2017年 2月 の投稿一覧

3/1【西川アサキ『魂と体、脳――計算機とドゥルーズで考える心身問題』を読む(ことはできるか)(前編)】

次回は哲学回です。
西川アサキ『魂と体、脳――計算機とドゥルーズで考える心身問題』をとおして精神と肉体の問題について考えます。
この本においては、その思考をコンピューター上でシミュレーションしてしまったそうです。人間の精神と肉体の関係についてをシミュレーションできるでベルまで科学が進歩していたとは驚きの一言。
この驚きを分かりやすく、豊富な知見と共に解説してくれるでしょう。

 

→参加登録はこちら!←

 

——————————————————
吉立と申します.今回,三文会で発表することになったとき,ずっと気になっていた『宿題』のような本があることを思い出しました.もちろんそれは今回読解を試みる『魂と体、脳』です.この本はメインタイトルを見ると抽象的かつ一般的な言葉が並んでいて,今一つとっかかりがないのですが,サブタイトルを見ると「計算機とドゥルーズで考える心身問題」となっていて,さらに意味不明になります(笑)
内容の方も読者に要求する論理的な推論・展開能力と教養水準の高さからか,ものすごくエキサイティングなのにあまり知名度もありません.ですが,わからないなりに何故か引き込まれる,そんな謎めいた魅力を持つ本でもあります.
かいつまんで書けば,古今東西の哲学を駆使して心身問題(=精神と肉体(=脳)の関係に答えようとする哲学上のトピック)に迫ろうとするのみならず,さらにその思考をコンピュータ・シミュレーションで展開するというかなり壮大な書です.なんだか気になってきたでしょう?

発表者プロフィール:
吉立開途
大学院生と称する事実上のニート

一分間スピーチ:
あなたと『哲学』の出会いを教えてください.哲学との出会いがない方はなぜ出会わなかったのかを教えてください.

—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)(学生負担の軽減のために傾斜をつけています。ご了承ください。)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後一時間ほど参加者同士でしゃべってることが多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6−2−9のマンションの2階になります。

2/22【ブラックラボってなんだろう?研究環境はどうあるべきか】

みなさんはいじめや理不尽な扱い、ハラスメントを受けたことはありますか?
そんなとき、誰も助けてくれる人がいないととってもしんどいと思います。
今回の発表では、理系の研究室という閉じた世界でどういうことが起こっているか、調査してきた久野さんに発表してもらいます。
外から見えない環境の実態と、理想の形ってどういうものなんでしょう?
 

→参加登録はこちら!←

 
以下、発表者の久野さんによる告知文です。
———————–
 昨年、東大の卒業生であり広告大手電通の新入社員の女性が自殺した事件をきっかけに、ブラック企業に関する話題が注目を集めた。企業の労働環境の見直しを求める声が高まる一方、大学の研究環境や労働環境が議論にあがることはあまりない。
 理系の学生の間では、ハラスメントが横行する・長時間研究室にいることを強制するといった研究室は「ブラックラボ」と呼ばれる。しかし、何をもって「ブラック」とするかは一概に言えず、個人の主観を排せないため「ブラックラボ」という言葉の存在自体が学生の甘えの発露であるとも批判される。
 ブラックラボは果たして実在するのか、それとも都市伝説じみた虚構なのか、そしてそもそもブラックさとはなになのか?
 今回の三文会では、理系学生から聞いた研究室の事例を参考に、理想の研究室のありかたや研究室の課題について考えます。

【一分間スピーチのテーマ】
最近ブラックと感じた瞬間は?

【発表者】
久野 美菜子(くの みなこ)
東京大学大学院学際情報学府M1

【キーワード】
研究、理系、大学、ブラック

—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)(学生負担の軽減のために傾斜をつけています。ご了承ください。)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————

2/15【和歌山県におけるICT企業誘致の取り組みについて】

ICT企業の誘致を進める和歌山県。
企業が拠点として和歌山県を選ぶ理由とは!?
 

→参加登録はこちら!←

 
以下、発表者の村部さんによる告知文です。
————————
 和歌山県というとどのようなイメージをお持ちでしょうか? どちらかといえば、梅やみかん、かきの生産量が全国トップクラスで、自然に囲まれた世界遺産の熊野古道や高野山に多くの観光客が訪れる、という農林水産業や観光業の印象が先行するかと思います。
 実は、その和歌山県に近年、さまざまなICT企業が続々と拠点を立地しています。2015年には、顧客情報管理システムで世界最大手のセールスフォース・ドットコムが白浜町にサテライトオフィスを立地。翌2016年には、ICT企業に貸し出していた白浜町のシェアードオフィスが満室となりました。
 この流れをさらに後押しするため、和歌山県では、ICT企業を応援するさまざまな施策を行っています。
 今回の三文会では、ICT企業を歓迎する和歌山県の政策と、企業の拠点としての県の魅力を紹介します。創業・起業や行政・政策に関心のある方もぜひご参加ください。

【一分間スピーチのテーマ】
和歌山県といえば?

【発表者】
村部昭憲(むらべ・あきのり)
和歌山県東京事務所

【キーワード】
和歌山県、ICT、IT、起業、創業、行政、政策
—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)(学生負担の軽減のために傾斜をつけています。ご了承ください。)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————

2/8【ネパールに関する基礎知識】

世界で最も高い山エベレストがあるネパール。
最近ではネパールカレーやネパールティーなど、ネパールに関係するものに接する機会も多いのではないでしょうか。
次回はそんな身近になってきているネパールの基礎知識です.
ネパールはいったいどんな道を歩んできたのでしょうか。
どうして国旗がこんな特徴的な形なんでしょうかね。

 

→参加登録はこちら!←

 

以下発表者の藤代さんからの告知文です。
—————————————–

ネパールはインドの北東部に位置し、交通の要衝として古くから歴史を刻んできました。世界最高峰であるエベレストやマナスル、アンナプルナ、ダウラギリなど、ヒマラヤ山脈の諸峰を擁し、多くの登山家達を惹き付けてやみません。

国土の中央に位置するネパール盆地に花開いた文化は多くの遺跡を残し、それはユネスコの世界遺産にも選ばれています。しかし、ネパールの歴史は必ずしも平坦なものではありませんでした。

シャハ王朝によるネパール統一、清国やイギリスとの戦争、ラナ家による専制、王様クーデター、そして近年のネパール内戦。繰り返される政治的混乱は今もなお続いています。特に内戦の影響によって日本にも多くのネパール人がやってきています。

この新たな隣人達と私達はどのように接してゆけば良いのでしょうか。今回はその前提として「ネパールに関する基礎知識」と題し、その歴史や文化をご紹介したいと思います。

【一分間スピーチ】

ネパールと言われて想起するものは何ですか?

【発表者プロフィール】
藤城 徹
史文社代表
1998年 中央大学大学院修了
大学院在学中に(独)国立古文書館アジア歴史資料センターのデジタルアーカイブ作成業務に参画。
2011年「歴史代理店」史文社設立
2014年「歴史の学校」統括講師に就任

○セミナー実績
2014/09 株式会社yahoo様向け企画
2014/12 株式会社大塚商会様向け企画
2016/09 杉並区「杉の樹大学」
2017/01 外務省「ネパール青少年招聘事業」
他、地方講義多数。

○執筆実績
『企業診断』連載「江戸のベンチャー」
『同経塾』 連載「戦国時代を動かした名フォロワーたち」

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6−2−9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。