2012年 8月 の投稿一覧

次回8月29日「こんなにおもしろい仏教文献学」

次回の三文会は東大博士課程の一色さんより、インド哲学について発表していただきます。
「インド哲学」は、名前は聞いたことがあるもののなじみはない
という方がほとんどだとおもいます。
どのようなお話なのか、そしてどのようにインド哲学を楽しめるのかとても楽しみですね。

以下一色さんからの告知文です。

※三文会では発表者を募集中です。興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!

————

こんにちは。
博士課程6年、一色大悟と申します。
所属はインド哲学・仏教学研究室(通称「印哲」)で、紀元後2~5世紀ごろインドで盛んだった
「アビダルマ(Abhidharma, 阿毘達磨)」という仏教の一ジャンルを研究しています。

「印哲」というと、その異様な名称のため進学振り分けで「名高い」研究室ですが、
実際に何をしているどのようなところかを知っている人は少ないでしょう。

本発表では、印哲研究室で行われている研究の中でも、
発表者が専門にしている仏教文献学とその魅力について、具体例にそって紹介したいと思います。

「仏教文献学」とは、仏教に関連するテクストの校訂や成立史を研究し、
そして解釈を行う学問のことで、「フィールドワーク」の対極にあります。

こう聞くと夢のない、時代遅れで役立たずの虚学であるように思うかもしれません。
確かに、ほぼ何の役にも立たないのは事実です。

しかしながら、諸言語で現存する文献を猟渉し、解読し、比較検討することで、
古代の思想を目の当たりにすることは、知的にスリリングな経験です。

対象とされる文献は、インド・チベットの僧院に遺されたサンスクリット写本、中央アジアの遺跡で発見された西域諸語写本、
そして東南アジア・東アジア・チベットの寺院で綿々と伝えられたパーリ語・漢語・チベット語仏典などなどに及びます。

今回は、古代インドの仏教者の間でなされた、空間の実在性をめぐる議論を具体例として取り上げて、
皆さんに文献学の楽しみを体験していただこうと考えています。

この「虚学の楽しみ」に、一時触れてみませんか。

ご参加いただければ幸いです。

《一分間スピーチのテーマ》

「インド哲学」と聞くと、あなたはどのようなイメージを持ちますか。


※三文会では発表者を募集中です。

興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!

参加費(朝食込み):学生 600円(2011年より変更)、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

次回8月22日「働くということについて」

今週の三文会は、株式会社アシストで新卒採用に携わっている朝倉さんに「働くということについて」を発表していただきます。

以下、朝倉さんの告知文です。

※三文会では発表者を募集中です。興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!

————
こんにちは、朝倉と申します。
新卒でIT系専門商社に入社して今年で12年目、
異動を重ねて様々な環境や職種を経験しながら
キャリアアップしてきました。
今は新卒採用に携わり、年間600名の学生と話をしています。
さて、今回のテーマは
「働くということについて」
です。
新卒採用の仕事で多くの学生と話をして
きましたが、働くことについて具体的に
イメージを持てている学生は少ないです。
それは当然といえば当然なのですが、
漠然としたイメージのまま働く環境を
決めて社会人としてのスタートを切る
よりも、就職活動から確固たるイメージを
もって臨めたほうが絶対に良い。
 私は、学生でも考え方と行動次第で、
働くことについてしっかりとイメージアップ
することが可能だと思っています。
三文会に参加されている皆さんともぜひ話を
してみたいと思い、このテーマで講師をさせて
いただくことになりました。
 当日は、プレゼンとワークを織り交ぜながら、
 皆さんと一緒にコンテンツを作り上げて
いきたいと思います。
よろしくお願いします!
 《一分間スピーチのテーマ》
『今のあなたにとっての”働くことの意味”を
言葉にして伝えてみましょう。』

※三文会では発表者を募集中です。

興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!

参加費(朝食込み):学生 600円(2011年より変更)、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

次回 8月15日「人脈活用 ~ セルフブランディング総括」

※三文会では発表者を募集中です。

興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!

今週の三文会では、野間さんに「人脈活用 ~ セルフブランディング総括」というタイトルで発表を行っていただきます。

以下、野間さんからの告知文です。
———
三文会参加者の皆さん、三文会立ち上げメンバーの野間です。

今年に入ってからの三文会では、いくつかのトピックの中で共通項として「セルフブランディング」というキーワードが見受けられました。
そこで、今回の三文会では、各参加者のセルフブランディングがどうなっているのか振り返りながら、その次に取るべきステップを探ります。

セルフブランディングは、
A)こうありたい自分
B)外から見える自分
をいかに重ねていくか、ということだと思います。

そこで一番効果的なのは、「人脈活用」じゃないかと思ってます。

1)セルフブランディング in 三文会
2)皆さんのセルフブランディングどうなってますか?(ワークタイム)
3)「人脈活用」をしてみよう!!
4)つながるプラットフォームとしての三文会

――――――
【一分間スピーチのテーマ】
「こうありたい自分像」
個人的なことでも仕事に通じる内容でもOKです。

【発表者】
野間 英樹
東京大学農学部2000年卒業
現在、株式会社ロジトーイを運営中

【過去の発表履歴】
2007/09/06 朝食会リニューアル(名前を決めるワークショップ、ファシリ担当)
2008/05/07 三文会総括 (2008年1月-4月)
2008/05/14 やりたいことをこなし続けるタスク管理術 (ワークショップ)
2008/06/04 学生起業の落とし穴
2008/08/27 三文会1年総括・・・6W3Hで今後を考えよう
2008/10/08 業界のベテランが語る、これからの情報技術活用
2008/10/22 TPOで選ぶおいしいお店(ディスカッション形式)
2008/10/29 コミュニケーション感覚の世代格差(ディスカッション形式)
2008/11/12 働き方考
2008/11/19 タダほど高いものはない?ネットビジネスは大丈夫か?
2008/12/03 手帳で変えよう!2009年の過ごし方
2008/12/10 自分はどんな人?自分の性格を見つめてみよう(ワークショップ)
2009/01/07 新年の抱負、忘れないコツ(ワークショップ)
2009/01/14 体験「ソリューションフォーカス」でゴールまでの距離を短くする
2009/03/25 新年度に向けて、目標設定と評価(ワークショップ)
2009/04/01「そのウソ、ホント?」今求められる情報リテラシー
2009/05/13 就業規則、読んでますか?
2009/05/27 誰でもできるチーム力向上
2009/12/02 十日町大地の芸術祭(奥村さん、風間さん、藏本さんと合同発表)
2010/03/31 手帳でスケジュール管理を極める?新年度をダッシュしよう(ワークショップ)
2010/04/14 コラボレティブオフィスという仕事のスタイル
2010/05/26 結婚式の裏側
2011/09/07 子育てしながら働けるの?
2012/04/02 『就職』を発想転換しよう~21世紀型キャリアの作り方(エリート編)


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

場所は、以下の地図を参考にしてください。最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

東大正門(赤門ではありません)前の「モンテベルデ」という喫茶店です。

 

8月8日「日本の食品メーカーの海外展開について」

三文会のみなさんこんにちは。

今週の三文会は、大野さんより、食品メーカーのお話です。
先日韓国に行ったのですが、向こうにはカルビーの「おさつスナック」や「ジャガビー」がありました。
逆に、「オランジーナ」など、海外で売られているという触れ込みのソフトドリンクが一部日本には出現していますね。
これらは、製品の輸出入ではなく、現地生産する発想の下で生まれたもの。
「食品の海外展開」とは、基本的にこの部類のものです。

今後、様々なものの輸出入障壁が低くなっていくなかで、食品はどうなるのか。
そう考える時に、えてして一次生産者のことばかり見てしまいがちです。
しかし、製品を作っている大手メーカーも食品業界のプレーヤーです。
食にいろいろ言いたいことがある人も、そうでない人も、日本の将来を考えるという意味で今回いただくお話はとても大事なんじゃないかと思います。

夏休み中ではありますが、是非みんなで早起きしましょう♪

以下、大野さんより告知文です。

==========
自動車や電気に比べて、食品産業は内需型と呼ばれており、その海外展開は大きく遅れています。
事実、欧米の大手メーカーと比較したときに、利益率で大きく見劣りします。
本発表ではこのような食品メーカーか抱える課題についてのソリューションを考察してみたいと思います。

一分間スピーチのテーマ:
現在の職業と関心のあるテーマを教えてください。

発表者
大野大(社会勤務)


※三文会では発表者を募集中です。

興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!

参加費(朝食込み):学生 600円(2011年より変更)、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)開始時間:7:40

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。