ナダル。

【キーワード】

医師国家試験(勉強法、予備校、参考書など)、医学部、医師、医療、教育

※画像出典:https://www.medicmedia.com/doctor/book/post9479.html
—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)(学生負担の軽減のために傾斜をつけています。ご了承ください。)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————

3/15【西川アサキ『魂と体、脳――計算機とドゥルーズで考える心身問題』を読む(ことはできるか)(後編)】

心身問題をシミュレーションするお話の後編です。
前編(3/1)では、非常に難解ながらも批判的に考察するコメントで盛り上がりました。
前編に来られなかった人への紹介・復習をした後、ついにシミュレーションの結果に切り込んでいきます!
 

→参加登録はこちら!←

 
以下、発表者の吉立さんによる告知文です。
———-
吉立です.今回の発表は3/1に行いましたブックレビューの続編,という形式を取りますが,できるだけ後編から聞く方にもご理解いただけるようにいたします.前編をかいつまんで説明すると,著者は主に心身問題という哲学上のトピックをドゥルーズとライプニッツから思索し,その上でシミュレーションという斬新な手法でもってその打開を試みました.後編では二部と三部を扱いますが,ここではそのシミュレーションから得られた結果を詳細に説明しています.難解な本であり,私自身の説明が拙いこともありますが,この本のエキサイティングな側面をお伝えできれば望外の喜びです。

【一分間スピーチのテーマ】
あなたが面白いな,と思った「学際研究」は何ですか

【発表者プロフィール】
吉立開途
大学院生と称する事実上のニート
—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)(学生負担の軽減のために傾斜をつけています。ご了承ください。)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————

3/8【日本の難民問題】

まだまだ日本ではテレビの中の難民問題。
難民支援団体の本望さんとのディスカッションを通じて、私たちにできることを探っていきましょう。
 

→参加登録はこちら!←

 
以下、発表者の本望さんによる告知文です。
——————-
難民と聞いて何を思い浮かべますか?最近はトランプ米大統領の入国禁止令、シリア難民を受け入れてきた欧州での移民排斥の動きなどの印象が強いでしょうか。注目されることが少ないように思いますが、実は日本にも難民といわれる人々がいますし、シリアの人々を受け入れる動きも出てきています。しかし、先日の法務省の発表によると、平成28年の難民認定は申請者約10000人中28人。先進国の中ではかなり低い数字と言えます。日本で難民として認められることは針の穴を通るようなものです。世界で113人に1人が難民化している今、日本は難民に対してどのように対応していったらよいのか、考えていきたいと思います。

【一分間スピーチのテーマ】
「難民」と聞いて連想されるキーワードは?

【発表者】
本望由香里(ほんもうゆかり)
東京大学総合文化研究科地域文化研究専攻修士1年。難民支援学生団体に所属し、日本に住む難民の方たちと関わる。
—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)(学生負担の軽減のために傾斜をつけています。ご了承ください。)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————