2012年 5月 の投稿一覧

次回 5月30日 なぜ写真好きの人は写真が好きなのか、あるいは、写真をもっと好きになるために知っておきたいこと

※三文会では発表者を募集中です。

興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!

今週の三文会では、写真好きの藤田さんに、
「なぜ写真好きの人は写真が好きなのか、あるいは、写真をもっと好きになるために知っておきたいこと」というテーマで発表していただきます。
直前のご案内ではありますが、少し早起きをして「写真を撮ること」について考えてみませんか?

以下、藤田さんより告知文です。
———
みなさまこんにちは。東京大学文学部思想文化学科 宗教学宗教史学専修課程4年の藤田展彰です。東京大学アルバム編集委員会で卒業アルバム用の写真を撮っていたりします。(集合写真撮影・個人写真撮影のご協力よろしくお願いします♪)

カメラにこだわっている人って最近身の回りに増えていませんか?
カメラにこだわってなくても、instagramにじゃんじゃん投稿してる人って知り合いに3人はいますよね?
おいしいものを食べに行くと、ついつい手をつける前に写真を撮ってしまったりして。
でも、なんでそんなに(写真好きの人は)写真を撮るんでしょう?

 ――写真ってただカメラを通して見えているものを切り取ってくるだけじゃないの?
 ――撮ってそれでおしまい?

傍から見ればシャッター押してるだけに見えることもあるでしょうし、
確かに撮ってそのままだったら勿体ないですよね。
逆に、シャッターを切る意味とか、撮ってその後どうするかを知っていれば、
写真って楽しくなるんじゃないでしょうか。(楽しくなります!)

以前にも三文会では写真系の話での発表がありましたが、
今回は「上手く撮るためのTips」というよりかは、「写真を撮るってどういうことだろう?」という問いにアプローチする形で発表します。
カメラの仕組みの話やカメラの外見の話、プリントの話、現像の話など、僕の知っている範囲で話します。
僕が持っているカメラ5台も一緒に発表にもって行きますので、ぜひ手にとってみてください。

知り合いかたカメラを譲ってもらって、フィルムでちゃんと撮るようになったのが3年前。それから最近までずっと独学で写真をやってきた僕としては、「写真について」というような題で語るようなそれなりの立場には無いので(アマチュアに過ぎませんし)、参加者の皆さんも一緒に考えてくださるとうれしいです。

【一分間スピーチのテーマ】
写真、もしくはカメラのいいところって何ですか?あるいは、写真のどこらへんが制約だと思いますか?

【発表者】
藤田展彰さん(東京大学文学部思想文化学科 宗教学宗教史学専修課程4年)

 


参加費(朝食込み):学生 600円(2011年より変更)、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

場所は、以下の地図を参考にしてください。最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

東大正門(赤門ではありません)前の「モンテベルデ」という喫茶店です。

次回5月23日「趣味でものを創るということ~自転式ルービックキューブから得た体験~」

※三文会では発表者を募集中です。

興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!

今週の三文会では、東京大学大学院 情報理工学系研究科 修士2年の稲葉翔さんに、
「自転式ルービックキューブ」(実物が動く様子はこちら> http://nicores.herokuapp.com/entry/8
)を製作した裏話をしていただきます。

発想するのはカンタンでも、それを実際にモノに落とし込む作業は非常に大変なものです。
ものづくりのプロセスを知れば、きっと身の回りのものを見る目も変わるかもしれません。

実在するものをロボット技術に落とし込む課程で、
技術系の人たちは何をどういう風に考えているのでしょう?
(特に文系の人だと)普段は知ることができないその過程について
お話していただきます。

以下、稲葉さんより告知文です。
———
初めましての方ははじめまして。
東京大学大学院 情報理工学系研究科 修士2年の稲葉翔と申します。
國吉・原田研究室という知能ロボットの研究室に所属しています。
僕の研究はロボットの目(カメラ)に写った物体をどうやって認識するか、ということを扱っています。
専門的にはコンピュータビジョンといったりします。

僕はソフト・ハード問わずものを作るのが好きで、今でも趣味でものを作っています。
今回は「自転式ルービックキューブ」という作品について紹介させていただくことになりました。

皆さんはルービックキューブを解いたことがありますか?
なかなか難しいですよね。
一説には解けるとIQ120相当とか言うらしいですが、
とてもそんなんで解ける気はしないです。
で、ルービックキューブが自分で勝手に解いてくれると楽しいのではないか、という
全くもって無駄な機械が今回紹介する作品です。

「こんなものを作って何の意味があるの?」
こういうことを聞く方も少なからずいらっしゃいます。
しかし、この作品を作ることによって、
さらには作っていろんな方と話すことによって、
得られた知見、見聞きした体験、新しい世界観、
いろいろなものを得ることができました。
趣味でのものづくりというのがどういうことか、
あらためて考える機会になりました。

今回の三文会では、考えてみれば不思議な「ルービックキューブの仕組み」から
(趣味で)ものをつくる人たちの世界についてお話したいと思います。
そこで皆さんにお聞きしたいのは、
「あなたにとってこれまで一番大掛かりだったと思うものづくりは何ですか?」
ということです。
みなさんにとって、ものづくりというものがどれほど身近なものなのか
お聞きしてみたいと思います。

それでは、よろしくお願いします!

【1分間スピーチのテーマ】
あなたにとっての『人生最大のものづくり』とは何ですか?

【発表者】
稲葉翔さん(東京大学大学院 情報理工学系研究科 修士2年)

 


参加費(朝食込み):学生 600円(2011年より変更)、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

場所は、以下の地図を参考にしてください。最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

東大正門(赤門ではありません)前の「モンテベルデ」という喫茶店です。

次回5月16日(水)【企業における優秀人材の定義とは何か?~学生時代から勝ち残るために準備しておくこと~】

※三文会では発表者を募集中です。

興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!

今週の三文会では、株式会社グローセンパートナー代表の島森さんに発表を行っていただきます。

以下、島森さんからの告知文です。

———

こんにちは。株式会社グローセンパートナー代表の島森俊央と申します。
組織・人事のコンサルティングを提供しています。人事制度を策定したり、管理職の選抜を支援したり、コンピテンシを作成したり、
組織の活性化をやったり社長の右腕として参謀としての仕事をしております。

人事制度コンサルティングの面白いところは、社長・部長・課長・一般社員全員と話ができ、会社を横から見ることができることです。

今回は、企業における「優秀な人材とは?」をテーマにお話しします。
実際に企業において、どのような形で優秀人材が定義され、どのような形で選抜されていくのか?をお伝えします。

発表内容は、以下の3点です。
1.企業における「優秀人材」とは?
2.皆さんが「優秀人材」になるためにたった一つのこと
3.「優秀人材」として将来が開けるために必要な視点

です。できる限り、具体的な事例を入れながら、人事の裏側をお話します。
また、一方的な話ではなく、できる限り皆さんとディスカッションしながら進めていきます。
質問の時間もできる限りとりますので、どんどん情報提供していきます。

当日お話することを、少しだけ情報提供します。
「重厚長大の企業で、将来に渡ってビジネスが衰退する可能性がなく、安定した企業における経理部門の優秀な人材とは?」
「営業のベンチャー企業で、環境変化対応しながら急成長している企業で、経営計画部門の優秀な人材とは?」
を考えてみてください。
そして、最後にもう一つ質問です。
「誰が、その優秀さを定義することが最適(可能)なのでしょうか?」
これらの回答を当日お楽しみに!!!

【1分間スピーチのテーマ】
自分のどこが優秀だと思いますか?(恥ずかしいと思いますが、できる限り具体的に発表してください)

【発表者】
島森俊央さん(株式会社グローセンパートナー代表)

 


参加費(朝食込み):学生 600円(2011年より変更)、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

場所は、以下の地図を参考にしてください。最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

東大正門(赤門ではありません)前の「モンテベルデ」という喫茶店です。


 

次回 5月9日 「知って楽しい東京メトロ」

※三文会では発表者を募集中です。

興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!

今週は滝沢さんに、「知って楽しい東京メトロ」を発表していただきます。
いろいろな場で精力的に活動している滝沢さんが何で興味を持ったのか、気になりますね。
是非、お越しください。

以下、滝沢さんからの告知文です。

———-
こんにちは、東大文学部行動文化学科社会学専修3年の滝沢頼子です。
三文会では運営メンバーをやらせて頂いております。
(司会や広報をやっております。みなさまぜひFacebookページにいいね!をお願いします!
http://www.facebook.com/sanmonkai)

さてさて、今回のテーマは「知って楽しい東京メトロ」です。

私は愛知県出身です。
名古屋の地下鉄はなかなか便利ですが、そんなに路線がたくさんあるわけでもないので
乗換の煩雑さや選択肢もあまりなく、東京よりは難しくありません。

そんな私は、東京に来て東京の地下鉄を使うようになってから
いろいろなことを思いました。

「永田町駅で降りたはずなのに、駅構内を歩いていたらいつのまにか赤坂見附駅に・・・( ̄□ ̄;)!!。」

「というかそもそも異様に乗り換えが遠いところが多い・・・。」

「銀座線が不自然に新橋駅で進行方向を変えてるのだけどなんで・・?」

「本郷三丁目駅は、同じ駅名なのに大江戸線と丸ノ内線がつながってない・・・・騙された気分・・・><」

「都営と東京メトロで地下鉄運営されているからかな・・・なんで分かれてるんだ・・・。」

こんな風に謎が多い、総延長およそ200km・9路線の「メトロネットワーク」。

誰もが毎日のように使う、複雑な東京の電車。
その中でも今回は、「東京メトロ」に焦点をあてます。

東京メトロの成り立ちを概観しながら、
知ってると電車に乗るのがいつもより楽しくなるような、
そんな話を集めて発表をしたいと思います!

※ちなみに私はいわゆる「鉄オタ」ではないです!笑
純粋に東京メトロのことが深く知りたくなったので、最近いろいろ調べました。

発表内容は以下のような感じにしようと思っています。

★東京メトロの今昔
*歴史編

★東京メトロのひみつ
*路線編
*駅編
*車両編

★東京メトロのこれから

ぜひみなさまお越しください^^!

■一分間スピーチのテーマ
東京メトロに乗っていて不思議に思ったこと。または、もっとこうなったらいいのに!と思うこと。


参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

場所は、以下の地図を参考にしてください。最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

東大正門(赤門ではありません)前の「モンテベルデ」という喫茶店です。