2013年 4月 の投稿一覧

次回5月1日【コンピュータはヒトを超えたのか?~電王戦が与えた衝撃~】

三文会の皆さま、黄金週間はいかがお過ごしですか?
皆さん、休みモードかもしれませんが、三文会に休みはありません。

1日の三文会では【コンピュータはヒトを超えたのか?~電王戦が与えた衝撃~】というテーマの発表です。以前(2011/07/28)、「将棋について」(女流アマチュア王者がやってくる!)というテーマの発表がありましたが、女流の次は電脳の世界です。

コンピュータでできることはどんどん広がっているみたいですね。
でもその裏では一生懸命開発している人がいるのだと思います。
今回の発表ではそんなコンピュータの世界についてお話しいただけそうです。
楽しみです。

お申込みはhttp://fromy.net/sanmon/ からお願いします。
(食事の用意の都合もありますので、参加表明お願いします)

※三文会では発表者を募集中です。興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!

以下、紹介文になります。
—-
「コンピュータが将棋で現役のプロ棋士に勝利」というニュース、記憶に新しい方も多いのではないでしょうか?
5週間にわたって行われた、コンピュータ将棋ソフトとプロ棋士による団体戦―電王戦―は、プロ側の1勝3敗1引き分けという衝撃の結末で幕を下ろしました。

チェスの世界チャンピオンがコンピュータに敗れた1997年当時、コンピュータ将棋はプロとは比べ物にならないほど弱いものでした。あれから16年、いまや非公開の対局では多くのプロ棋士がコンピュータに負けています。

どうしてコンピュータはここまで強くなったのか?そもそもコンピュータはどうやって将棋を指しているのか?今後、コンピュータと棋士の関係はどのように変わっていくのか?

今回の三文会では、一将棋ファンとしてこれらの疑問について、電王戦全五局を振り返りながらお話したいと思います。冒頭で将棋についての簡単な解説も行いますので、将棋にあまり詳しくない方も気軽にお越しください!

【1分間スピーチのテーマ】
もし人間がコンピュータに勝てなくなったとき、あなたはプロ棋士同士の対局を見なくなると思いますか?

【発表者】
木下雄仁(慶應義塾大学医学部3年)

次回4月24日【高学歴女子の恋愛市場価値】

三文会の皆さまこんにちは!

土曜日曜と冷え込んで冬に戻ったような有様でしたが、今週は春っぽい話題をお届けします。桜の花びらに心くすぐられるかのような心持をご堪能ください。

24日の三文会では【高学歴女子の恋愛市場価値】というテーマでお話してもらいます。
(発表内容の都合上、ust配信・twitterでの実況は致しません)

恋愛は古今東西ほぼすべての人類が悩んだであろう普遍的テーマですが、議論百出の話題にどう切り込むか見ものですね。

なお、発表者御本人の希望により氏名は伏せさせていただきます。
ぜひ会場へ足をお運びください。

お申込みはhttp://fromy.net/sanmon/ からお願いします。
(食事の用意の都合もありますので、参加表明お願いします)

※三文会では発表者を募集中です。興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!

以下、紹介文になります。
—-

「東大女子は他大男子にもてない」みたいなことはよく言われています。
かしこいこと、そして学歴があることが恋愛市場においてどう受け止められるんだろう。
恋愛市場のどこ(どのような男性)に需要があるんだろう。まじめに考えてみました。

そして結局、女性が高学歴なことは恋愛において不利なのでしょうか……?
逆に高学歴(≒かしこいこと)が恋愛において価値となる時もあるかもしれません。
または不利(モテない)かどうかということ以前に
高学歴女子が自分で選択肢を狭くしているということもあるかもしれません。

なかなか本音を言いづらい話題でもありますが
ずっと、個人的に気になるテーマであり、今回改めて真剣に考えてみました。

発表では、一般的に様々に言われている言説の紹介と
私が今まで真剣に考えたことをお話し、
またみなさんのご意見もお伺いしたいと思っています!

※発表内容の都合上、ust配信・twitterでの実況は致しません。
気になる方はぜひお越しください!

【1分間スピーチのテーマ】
異性と付き合うときに学歴を気にしますか? その是非と理由を併せて教えて下さい。

【発表者】
とある東大女子さん

次回4月17日【オマーン滞在記】

三文会の皆様こんにちは。

先週の三文会では「大学のあり方」「メディア」というものについて議論が盛り上がりました。
今週の三文会では、大学時代にさまざまなことに取り組み、着物を普段着として着こなす藤原さんから【オマーン滞在記】というテーマでお話を伺います。

オマーン滞在も、ただの旅行ではなく、オマーンと日本の大学生の交流企画の一環での訪問のようですので、一味違う話も出てくるのではないかと期待できます。

藤原さんは着物の他にも名刺など、色んなところに創意工夫を凝らしていらっしゃいます。
かわいい手作りの名刺が欲しい方はぜひどうぞ!

参加を希望される方は、参加申込をお願いいたします。
(食事の用意の都合もありますので、参加表明お願いします)

以下、藤原さんからの紹介文です。
———————————-
三文会の皆さんこんにちは
私、ほぼほぼ毎日着物を着ています
藤原育菜と申します。
そんな生活をしていて
なぜか先月、オマーンにて着物に関するプレゼンを行ってきました。
皆さん、オマーンはご存知でしょうか?
実際に行ってみると、外交面でも日本にとって重要な国だろうなと感じました。
今回は、私が見に聞きしたことをシェアして、
皆さんの活動に活かして頂ければと思います。
また、オマーンとの外交について考えて頂ければと思います。

【1分間スピーチのテーマ】
あなたがオマーンと何でも取引ができるとした場合
①何を差し出しますか?
②何を受けとりたいですか?
モノだけでなく世界観、文化、人でもかまいません。

【発表者】
藤原育菜
東京農業大学卒業


※三文会では発表者を募集中です。

興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

次回4月10日【大学とは何か?~NHK出演で見えてきたもの~】

三文会の皆さまこんにちは。

先月NHKの「あしたあさって近未来~世界の若者とリンクせよ~」という番組で三文会もちょこっと出たのですが、この番組で他国のエリート大学生との対談に参加された広川さんより発表していただきます。

本番組では、
・勉強をしない東大生
・激しい競争のために勉強している韓国の大学生
・起業などのゴールのため技術を学ぶインドの大学生
といった姿が切り取られてましたが、対談時には他国の大学生のいろいろな面も見られたようです。

テレビの裏話という訳ではないですが、今回の番組を通じて見えてきたことは何なのか是非話を聞いてみたいです。

参加を希望される方は、参加申込をお願いいたします。

以下、広川さんの方からの紹介です。
———————————-
三文会の皆様こんにちは。
今回発表させて頂きます、東京大学工学部4年の広川です。

この度、「大学とは何か」という問いについて異国の学生と考えるという機会に恵まれました
(三文会も映った番組の一角でしたのでご覧になった方もいらっしゃるかと思います)。

当初は一体何を話せばいいのか見当もつきませんでしたが、話してみると大学生の考え方、常識の違いがこんなにも大きいものかと驚かされ、とても良い経験となりました。

今回はそういった経験のフィードバックとともに、「大学の多様なあり方」について、いくつかの視点から皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

【1分間スピーチのテーマ】
以下から自由に取捨選択して1分間程度スピーチしてください。
社会人の方は大学生の時を思い出して答えて頂ければと思います。

①なぜ大学(高校)に入ったの?
②大学は何をするところ?
③将来の目標は?
④大学って何?
⑤日本の大学は変わったほうがいい?

【発表者】
広川英司
東京大学工学部4年


※三文会では発表者を募集中です。

興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

次回 4月3日【星々を、我が手に。】 これからの発明を探る

三文会の皆さまこんにちは。

新年度が始まりましたね。三文会参加者の中でも卒業し、次のステップに進み始めた人も多いようです。皆さんの今後が楽しみです。

先週の三文会【この惑星の現代を作ったイノベーション10選】の後、話が大いに盛り上がり、過去10000年の次は、これからどうなっていくのか?みんなで考えてみようという話になりました。

ということで、今週の三文会もまた文学部で考古学を学ぶ吉立(よしたて)さんを道先案内人として、人類の発展について議論する場を設けさせていただきます。

きっと面白いですよ!

参加を希望される方は、参加申込をお願いいたします。

以下、吉立さんの方からの紹介です。
———————————-
先週に続いてまさかの二連で発表いたします、吉立です。
前回の発表で「人類のこれまでを切り拓いたイノベーション」をお話させていただきました。

今回は、「人類の未来を切り拓くかもしれないイノベーション」をお話させていただきます――宇宙技術です。
「そもそも、人類が宇宙に行く必要性はあるのか?」から論を始め、宇宙開発を大幅に促進しうる可能性を持った技術をご紹介します。そしてそれを実現するのに必要な社会的条件は何かを、考えていきます。
最後に参加者討論の時間も持ちたいも思っておりますので、皆様奮ってご参加ください!

【1分間スピーチのテーマ】
貴方は宇宙へ行きたいですか? また行きたい/行きたくない、その理由はなんですか?

【発表者】
吉立開途
東京大学文学部歴史文化学科考古学専修課程


※三文会では発表者を募集中です。

興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。