2013年 3月 の投稿一覧

次回 3月27日【この惑星の現代を作ったイノベーション10選】

三文会の皆さまこんにちは。

東京の桜は満開宣言が出されましたが、途端に寒い日が続きますがお花見はされましたか?
古代人は採集や狩猟以外の余暇に生活の多くを割いていたらしいので、もしかしたら花見は大昔から続く風習なのかもしれませんね。

さて、来週の三文会は文学部で考古学を学ぶ吉立(よしたて)さんから【この惑星の現代を作ったイノベーション10選】というタイトルでお話をしていただきます。

参加を希望される方は、参加申込をお願いいたします。

以下、吉立さんの方からの紹介です。
———————————-
こんにちは、東京大学文学部で考古学というオワコンな学問を学んでいる吉立開途(よしたて かいと)と申します。

今回、私が発表しますのは、人類文明10000年の中で現代の我々に時代を超えた影響を与えてきた様々なイノベーションの中の10個です。

10000年前、農耕を開始して人類が文明を築く礎となったイベントから、コンピュータの発明に至るまでを見ていきたいと思います。

この10個の発明・発見・改革等から、いかに私たち自身の世界が変遷していったか、を感じていただければ幸いです。

【1分間スピーチのテーマ】
あなたの生活の中で、最も身近な、あるいは最も必要な「人間が作ったもの」は何でしょうか。

【発表者】
吉立開途
東京大学文学部歴史文化学科考古学専修課程


※三文会では発表者を募集中です。

興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

次回3月20日 「学校の先生」を経験してみて

先週の三文会では、「イスラーム」について議論が進みなかなか面白かったですね。
日本人は、宗教的にリベラルかつ、イスラム世界と隣接していないという意味で中立的に見ることのできる数少ない国なんだなと思うと、不思議なものです。

さて、今週の三文会は、現在東京大学の博士課程に在籍しながら、高校で教鞭を振るっている方による発表となります。
学校で教えるというのはどんな経験なんでしょうか?
自分自身の学生時代に、「先生」もまた自分と同じように学生だったことを想像したことがあったかな?
そんなことを考えると気になりますね。

また、最近、「学校教育」をテーマとした数々の取り組みも聞いており、これからホットになるかもしれません。

SENSEI NOTE
先生同士で手作り教材・ノウハウを共有するサービス
http://senseinote.com/

教育共創研究所
政治 × 教育 = 教育政策を考えている政治家を自治体を超えてつなぎ、一緒に教育のあり方を考える場
http://www.k3japan.org/

e-Education
発展途上国で一般の人にも高等教育を受けられるべく、パソコンを使った教育を普及させる活動
http://eedu.jp/

本人の希望により、Web等での氏名の公開、中継等は控えさせていただきます点、ご了承ください。

参加を希望される方は、参加申込をお願いいたします。

以下、発表者の方からの紹介です。
———————————-
教育ほどいろんな人がいろんな意見を言ってカオスになっている分野はないと思います.
その理由の1つとして,ほぼ全ての人に学校教育を受けた経験のあることが挙げられるでしょう.
しかし一方で,学校教育を担う側に回った経験を持つ人間は少ないと思います.
今回の三文会では,1年間の講師経験の振り返りも兼ねて学校教育を担う側に回って感じたことをまとめたいと思います.
教壇に立っていると感覚のずれてくる部分もあるかもしれないのでフィードバック頂けると幸いです.

【1分間スピーチのテーマ】
卒業から○年を経て,学校で学んだ全てを忘れたあとに残ってるもの.

【発表者】
東京大学大学院博士課程 兼 高校の非常勤講師をされている方です。
都合により氏名等は非公開とさせていただきます。


※三文会では発表者を募集中です。

興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

次回3月13日「イスラーム思想史」

すっかり春めいてきましたね。寒暖の差が激しい昨今いかがお過ごしでしょうか。

さて、今週の三文会では人文社会系研究科修士課程の西山さんから【イスラーム思想史】のお話をしていただきます。オリエント薫る春風に吹かれてみませんか。

参加を希望される方は、参加申込をお願いいたします。

以下、西山さんからの紹介です。
———————————-
こんにちは。
イスラム学研究室所属、修士課程2年の西山健人と申します。
在学中は、イブン・カイイム・ジャウズィーヤ(Ibn Qayyim
al-Jawz?yah)という14世紀の著述家・活動家の思想史的側面を研究していました。

日本を含む非イスラームにおけるイスラームのイメージはあまり良いとは言えません。先日のアルジェリア人質拘束事件の際の報道では盛んにイスラーム過激派武装勢力の蛮行が報じられ、本年度アカデミー作品賞を受賞した『アルゴ』においても、西洋人を追い詰める残忍なムスリムの姿が描かれています。

これらの情報には多大に事実も含まれており、それもまたイスラーム世界の「真」であることは確かです。
しかしこれらの断片的な理解が、我々が冷静かつ客観的に中東世界を見ようとする目を曇らせる原因となっているのもまた事実です。
他者を理解するということは、大変手間と根気のいる作業であり、受け身の姿勢で情報を得ているだけでは、その本質を把握することはできません。
そういった意味でも今回は、みなさんがイスラームについてのリテラシーを高めるきっかけとなってもらえばと考えています。

本発表ではみなさんにあまり馴染のないと思われるイスラーム思想史の中でも、現代のイスラーム復興主義運動(いわゆる原理主義)に思想的基盤を提供したとされている思想潮流を中心に話を進めていく予定です。

質疑応答を交えた意見交換の時間も長めにとりたいと考えておりますのでご参加いただければ幸いです。

【1分間スピーチのテーマ】
日本のムスリム人口は10万人前後であると言われているが、では日本でイスラームを学ぶ(研究する)ことの意義は何だろうか?

【発表者】
西山健人
東京大学人文社会系研究科修士課程2年


※三文会では発表者を募集中です。

興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円(2011年より変更)、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

次回3月6日【東京から関わる復興?】

次回の三文会はロジトーイの野間さんより、仕事で関わっている震災復興に関連するプロジェクトについてお話いただきます。

三文会でも、
・釜石に移住した人
・研究の関連で被災地を巡った人
・復興に携わっていて、三文会で発表された人
と、話題に上ることの多い震災復興ですが、この先どうなっていくのでしょうか?

多くの人と議論してみたいですね。

参加を希望される方は、参加申込をお願いいたします。

<野間さんによるご案内>
—-
東日本大震災からそろそろ丸2年になろうとしてます。
でも漏れ聞こえる話を総合すると復興の道程はまだまだ長いようです。

でも、東京にいると正直よくわからないですよね。

実際、現地では、「産業」をどうしようかという点に力点が移り始めているのではないかと想像してますが、そうなると、ちょこっと東京から行ってお手伝いするということも難しくなります。

今回は、東京にいても復興や地域の産業振興に関われるかもしれない、そんなプロジェクトをご紹介します。

プロジェクト名:「里海プロジェクト」

僕自身が仕事で利用している「ちよだプラットフォームスクウェア」では、震災前から釜石と連携して、釜石のおいしい牡蠣を紹介するプロジェクトなどを実施していたのですが、震災後、比較的早くに、「釜石プラットフォーム」という会社を作り、キッチンカーを寄付することを通じて、飲食業の開業支援などに取り組んでました。

釜石プラットフォーム
http://www.kamaishien.com/

そして、昨年より、壊滅的な被害を受けた牡蠣の養殖業の復興にも協力し始めました。
それが、この「里海プロジェクト」。『里海サポーター』『協力店』『生産者』が連携し、「桜牡蠣」を皮切りに、各地の広く流通していないが、おいしい「食材」を楽しく広めていく企画になってます。

この企画だけでなく、皆さんと、被災地の産業振興や、東京からできることなどについて意見交換をしたいです。

なお、この週末に現地(釜石)に行ってきますので、見てきた方がいいよというポイントがあれば教えてください。

●一分間スピーチのテーマ
「震災復興と自分」

●発表者
1976年7月生。1995年東京大学入学、学生時代に起業し、現在株式会社ロジトーイを運営


※三文会では発表者を募集中です。

興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円(2011年より変更)、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。