2015年 6月 の投稿一覧

7/1【東洋論理テトラレンマとは何か?】

AはAである。Aは非Aである。AはAであり、且つ、非Aでもある。AはAでもなく、非Aでもない
…これだけではなんのことだかさっぱり分からない、ナーガールジュナの四段論法。
しかし、理解ができればこの論理を日常に取り入れることができるかもしれません。
発表者の八木橋さんに四段論法の解説を伺い、日々の生活にどう活かすか一緒に考えてみませんか。

 

→参加登録はこちら!←

 
以下、発表者の八木橋さんによる告知文です。
————————————————

テトラレンマ論理とは、ナーガールジュナ(竜樹)が『中論』で説いた四段論法です。

哲学者で、京都大学名誉教授の山内得立(やまうち とくりゅう)先生が、「隋眠(ずいめん)の哲学」でロゴス論理との違いを説いておられます。

現在、日本は社会基盤が整備され成熟社会を享受しておりますが、それが故にロゴス論理からテトラレンマ論理へのシフトが必要となってきております。

当日は、テトラレンマ論理の読み解きを行い、その意味するところを明らかにして、今後の日本における活用の仕方についてご提案申し上げます。

【1分間スピーチのテーマ】

今朝のあなたの気持ちを色に例えると何色ですか?

【発表者プロフィール】

1975年 東京大学理学部物理学科卒業

1975年 興銀システム開発(現・みずほ情報総研)入社。経営情報システム(開発担当)、
海外総合オンラインシステム(開発リーダー)、外為オンラインシステム(プロジェクトマネージャー)等の開発を経験。その後、技術部長を担当し、社内研修企画推進、並びにシステム生産性向上の研究に着手。

2006年 日本証券テクノロジーに転職し、PMO部長、人事担当部長を歴任。FP見積法の
導入、人材育成評価ツール「ノウハウマップ」の導入、事業強化拡大研修の開発と実施、その他社内研修企画推進を担当。

2012年 株式会社Mを設立。代表取締役に就任し、現在に至る。

2013年 産業カウンセラー、キャリアコンサルタント登録

〔講師実績〕

2009年 情報サービス産業協会(JISA) 要求工学シンポジウム2009(RE2009)

     APSEC2009(国際学会プレゼン)

2010年 情報処理学会・第170回ソフトウェア工学研究発表会2010

APSEC2010(国際学会採択論文発表)

2012年 日本証券テクロノジーの内定者セミナー、新人特別研修(~2014年)

2013年 日刊工業主催 メトロガイドセミナー

某工科大学就活セミナー(継続中)

2014年 コラボIT推進協議会セミナー

今岡塾(ドラッカー塾)セミナー

2015年 某工業大学就活セミナー

—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————

6/24【複雑な情報をわかりやすく伝える技術】

伝えるのって難しい。
日常会話ですら誤解がいさかいの種になるのに、専門的な話だとなおさらですよね。

今回はドキュメント制作の指導をされている開米(かいまい)さんに「伝える技術」についてレクチャーしていただきます。
「複雑な情報」を伝える機会がある方、必見です。
 

→参加登録はこちら!←

 
以下、発表者の開米さんによる告知文です。
————————————————
たとえば、難解な専門書を読んでいて「もっとわかりやすく書いてくれないかな」と思ったことや、眠くなりそうな先生の話を聞いていて「もっとわかりやすく話してくれないかな」と思ったことはありませんか?

仕事の指示がわかりにくくて誤解が起きてしまい、失敗に繋がった経験はありませんか?

あるいは、研究成果のプレゼンテーションをするために四苦八苦してはいませんか?

「複雑な情報をわかりやすく伝える技術」を身につけておくと、これらの問題を解消できます。 当日は、大まかに以下の3項目についてお話しします。
a) 複雑な情報を構造化するポイント  
b) プレゼンテーションの基本技術  
c) 1日3分でできる「伝える技術」トレーニング法

自分のプレゼン用資料の書き方について助言を希望される方は、当日ご持参の上、開始前に講師にお渡しください。

【1分間スピーチ】
複雑な説明をしようとしてうまく通じずに困った経験について。

【発表者プロフィール】
1967年生まれ、1986年東京大学理科一類入学、89年中退。以後、IT技術者としてコンピュータ/情報通信に関わる仕事をしつつ、「複雑な情報をわかりやすく図解する技術」を独自に研究。IT専門誌への連載をきっかけに2003年、「図解」を中心とする「書く技術」についての執筆・教育事業を開始。著書に「エンジニアのための図解思考 再入門講座」「エンジニアのための伝わる書き方」等、通算11冊。
—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————

6/17【これからのアジアの地方のあり方を考えるーアジアの地方発ブランドが生む社会へのインパクトとは何か。ー】

EDAYAの山下さんが再び事業報告です。
今年で最初の「2回目の発表」
この半年間で何があったのか、短期的にウォッチしてみましょう。
起業家の方にとっても楽しいケーススタディーになるかもしれません。

 

→参加登録はこちら!←

 

以下、山下さんによる告知文です。
——————————————-
みなさま、こんにちは。EDAYAの山下彩香です。

私はEDAYAという活動のディレクターをしています。EDAYAでは、“マイノリティーのエンパワーメント”をテーマにアジアの地方で地域資源を生かしたブランド構築のロールモデルとなることを目指しているのですが、そのファーストステップとしてジュエリーブランドEDAYAを展開しています。具体的には、失われつつある北ルソン・山岳先住民族に生き方にインスピレーションを受けたデザインと、その土地に受け継がれてきた精巧な職人技のコラボレーションによるステートメント・ジュエリーのブランドで、身に着ける全ての人に未来を切り開くイノベーターとしてのチカラを与えることを願って制作しています。
http://edaya-arts.com

そんな私たちですが、「工芸」「地域資源を生かす」「伝統」「途上国」「ローカル」といったことがブランドの原点となっていることもあり、量産が難しく(とはいえ量産するとその価値が下がるため量産すべきでないともいえる)、いちブランドだけで、既存の途上国開発では重視されることの多い規模のインパクトを生むには限界があるのではということも感じています。とはいえ、単に雇用を増やし現金収入の増加を目指した先に”豊かな社会”があるわけではないということは、震災後の日本は気づいたはずです。だからこそ、私たちのような小さなブランドだからこそ出せる、違った方向性でのインパクトがあると信じているのですが、「アジア」「地方」「地域活性」「グローカル」「社会起業」「伝統産業」「インパクト」などのキ―ワードがになる方、ぜひいらして下さい。

【一分間スピーチのテーマ】
日本では特に震災後、地方の地域活性化の動きが進みました。あなたが気になっているプロジェクトとその理由をお教え下さい。

【発表者プロフィール】
山下彩香
1985年生まれ。東京大学農学部、同大学院医学系研究科卒。2012年にフィリピンで起業。失われつつある北ルソン・山岳先住民族の生き方にインスピレーションを受けたデザインと、その土地に受け継がれてきた精緻な職人技のコラボレーションによるステートメント・ジュエリーブランドEDAYAディレクター。自身も左耳が生まれつき聞こえないというハンディを抱え、マイノリティーが持つ可能性を引き出すことや、人の心に響くモノ/ コトを生み出すことに関心を持つ。

—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————

6/10 【音痴CLUBと申します♪】

不定期に、都内のどこかでポツンと現れるイベント「音痴CLUB」さん。
そこには、音楽、漫才、洋服屋、フットマッサージなどがあります。

なぜ、いろいろな人たちが集い、ひとつのイベントを開催させているのか、

鍼灸マッサージの専門学校に通う彼女がなぜ、このイベントを??

主催の平田さんから、その裏にある彼女の哲学を聞いてみませんか?

 

→参加登録はこちら!←

 

以下、発表者の平田さんからの告知文です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みんなから歌がうまいと言われるヤツだって、自分はうまいけど、やはりあの人には劣っていると思っているものだ。

そういう人の前で、平気で下手に、明るく歌を歌ってやればきっとうらやましがられる。

ひとつ、いい提案をしようか。

音痴同士の会を作って、そこで、ふんぞりかえって歌うんだよ。

それも、音痴同士がいたわりあって集うんじゃだめ。

得意になってさ。

しまいには音痴でないものが、頭をさげて音痴同好会に入れてくれといってくるくらい堂々と歌いあげるんだ。

(岡本太郎「強く生きる言葉」)

……

音痴CLUB部長のヒラタナオ。と申します。
音痴CLUBとは…
ひとことで言うと「愛」です。
ふたことで言うと「主人公たちの帰る場所」です。
さんことで言うと「わたしとあなたのパワースポット」かな。

お歌の下手な人の集う会ではないんです。笑

本気で、遊ぼう。

……

音痴CLUB不定例会vol.2
「ひるねとアミーゴ!」

……

「目的」も「趣旨」も、とくにありません。

ただ楽しいことが目的で、おもしろいことが大切で、うそをつかなくていいことが嬉しくて、そういう場をつくること、そういう場でありつづけることを、わたしはひとつの「スタンス」にしています。

本気で遊んで、本気で生きて、この世にあるあらゆるハッピーを命がけで味わい尽くすこと。

帰る場所に迷っている人にも迷っていない人にも「おかえり」と言える場所であること。

下手くそでいい。でたらめでいい。
あなたの歌をあなたの声で、歌ってほしい。
そんな気持ちで、ただ、遊んでいます。

……

若者と大人が、アングラとサブカルが、リラクゼーションとおしゃれが、日常とエンターテイメントが、裸で出逢える空間に、もしよろしければ遊びに来てくださいね
ヾ(*´▽`*)ノ◎

本気で、遊ぼう。

一緒に遊べる日を楽しみにしております。

音痴CLUB部長 ヒラタナオ。

……

【1分間スピーチのテーマ】
当日の朝の気分。

……

【発表者プロフィール】
ヒラタナオ。20歳。
音痴CLUB部長。
ライター。
日本鍼灸理療専門学校3年。
世界でいちばんいい女。

—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6−2−9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————