2016年 5月 の投稿一覧

6/1【面白きこともなき世を面白くしたいので考えてみる会】

みなさんは休日をどのように楽しんでいますか?
読書、旅行、スポーツ、映画鑑賞など、楽しみ方にはいろいろありますが、「エンターテイメント」を楽しむ方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
次回の三文会ではUmeeT編集長であり東大きってのエンターテイナーである杉山さんが自身の考える「エンターテイメント」について語ります。杉山さんと一緒により「世の中を面白くする方法」について考えてみませんか?

※UmeeTとは…東大発のオンラインメディアで、東大/東大生のおもしろさ・魅力をおもしろく・魅力的に紹介しています。2015年11月にオープンし、いまや多くの東大生が名前を知るメディアに成長しています。リンクはこちらから

 

→参加登録はこちら!←

 

以下、発表者の杉山さんによる告知文です。
―――――――――――――――――――――
はじめまして、東大5年目の杉山大樹といいます。
東大メディアUmeeT編集長、高校で進路のワークショップ授業をする一般社団法人Fora理事をして生計を立てています。
東大ではお笑いサークル笑論法を立ち上げて漫才をしてきました。
「記事編集」「ワークショップ」「お笑い」「演劇」「祭り」「路上パフォーマンス」など、僕がお話しできることを通して、世の中もっと面白くならないかなあ? と一緒に考えたいです。
僕が教えるというより、一緒に作りましょう。以下の質問もさせてもらう予定です。
○UmeeTであなたが記事を書くとしたら何を書きますか? 企画をたてるとしたら?

【1分間スピーチ】
あなたにとって 『エンターテイメント』とは何でしょうか?あなたなりの定義を教えてください。

【発表者プロフィール】
杉山大樹
就職活動の闇に呑まれたおかげで、自分のやりたいことがはっきりしたので、「エンターテイナー的である」というルールを握りながら生計を立てる挑戦をしています。高校では演劇、大学では「笑論法」を創設して漫才をしてきました。お祭りが大好き、目立ちたがり屋、楽しく生きていきたい人です。
—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6−2−9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————

5/28【トイレから持続可能な社会について考える】

次回のキーワードは「水」「持続可能」「トイレ」です。
水の豊かな日本であってもときどき渇水する地域があるくらいで、当然世界では水問題は深刻です。
水不足の地域で水を与えて育てた作物を輸入していると考えると、決して他人事ではありません。
山岡君は卒業研究で「持続可能な下水道」というマニアックな研究をしたようです。
1日に何度か使うトイレから、世のため人のためにできることを考えてみましょう。
 

→参加登録はこちら!←

 
以下、発表者の山岡くんによる告知文です。
———————————
こんにちは山岡です。
 みなさん自分たちが何気なく使っている水がどこからきてどこに行ってるのか、その水の使い方ってこれからも可能なのか(持続可能なのか)考えたことはありますか?
 21世紀は水の取り合いで戦争をすると言われており、安定した水資源の重要性は日に日に増しています。衛生的な水の確保はもちろんのことですが、乳幼児の死亡率を下げるためには飲み水だけでなく、汚染された水(つもりは下水ですが)を衛生的に処理する必要性があります。今までは衛生的な理由から注目されていた下水ですが、実はアフリカのある地域では農民の現金収入を生み出すソーシャルビジネスの手段として、東京のような人口過密地域ではヒートアイランドの緩和の手段や新たなエネルギー源として注目されています。 
 私は卒業研究で新しい持続可能な下水道に関する研究を行いました。これはトイレを通して持続可能な社会について考えるいい機会になりました。今回の発表では私たちが使用した水の行き先の象徴であるトイレを通して持続可能な社会のために必要なナニカについて一緒に考えていきたいと思います。

【一分間スピーチのテーマ】
あなたの思う持続可能な生活に必要なものってなんですか?

【発表者プロフィール】
山岡 賢仁
北の大地でじっくりコトコト試された結果東京での生活に満足できない体になってしまいました。
—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————

5/18【ムラ社会2.0: Internet of HOUSES】

ムラ社会,というとネガティブなイメージがつきまといますが,しかしそこを逆手にとって,「ムラ社会2.0」を創る!
という嶂南(やまなみ)さんからの三文会発表です。
「家」という構築物は個々の人間にとって生活の中心にあるもの。
ここを起点とし,日本を世界をひっくり返す,そんな意気込みさえ感じさせる企画です。
一軒のシェアハウスを通じて,「未来の生活」を覗いてみませんか?
 

→参加登録はこちら!←

 

以下、発表者の嶂南さんによる告知文です。
———————

はじめまして、「ハウス」の嶂南達貴です。
吉立さんお声がけありがとうございます。
今回は私が「ムラ社会2.0: Internet of HOUSES」というコンセプトでやっている根津付近のシェアハウス(通称「ハウス」)と、ハウスの取り組みを通じて見えてきた暮らしの質を向上するアイデアに関してお話しします。
この取り組み、学部のころ製図室や研究室などにこもっては友人と様々ないたずらを企てていたことから、大学付近での滞在可能時間が学生生活に大きく影響するという気づきから始めたものなのですが、今まで戸建の実家に暮らしてきた自分の生活におこる変化は大きく、自分自身の家や家族のあり方に関する認識や価値観も変わり始めていると感じます。
もっと面白く豊かな生活を送るために必要なものとは何なのか…?
シェアハウスで試行錯誤しながら考えてきたことをお話しします。
【一分間スピーチのテーマ】
皆さんの理想のライフスタイルはどのようなものですか?
また、それは今とどのように異なっていますか?
【発表者プロフィール】
嶂南達貴
住宅・都市解析研究室(都市工→新領域)
i.school/UmeeT/180DegreesConsulting
「一般の人々の創造性を引き上げ、暮らしているだけでイノベーションが起こる都市」をつくりたいと思っています。

—————-
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6−2−9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

5/11【グローバルスタンダード化する「アキバカルチャー」】

今や世界にその名を轟かす日本の”OTAKU”文化。
高精度フィギュアへの追求が昨今の3Dプリンターのイノベーションの原動力になっているなど最先端技術への貢献も大きい文化です。
実はあなたの未来もOTAKUたちが作っているかも!?
そんな”OTAKU”文化をオックスフォード大学で広めてきた羽生さんが、グローバルな”OTAKU”文化の隅々まで語ってくださいます!
 

→参加登録はこちら!←

 
以下、発表者の羽生さんによる告知文です。
———————-
「クールジャパン」ともてはやされたり、でも公の場で話すのはタブーだったり、結局「オタク」は自慢できる文化なの?議論が絶えない中、世界中で高学歴”OTAKU”達が新たな知日派エリートとして台頭しています。
でも日本は彼らをどこまで理解しているのでしょうか。「初音ミク」「アノニマス」「二次元表現規制」・・・外国人に聞かれたら何て答えればよいでしょうか?
“OTAKU”を一つの文化論として、グローバル視点で見つめ直して討論できればと思います。

【1分間スピーチ】
初インターネットの思い出と、「ネット文化」に初めて触れたときの印象

【発表者プロフィール】
羽生雄毅 
http://animescience.net
オックスフォード大学で7年半を過ごした、人工培養肉を作ろうとしている「ニコ厨」です。
—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————