2016年 8月 の投稿一覧

8/31【日本語を教えることって?ー多文化社会を目指した日本語教育とは】

みなさん外国人の方の友人はいらっしゃいますか?

私は日本語教室のボランティアをやっていったからか、留学生の友人がいます。使う言語は相手によって日本語だったり英語だったりするのですが、日本語でコミュニケーションをしていて間違った(と私が感じる)日本語を使ったときに訂正するべきなのかどうか毎回悩みます。何となくその行為は私の日本語の押し付けのように感じてしまうのです。

次回の三文会では、外国人に日本語を教えることのプロフェッショナルである東大大学院工学系研究科日本語教室の古市先生が、多文化共生を目指した日本語教育をテーマにお話してくれます。

東京オリンピックもあってか、外国人と接する機会が日に日に増えている現代では日本語を教える機会がますます増えていくでしょう。
いまここで、外国の方に日本語を教えることについて考えてみませんか?

 

→参加登録はこちら!←

 

※大まかな人数を把握するため、8/29(月)の20時までに登録をお願いします※

以下、発表者の古市先生の告知文です。
———————-
皆さんは、友人に留学生や外国人の方がいますか。
留学生や外国人に日本語を教えた経験がありますか。
母語話者のみなさんが留学生や外国人に日本語を教えることは、どんな意味・機能を持つのでしょうか。

「郷に入れば郷に従え」というように、日本語教育とは「母語話者の日本語」を規範とし、それをモデルとして教えることでしょうか。
言語の背後にある日本文化にも馴染ませて日本人の規範とされる言語行動がスムーズにとれるようになることが日本語教育の目標でしょうか。

グローバル化に伴い、異なる言語や文化背景を持つ者が共生する現代では、「同化要請として機能する日本語教育」から「共生日本語教育」へのパラダイムシフトが起きています。
「共生日本語教育」とは、参入側である非母語話者と受け入れ側である母語話者が対等に互いの言語・文化を尊重し、「共生言語」を道具として第三の文化を作り出すことを目的としています。

多文化共生社会の構築を目指した日本語教育のあり方を皆さんとディスカッションしたいと思っています。

【一分間スピーチのテーマ】
・日本語教師、日本語ボランティアの仕事・役割とは何でしょうか。
・「母語話者の日本語」を規範とし、それをモデルとして教えることは同化に繋がるでしょか。

【発表者の経歴】 
古市由美子
東京大学大学院工学系研究科日本語教室 コーディネータ
お茶の水女子大学 人間文化研究科 国際日本学専攻 博士後期課程修了
阿波で生まれ、讃岐で育ったためか、阿波踊りとおうどんがこよなく好きです。
———————-
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6−2−9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

8/24【DISNEY〜ディズニーランドの外にあるディズニーの世界〜】

次回三文会のテーマは「ディズニー」

ディズニーというとディズニーランドのイメージが強く、特別なもの・イベント感のあるものと考えがちだと思います。
しかし、ディズニー社は音楽事業やアニメーション事業などによって私たちの普段の生活にも手を伸ばし、ディズニーの世界を広げています。
次回の三文会では、ディズニー大好き森本さんが「日常生活に潜むディズニー」についてお話します。
ディズニー社はどのように私たちの日常生活に夢と魔法を与えているのか、聞いてみませんか?
 

→参加登録はこちら!←

 
※大まかな人数を把握するため、8/22(月)の20時までに登録をお願いします※

以下、発表者の森本さんの告知文です。
———————-
今回は、わたしが大好きなディズニーの世界についてお話しします。

「ディズニー」と聞いて思い浮かぶものはなんですか?
ディズニーランド、ミッキーマウス、ディズニーアニメ、夢や魔法…
ディズニーに対して「非日常の世界」であると考えるひともいるかもしれません。

でも実は、ディズニーの世界はもっと日常世界に接近しているんです。

世代を超えて愛されるディズニー音楽。
子供も大人も感動できるアニメーションや実写のディズニー映画。
ディズニーランドの外の世界にもディズニーの「魔法」は溢れています。

自分が知らないところにもディズニーが関係していて、
思いの外ディズニーが自分に接触していることにちょっとぞくっとしてしまうかもしれません。

「ディズニー社」がどんな形で私たちに「夢」を提供しているのか、
夢と魔法の国よりもっと身近な日常生活の中で探してみましょう。
ディズニーランドだけじゃないディズニーの魅力をお伝えしたいです。

【1分間スピーチのテーマ】
「ディズニーと聞いて思い浮かぶものは?」

【自己紹介】
東京大学法学部四年 森本紗代
テーマパークをはじめ、非日常を味わえる空間が好き。

—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6−2−9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————

8/17【崩し字を読もう!】

次回三文会のテーマは「崩し字」
神社や仏閣、博物館や美術館を訪れた際、崩した文字が読めずに悔しい思いをしたことがある人は少なくないと思います。
藤城さんのワークを通して、崩したひらがなを読めるようになってみませんか?

→参加登録はこちら!←

 
※参加人数の把握のため、8/15(月)の20時までに登録をお願いします※
※ワークショップがあるため、開催時間と参加費が以下に変更になります。
開催時間:7:40〜9:10
参加費:
(お弁当あり) 学生700円、社会人1300円
(お弁当なし) 学生500円、社会人900円

以下、発表者の藤城さんの告知文です。
————————

「崩し字」のひらがなを読めるようになってみませんか?
レクチャーとワークで文字通りひらがな読解のイロハからご教示致します。

看板の「きそば」や箸袋の「おてもと」など、今でもひらがなの崩し字を用いたものは結構あります。これを読めるようになると、街歩きをしながらの「ひらがなGO」のような遊びも可能です。

また、江戸期の人々も我々と同じように、ひらがなから学び、漢字を習得していきました。同様にひらがなの崩し字を学ぶ事は、総じて崩し字を読む技術を身に付ける為の入り口にもなりますし、それは当該期の歴史や文化を研究する上で不可欠な技術と言えます。

そこで今回はその江戸文化の華の一つ、浮世絵を「読んで」みたいと思います。浮世絵には絵の他に色々と書文字が加えられているものがあり、その多くはひらがなで書かれているのです。ワークの際にはその中の代表的なものを読んでみようと考えております。

【一分間スピーチ】

あなたが「読める!私にも読めるぞ!」と思った体験をお聞かせ下さい。

【発表者プロフィール】
藤城 徹
史文社代表
中央大学大学院在学中に(独)国立古文書館アジア歴史資料センターのデジタルアーカイブ作成業務に参画。2011年「歴史代理店」史文社設立。現在も各種調査や講師派遣、地方振興への提言など幅広く活動している。

—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 700円、社会人 1300円(朝食抜きの場合は、500円、900円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:10終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6−2−9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————

8/10【四畳半の小宇宙】

次回三文会のテーマは茶道。
茶道には茶筅や茶器など、道具がたくさんあるというイメージや、
礼法が難しそう、といったイメージがあるかもしれません。
その世界は奥深く、宇宙と称されることもあるそうです。
小さな空間に込められた深い宇宙を少し覗いてみませんか?

 

→参加登録はこちら!←

 
※参加登録は8月8日(月)の20時までにお願いいたします※

以下、発表者の関根さんの告知文です。
--------------------------------
三文会の皆様、お久しぶりです社会人の関根です。
皆さんはどの位、茶道について知っていますか?
Q1.茶道の流派、三千家を全て言える。
Q2.侘茶(わびちゃ:茶の湯)を開祖した人の名前を言える。 
Q3.侘茶を完成させた人の名前を言える。 

流派・・・私はそもそも裏と表しかないと思っていました。
2はなかなか出てこないかもしれません。ヒントは室町時代の茶人であり僧です。
3はすぐに名前を思い浮かべるのではないでしょうか。戦国・桃山時代の商人。茶聖とも称される茶人と言えばこの人!

正解は A1.裏千家、表千家、武者小路千家   A2.村田珠光   A3.千利休
この3つを言えた方、なかなかのお茶通でいらっしゃる。

茶の湯の作法は計算し尽くされている為、動線に無駄が無く、数学的とも言われています。一部を垣間見ると、お茶室に入る際は右足から入り、出る時は左足から出る(※裏千家の作法で表千家の場合は逆になります)という足の運びがあります。また、お茶をたてる人を「亭主」と呼び、最上位のお客様を「正客(しょうきゃく)」と呼びますが、亭主・正客・次客とポジションによってもその作法は異なります。

私の中での茶道はとても仰々しく、敷居が高いイメージでしたが、活けられている茶花(ちゃばな:自然の野山に咲く花)、掛け軸、お茶菓子や茶道具を通じて四季を大切にする日本人の心を感じ、日常からタイムスリップして別世界に居るような感覚になり、抹茶の香りや味には癒され、とても魅力的なものになりました。

今回は普段お稽古で学ぶ点前(作法)ではなく、世界に茶道を広めた岡倉天心の『茶の本』を軸として中国のお茶の伝来からの歴史、茶道のこころ(道教や禅)、茶室、茶器などについても、茶道を全く知らない人でも興味を持って頂けるよう広く紹介できればと思います。

【1分間スピーチのテーマ】
茶道の経験はありますか?
Yes : 茶道を通して感じたことを教えて下さい。
No : 茶道に対するイメージを教えて下さい。

【発表者プロフィール】
関根奈那
1981年神奈川県生まれ。
ゼネコングループの建物メンテナンス及び不動産会社に勤務。
アルベール・カミュ『ペスト』に感銘を受けフランス文学に興味を持ち、慶應義塾大学文学部第1類の通信課程に在籍し、現在勉強中

—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6−2−9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————