2012年 3月 の投稿一覧

次回3月28日(水)【ドラえもんのひみつ道具「すけすけ望遠鏡」があったら?】

※三文会では発表者を募集中です。

興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!

今週の三文会では、東京大学地震研究所所属の西山さんに「ドラえもんのひみつ道具「すけすけ望遠鏡」があったら?」というタイトルで発表を行っていただきます。

以下、西山さんからの告知文です。

———

こんにちは。私、西山竜一と申します。

私は東京大学の地震研究所というところで、火山の中身を透視する方法を研究をしています。

用いるひみつ道具は、空から降り注ぐ宇宙線ミューオンを捉えるカメラと、あなたの体重を1mg刻みで測れるほどの超高精度の体重計(重力計)です。

今日は、私が取り組んでいる研究についてお話しいたします。

 

【一分間スピーチのテーマ】

ドラえもんのひみつ道具には、「すけすけ望遠鏡」というものがあります。

のび太君はこれを使って、部屋を透視し、タンスの裏に落ちたパパの万年筆を発見したそうです。皆さんが、この「すけすけ望遠鏡」を持っていたら、何を透視してみたいですか?

しずかちゃんのお風呂を覗きたいというのはナシです。

 

【発表者】

西山竜一さん

東京大学理学系研究科地球惑星科学専攻修士課程

東京大学地震研究所所属


参加費(朝食込み):学生 600円(2011年より変更)、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

場所は、以下の地図を参考にしてください。最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

東大正門(赤門ではありません)前の「モンテベルデ」という喫茶店です。


 

次回3月21日(水)【京大人文研の知的生産の技術をかじってみた】

※三文会では発表者を募集中です。興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!
今週の三文会は、三文会顧問の熱川さんに「京大人文研の知的生産の技術をかじってみた」を発表していただきます。
以下、熱川さんからの告知文です。

———-

たびたびお世話になります。
東京大学大学院学際情報学府の熱川(にえかわ)と申します。
3月21日水曜日午前7時40分からの発表を、またまた、急きょ担当する運びとなりました。

皆様の中に、立場や分野の異なる人と一緒に仕事をして、苦労された方はいらっしゃいませんか?
異なる立場や分野を素早く理解し、知識を共有し、新しい物事を発想し、分かりやすく発表するのは、大切ですが、もともと容易ではないと思います。

この難しい異分野の協働で、特に戦後に、多くの業績を上げたのが、京都大学人文科学研究所(京大人文研)です。
貝塚茂樹(東洋史学)、桑原武夫(フランス文学)、今西錦司(生態学、人類学)、梅棹忠夫(生態学、民族学)、梅原猛(哲学)、加藤秀俊(社会学)、……
京大人文研に関わった人々は、分野が異なるにもかかわらず頻繁に共同研究会を開き、各人が画期的な業績を残しています。

このうち、一部のメンバーは、研究の技法に関する書籍を1960年代から発表しています。
中でも、京大人文研の中心人物の一人、梅棹忠夫は、一連の技法を『知的生産の技術』(1969)にまとめ、同書はベストセラーとなりました。

今回、京大人文研の研究者たちは、特定の研究の技法によって、立場や分野を超えた協働を可能にしたと仮定して、その研究の技法を下記の4文献から紹介します。
そこから、さまざまな情報通信技術が発展した現代における異分野協働の方法を、皆様と考えられたら幸いです。(敬称略)

※ 前回3月14日の発表「『発明塾』式発想法ワークショップ――OO思考の『正しい』使い方」と併せて聞くと、よりお楽しみいただけるかもしれません。
※ Twitterでは別の題目で発表すると宣言していましたが、こちらの方が要望が多かったので、題目を替えました。

【1分間スピーチのテーマ】
私の知的生産の技術(ノートのとり方を工夫している、Evernoteを活用している、など)

【文献】
本多勝一, 1982,『日本語の作文技術』朝日新聞社.
加藤秀俊, 1975,『取材学――探究の技法』中央公論社.
川喜田二郎, 1967,『発想法――創造性開発のために』中央公論社.
梅棹忠夫, 1969,『知的生産の技術』岩波書店 

【発表者】
熱川豊紘さん(東京大学大学院学際情報学府)

参加費(朝食込み):学生 600円(2011年より変更)、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

場所は、以下の地図を参考にしてください。最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

東大正門(赤門ではありません)前の「モンテベルデ」という喫茶店です。


 

次回3月14日(水)【「発明塾」式発想法ワークショップ~OO思考 の『正しい』使い方】

今週の三文会の発表は、思考法について博士のシェアハウス管理人の山田さんに発表していただきます。
思考法の正しい使い方を学んで新年度のスタートダッシュをきりましょう。

以下、山田さんの告知文です。

——–

三文会の皆さま、ご無沙汰しております。

博士のシェアハウスの山田です。

 

先日MLで告知させてもらった発想法ワークショップですが、

そのダイジェスト版を三文会で発表することになりました。

 

・アイデア発想法

・ロジカルシンキング

・クリティカルシンキング

・デザインシンキング

・課題解決思考

 

ここ数年の間にいろいろな思考法を聞くようになりました。

三文会に参加するような意欲的な皆さんの中には

これらの思考法を積極的に勉強している人も多いでしょう。

が、

せっかく勉強した思考法の「正しい」使い方を知っていますか?

そして、

目的に応じて「使いこなせる」ように身に付いていますか?

と聞かれて耳が痛い方もいるのではないでしょうか。

 

今回はそんな皆さんのためにいろんな思考法の使い方、

言うなれば「思考法リテラシー」についてお話しようと思います。

 

博士のシェアハウスで継続的に開催してきた勉強会「発明塾」で

学生が世界の発明家と対等に渡り合うために磨き上げてきた

「思考法の使い方」の一端をご紹介できればと思います。

【一分間スピーチのテーマ】
あなたが聞いたことがある発想法を教えてください。

【発表者】
山田光利さん(博士のシェアハウス)

参加費(朝食込み):学生 600円(2011年より変更)、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

場所は、以下の地図を参考にしてください。最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

東大正門(赤門ではありません)前の「モンテベルデ」という喫茶店です。

三文会では目下運営メンバー・発表者を大大大募集中です!

次回 3月7日 政策を変えるのはアイディアだ――「アイディア・アプローチ」で考える

いよいよ3月に入りましたね!
卒業・入試・引っ越しなど、4月からの生活に向け、色々なものが移り変わる時期ですね。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さて、今週の三文会の発表はそんな「変化」に関連するテーマでの発表です。

お申込みはhttp://fromy.net/sanmon/よりお願いいたします。

以下熱川さんによる紹介文です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 政策を変えるのはアイディアだ――「アイディア・アプローチ」で考える

お世話になります。
東京大学大学院学際情報学府の熱川(にえかわ)と申します。
3月7日水曜日の発表を急きょ担当する運びとなりました。

皆さんは、国や地方自治体の政策が変わってほしいと思った経験はありませんか?
1996~1998年の橋本内閣による「行政改革」、2001~2008年の小泉内閣による「構造改革」、
2008年の政権交代、2008年から続く橋下徹大阪府知事・大阪市長の行政……政策を変えようとする試みは後を絶ちません。
例えば、小泉内閣による郵政民営化は、難攻不落と思われていた強固な利益関係や制度を一度は打ち破りました。
しかし、郵政民営化によって小泉首相らは、何か利益を得たと断言できるでしょうか?

郵政民営化のように、利益や制度では説明しにくい政策の変化を説明する方法として、近年、公共政策学(の一部?)で注目されているのが「
アイディア・アプローチ」です。
「規制緩和」「第三の道」「郵政民営化」といった〈アイディア〉が、人間を巻き込み、利益関係や制度を打破したと考える方法です。

今回は、この「アイディア・アプローチ」を紹介し、その有効性を皆さんと検討したいと考えています。

【一分間スピーチのテーマ】
変えたい物事(政策に限らず)

【発表者】
熱川さん
(東京大学大学院学際情報学府)

場所は、以下の地図を参考にしてください。最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

東大正門(赤門ではありません)前の「モンテベルデ」という喫茶店です。

三文会では目下運営メンバー・発表者を大大大募集中です!