2016年 12月 の投稿一覧

12/21【 ロゴを作ろう!】

世の中の団体という団体にはロゴがあります…が、三文会にはロゴがありません笑
というわけで、今回は三文会を題材にロゴ作りのワークショップをやってみようと思います!
 

→参加登録はこちら!←

 
◆ ワークショップの流れ ◆

Intro 自己紹介を兼ねた1分間スピーチ

1.ロゴの理論
 ・色についての説明
 ・フォントについての説明
2.ロゴの実例紹介
3.ロゴの作成
 ・イメージ
 ・価値や伝えたいこと
 ・ブレインストーミング
 ・ヒアリング
4.スケッチ作成
5.作ったロゴの説明

Outro 感想

【1分間スピーチのテーマ】
好きなロゴとその理由

【発表者】
三文会運営メンバー

—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)(学生負担の軽減のために傾斜をつけています。ご了承ください。)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————

12/14【アダルトビデオの統計分析・第二弾】

次回の三文会では,前回大好評を博しました「アダルトビデオの統計分析」第二弾です!
AVというテーマですが,内容は至って真面目です(多分) 出演強要問題という社会学的観点と,データサイエンスが出会うとき,何が起きるのでしょうか?
気になる方は是非次回の三文会にご参加ください!

 

→参加登録はこちら!←

 

以下,発表者の前嶋さんからの告知文です;
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1/27の「アダルトビデオの統計分析(作品編)」の続編です.今回は「AV出演強要問題」に焦点を当てます.2016年6月頃に,「AV出演強要」が大きく問題化されました.しかし,AVへの出演を強要される女性は本当に存在するのか――その実在性をめぐる議論は,現役・元AVモデルやその他大勢の人々を巻き込みながら,ほぼ泥沼と化してしまっています.今回の発表では,このようなすれ違いが何故生じるのかを,Webスクレイピングによって取得した商品データ(約26万点)をもとに,AVモデル間の「格差」や「分断」という視点から統計学的に検討します.並行して,データドリブンなトリビアも紹介できたらと思っています.

【1分間スピーチ】
みなさんが「自動化したいもの」を教えてください.

【プロフィール】
前嶋直樹(まえじま・なおき)東京大学人文社会系研究科修士2年.ふだんは,社会学,とりわけ社会ネットワーク分析という道具立てを用いて,「社会の分断線」というものが,もしあるとすれば,どこに引かれているのか,そして,どうすれば乗り越えられるのか,ということを研究しています.

—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。
会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。
本郷6­2­9のマンションの2階になります。
会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————

12/7【AIに関して素人が考える】

今話題の人工知能。
人類は大きな発展を遂げるのか、はたまたスカイネットが世界を滅ぼすのか。
現在までの大きなトレンドを概観します。
 

→参加登録はこちら!←

 
以下、発表者の吉立さんによる告知文です。
————————————
近年,人工知能というワードが巷をにぎわせております.とくに deep learning はその一部方面における圧倒的な性能からもてはやされています.そして,Googleをはじめとする数多の多国籍企業やアメリカ・ヨーロッパ・中国・ロシアおよび日本もがAIの開発にしのぎを削る状況です.今回の発表ではAIにまつわる諸々の社会的政治的な動きを概観いたします.ただし,発表者自身はAIの専門家というわけではなく,また状況は日進月歩で更新されていますので,必ずしも正確であることを保証しません.ご留意ください.
※本来は同一発表者による素人の機械学習を予定しておりましたが,諸事情により日を改めて行いたいと思います.まことに申し訳ございません.

【目次】
1. 導入
自己紹介
何がAIか,今さらの定義
猫も杓子もAI!だけど……
Ethical, Legal and Social Issues
一介の素人がAIを考える意味

2. AI小史
AIなき時代にAIの歌を
AIの発祥――ダートマス会議
AIブームと冬
コネクショニズムと記号論理主義
エキスパートシステムとその蹉跌
嗚呼,悲運の第五世代コンピュータ
「AIは滅びぬ! 何度でも蘇るさ!」
今のAIブームも所詮はブームか?
外挿で未来の技術を予想する危うさ

3. AIと哲学/AIの哲学
AIが持つ哲学的問題
フレーム問題
一般化フレーム問題
記号接地問題
そもそも人間の知性は汎用的か?
AGIとその実現に向けた困難
チューリングテストを『りんな』はパスする

4. 近年のDLブーム
Neural Network とは
Deep Learning とは
Deep Learning とNNの復権
Deep Learning の利点と欠点
Deep Learning はフレーム問題を克服できるか?
全脳アーキテクチャでAGIは可能になるのか
生物は完璧じゃない,必要な部分だけ真似しよう

5. AIを巡る社会的政治的動向
で,singularity って何?
終末論と産業革命
Singularity は福音でも晩鐘でもない(多分)
AGI と Singularity を目指す動き
General Purpose Technology
新たなる Great Divergence
各国および諸企業の動向
Singularity は起こるのか?
より在り得そうなシナリオ
Anthropocene から “Anthropo-Machinocene” へ

6. AGIが発明された世界線で
AGI実現の困難,されど実現しなければ
アフリカでさえも少子化が始まったら?
AGIによる技術的失業の可能性
我々には失職する義務がある
「全ての労働者は飢えて死ぬ」
「帝国(主義)の逆襲」
ナショナリズムの発露としてのAI
ラッダイト運動 vs. AGI (+ 資本家)
銀の弾丸ベーシックインカム
BIはもちろん解決策だ,でも実行可能?
Open Source なAI/AGI
マルチチュードはAGIの夢を見るか
Linux distribution はマルチチュードかもしれない
コモンズとしてのAI/AGI
アラン・ケイはかく語りき

7. 結び
今,私たちは何をなすべきだろうか

参考文献

『人工知能』現代思想特集号
『人工知能になぜ哲学が必要か』
『人工知能と経済の未来』
『国家とインターネット』
『ゼロから作る Deep Learning』
『人工知能のための哲学塾』
『魂と体、脳』
『未来派左翼』上下

【一分間スピーチ】
もし人間のように振る舞える人工知能を自分が発明したなら,それで社会や世界をどう変えたいですか? 逆に変えたくないでも結構です.理由も併せてお答えください.

【発表者プロフィール】
吉立開途,東工大修士課程二年.
AIや機械学習に関してズブの素人.ミーハー精神だけは旺盛.なんか面白げなことには飛び付くが,長続きはしない.大学院に行ったわりに専門性はない.
—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)(学生負担の軽減のために傾斜をつけています。ご了承ください。)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————