2015年 1月 の投稿一覧

2/4【双極Ⅱ型障害〜現代日本のうつ病〜】

もし友達がうつ病になったら、あなたは理解を示すことができますか?
心の沈む友達に追い打ちをかけないために、あなたにできることは何でしょう?

 

→参加登録はこちら!←

 

以下、発表者の岸野さんによる告知文です。
————————————————–
このたび三文会で発表の機会をいただけるということで、個人的に興味を持っている「双極Ⅱ型障害」という病気についてお話をさせていただこうと思います。

「うつ病」を知らない人はいないと思いますが、「双極性障害(躁うつ病)」とはどんな病気かイメージできますか?さらに「双極性障害はⅠ型とⅡ型に分類される」ということまでご存じの方は。なかなかいないと思います。
(かくいう僕もこの本に出会うまでは名前くらいしか知りませんでした)

しかし、現在の日本において「うつ」と一括りにされている患者さんの中には、この「双極Ⅱ型障害」にあたる方が多くいらっしゃるようです。そして、ただ単に抗うつ薬を投与されてなかなか改善しなかったり、さらには「新型うつ病」だとか「ただの甘え、サボり」と言われて周囲の理解を得られなかったり、と病気のせいだけではない「生きづらさ」を抱えていることも多いのが現実です。

今回は『双極Ⅱ型障害という病 改訂版うつ病新時代』(著者:内海健)をベースに、双極Ⅱ型障害とはどんな病気なのか、本人はどのように世界と向き合っているのか、周囲の人はどう接したらよいのかなど、この非常に身近な病気について少しでも知っていただければと思っています。

【1分間スピーチのテーマ】
心の健康を保つために意識していることはありますか?

【発表者プロフィール】
2008年に医学部を卒業し医師免許取得。
医学系出版社メディックメディア勤務。
担当は、コメディカル学生向けの解剖生理学参考書『イメカラ』の執筆・編集。

—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————

1/28【アメリカ+留学=英語ペラペラアメリカン?】

ワシントン大卒の天沢さんにアメリカ留学のお話をしていただきます。
これから留学を考えている方はもちろん、我が子を留学させたいという方、アメリカの学習環境に興味がある方はぜひお越しください!

 

→参加登録はこちら!←

 

以下、発表者の天沢さんによる告知文です。
———————————————–
14歳でアメリカへ単身留学し、11年経って戻った日本で一番よく聞かれる質問が2つあります。

「日本とアメリカ、どっちがいい?」
「どのぐらいアメリカにいれば、英語がペラペラになる?」

質問への答えは発表時のお楽しみに回すとして、実際、留学先としてのアメリカはどういう環境なのでしょうか?

アメリカのどの地域に滞在するかによって確かに環境は違いますが、いつ(i.e. 何歳のとき)、どのぐらいの期間、何を目的に留学するかによって得られる経験やスキルはとてもさまざまです。

例えば、交換留学生としての留学と正規の学生としての留学には、得られる経験にどのような違いがあるのでしょうか?そして語学力は若いほど身に付きますが、留学の機会はどこにあるのでしょうか?

さらに、留学にはいろいろな方法があるとしても、経済面も考えないといけませんよね。いったい学費はいくらなのでしょうか?アメリカの奨学金事情は?

これらアメリカ留学にまつわる事実から諸説までを、私の長い留学経験や主観を交えながら皆さんとお話ししたいと思います。

【1分間スピーチのテーマ】
アメリカへ留学したい(またはしたかった)と思いますか?それはなぜですか?「したい」と答えた場合、留学中何をしたいですか?

【発表者プロフィール】
茨城県つくば市出身、現在在住。
テキサス州の女子校を卒業後、ワシントン州シアトルにあるワシントン大学へ入学。専攻は材料工学と機械工学。
現在は東京大学柏キャンパスで、「グリーンテクノロジーは本当にグリーンなのか?」という問いを中心に研究をしている、博士1年生。
—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————

1/21【これからのアジアの地方のあり方を考えるーアジアの地方発ブランドが生む社会へのインパクトとは何か。ー】

武蔵野からはるか3000kmー
舞台はフィリピンへと移ります。

発表者の山下さんは、フィリピンの少数部族の伝統楽器をジュエリーにしていらっしゃる方です。
もちろん楽器も演奏できます。
竹でできた独特の楽器の音色で朝のひと時を満喫しましょうか!

 

→参加登録はこちら!←

 

以下、山下さんによる告知文です。
——————————————-
みなさま、こんにちは。EDAYAの山下彩香です。2年半ほど前に一度お話させていただき、それ以来になります。久しぶりの参加、楽しみにしています。

さて、私はEDAYAという活動のディレクターをしています。EDAYAでは、“マイノリティーのエンパワーメント”をテーマにアジアの地方で地域資源を生かしたブランド構築のロールモデルとなることを目指しているのですが、そのファーストステップとしてジュエリーブランドEDAYAを展開しています。具体的には、失われつつある北ルソン・山岳先住民族に生き方にインスピレーションを受けたデザインと、その土地に受け継がれてきた精巧な職人技のコラボレーションによるステートメント・ジュエリーのブランドで、身に着ける全ての人に未来を切り開くイノベーターとしてのチカラを与えることを願って制作しています。

そんな私たちですが、「工芸」「地域資源を生かす」「伝統」「途上国」「ローカル」といったことがブランドの原点となっていることもあり、量産が難しく(とはいえ量産するとその価値が下がるため量産すべきでないともいえる)、いちブランドだけで、既存の途上国開発では重視されることの多い規模のインパクトを生むには限界があるのではということも感じています。とはいえ、単に雇用を増やし現金収入の増加を目指した先に”豊かな社会”があるわけではないということは、震災後の日本は気づいたはずです。だからこそ、私たちのような小さなブランドだからこそ出せる、違った方向性でのインパクトがあると信じているのですが、「アジア」「地方」「地域活性」「グローカル」「社会起業」「伝統産業」「インパクト」などのキ―ワードがになる方、ぜひいらして下さい。

【一分間スピーチのテーマ】
日本では特に震災後、地方の地域活性化の動きが進みました。あなたが気になっているプロジェクトとその理由をお教え下さい。

【発表者プロフィール】
山下彩香
1985年生まれ。東京大学農学部、同大学院医学系研究科卒。2012年にフィリピンで起業。失われつつある北ルソン・山岳先住民族の生き方にインスピレーションを受けたデザインと、その土地に受け継がれてきた精緻な職人技のコラボレーションによるステートメント・ジュエリーブランドEDAYAディレクター。自身も左耳が生まれつき聞こえないというハンディを抱え、マイノリティーが持つ可能性を引き出すことや、人の心に響くモノ/ コトを生み出すことに関心を持つ。

—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————

1/14【武蔵野探勝に出掛けよう 〜文学・歴史・風土から味わいみつめる今昔〜】

今回は身近な東京の地域に目を向けてみましょう。
舞台は武蔵野。といっても、現在の武蔵野市より広い範囲を対象としているようです。

高校までの古文の授業でその名を聞いた覚えのある方も多いかと思いますが、武蔵野は古くからたくさんの文学で取り上げられてきました。
そんな武蔵野の魅力を武蔵野大学の新井さんが発表してくれます。
 

→参加登録はこちら!←

 
以下、発表者の新井さんによる告知文です。
———————————————–
こんにちは!
東京の西東京市にある武蔵野大学で、主に近・現代期の日本文学を習っております、新井結賀です。
今回は、私の通っている大学の佇む地、”武蔵野”についてのお話をさせて頂きます。

武蔵野というと、皆さんはどんなご想像をされますか?
この武蔵野という言葉には、もしかするとあまり馴染みのない方もいらっしゃるかもしれません。

上代・中古期の、かの万葉集をはじめ日本霊異記、伊勢物語、更級日記等のなかには、武蔵野という地の記憶が今日までも残ります。
武蔵野が諸文人によって探勝せられ、そうして文のなかに綴られる体験とその思想によって、広い武蔵野の風物と、武蔵野人の自然の姿はそのままに、詩情豊かにして、現代人の心をもうちます。

中世にも、この地独自の野武士たちがこの武蔵野の山野を駆け、ここに興亡した武門の勇将はまるで数しれません。
江戸期には名だたる数々の俳人が探勝の跡を残し、近代に入ると国木田独歩の『武蔵野』や徳富蘆花の『みみずのたはこと』など、多くの小説の中に武蔵野が描かれています。

多くの文人やかつての武士武将をはじめ、あまたの人々を虜にする”武蔵野”
果たしてその原泉とは何か。私と一緒に、尋ねてみませんか?

【1分間スピーチのテーマ】
みなさんの連想する”武蔵野”について教えて下さい。「武蔵野」と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————

1/7【持続可能な社会づくりと教育】

新年明けましておめでとうございます!
2015年がみなさんにとって良い年になりますようお祈り申し上げます。

さて、新年最初の三文会は「持続可能社会」と「教育」がテーマです。
教育は人格形成に大きな影響を与えます。
よりよい社会を教育から。
教育を専門とする鋤柄さんに発表していただきます。

 

→参加登録はこちら!←

 

以下、鋤柄さんによる告知文です。

————————————————–
明けましておめでとうございます。
保育学専攻の学科で、保育学と、その隣接領域の研究を中心にやっています、鋤柄美沙です。年始1発目に、教育学のお話をさせて頂きます。

持続可能な社会づくりを築いていくことが、21世紀、日本のみならず世界全体における課題となっています。
これは、環境を顧みない経済発展の反省として発展した「持続可能な発展(Sustainable Development)」という概念であります。
この具体的な例としては、天然ガスを使った自動車の開発や、太陽光発電パネルの設置などといった、環境に配慮した経済活動が身近で分かりやすいでしょう。

さて、今回お話をさせて頂くテーマは「持続可能は開発のための教育(ESD)」についてです。
ESDとは、端的に言いますと、持続可能な社会づくりを教育でもやっていこう!という活動です。

持続可能な社会づくりのために教育が出来ることってなに??
ましてや、保育で出来ることって??
あえて疑問を残して当日お会いしましょう。

1990年代から発達して日本では「持続可能な開発のための教育の10年」と称し、2005年から2014年まで計画を立てて実践と研究がされました。
ただ、一般人のESDの認知度は10%を切っているのが現状です。人知れず過ぎ去った「記念すべき年」になってしまわないように・・・

今回は、ESDとは何か??ということを、できるだけ端的にお話していければと思います。

【1分間スピーチのテーマ】
あなたのイメージでお答えください。「教育」と聞いて思い浮かべるもの、こと、場面。
—————–
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

————————