2011年 7月 の投稿一覧

次回8/3(水)「東大生はバカになれるか」

今週の三文会は、東大工学部3年のうえしゅんさんによる「東大生はバカになれるか」です。8月3(水)AM7:30(開場)より、モンテベルデにて行います。

 うえしゅんさんは「東大まるきゅうproject」のリーダーとして活躍されている方です。色とりどりのコスプレ衣装に身をつつんだ東大生が一同に会し、パフォーマンスを繰り広げるさまは圧巻。ニコニコ動画ではアップロード1カ月も経たずして再生回数30万を突破し、東京ゲームショウに出演するなど数々の伝説を生みだしてきました。 

昨年の五月祭以来、東大に大旋風を巻き起こしてきたまるきゅうprojectについて、とことん語っていただきます。ふるってご参加ください。 

お申込みは8月2日18時までにhttp://fromy.net/sanmon_regist/まで、お願いいたします。
時間的、地理的に来られない方も、ぜひUstreamによるネット中継・録画 http://www.ustream.tv/channel/hayaoki にてお楽しみください。 

以下、うえしゅんさんによるご紹介です。
—————————————
知る人ぞ知る「まるきゅうProject」。
簡単に言うと五月祭と駒場祭でコスプレして踊ってる団体。ただただ祭りを楽しむだけにやっています。 

しかしそんな団体を一年間まとめているだけでも約100人の東大生と接することになり、実寸大の東大生、というものはこの一年でよく観察できました。(そのつもりです) 

今年の五月祭も終わり、これを機に去年の五月祭、駒場祭を経て思ったこと・感じたことをまとめてもよいかと思うに至り、発表させていただきたいと思います。 


 【1分間スピーチのテーマ】あなたはアニメを見ますか?どんなアニメを見ますか?


【発表者】うえしゅんさん@M_Emasirik(東大工学部3年)


参加費(朝食込み):学生 600円(2011年より変更)、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)
参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。  

breakfast 

場所は、以下の地図を参考にしてください。最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。 

東大正門(赤門ではありません)前の「モンテベルデ」という喫茶店です。 

次回7/27(水)「将棋について」

次回の三文会は、7月27(水)AM7:30(開場)より、モンテベルデで行います。ふるってご参加ください!お申し込みされる方は http://fromy.net/sanmon/ より28日の18時までにお願いいたします。
時間的、地理的に来られない方も、ぜひUstreamによるネット中継・録画http://www.ustream.tv/channel/hayaoki にてお楽しみください。 


次回7月27日(水)の三文会は「将棋について」です。以下発表者の笠井さんによるご紹介です。  

―――――――――――――――――――――――――  

21年度に将棋の活動が評価されて東大総長大賞を受賞しました、笠井友貴と申します。この度は参加させていただき、ありがとうございます。 

 私は小学1年生のときに父親の影響で将棋を始め、以来11回の全国優勝を重ねてきました。勝負で勝つことが全てだった私ですが、このまま選手として活躍するだけでいいのだろうかとふと疑問になり、将棋を通じた国際交流企画を先輩とともに立ち上げてアジアの学生たちの交流に寄与してきました。 

将棋は発祥がインドとされ、西に普及したのがチェスで東に行ったのが将棋といわれています。チェスは単一のルールと様式であるのに対して、将棋はタイではマックルック、中国ではシャンチー、韓国ではチャンギ、日本では日本将棋と、その国の文化や歴史、社会的事情を反映してルールや駒の働きなどが違ってきます。

そのような各国によって多彩な様式をもつ将棋をお互いに理解することで、その国の文化や歴史、社会的事情をより深く知ることができるのではないか、つまり将棋が相互理解のひとつのツールとなるのではないかと思いそのような交流企画を行いました。

東大総長大賞は在学時にアマチュア女流将棋名人戦(女性の最も歴史と権威のある全国大会)での二連覇と上記のような活動が評価されて受賞しました。 

現在は東大のロースクールで法律を勉強する傍ら、NHKの囲碁・将棋フォーカス(日曜11:45~)という番組で聞き手を務めています。 

当日は、勝負に勝つために自分が心がけてきたことや、国際交流企画の話、将棋のミニ講座(簡単な詰将棋)や将来の展望、などをお話できたらと思います。どうぞよろしくお願いします。 


【1分間スピーチのテーマ】最近はまっているもの。


【発表者】笠井友貴さん


参加費(朝食込み):学生 600円(2011年より変更)、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)
参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。  

breakfast
場所は、以下の地図を参考にしてください。最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。
東大正門(赤門ではありません)前の「モンテベルデ」という喫茶店です。

      

次回7/20(水)「知財のお仕事!(企業知財部編)~知財部の日々の仕事から企業の知財戦略まで~」

次回の三文会は、7月20(水)AM7:30(開場)より、モンテベルデで行います。ふるってご参加ください!お申し込みされる方は http://fromy.net/sanmon/ より19日の18時までにお願いいたします。
時間的、地理的に来られない方も、ぜひUstreamによるネット中継・録画http://www.ustream.tv/channel/hayaoki にてお楽しみください。 


次回7月20日(水)の三文会は「知財のお仕事!(企業知財部編)~知財部の日々の仕事から企業の知財戦略まで~」です。企業における知的財産について、さまざまなお話を伺います。ふるってご参加ください。以下発表者の山田さんによるご紹介です。 

――――――――――――――――――――――――― 

研究者のためのイベントスペース「博士のシェアハウス」を運営している山田光利と申します。昨年12月には博士のシェアハウスをお題に発表させていただきました。 

エンジニア向け特許教育の仕事を手伝っている関係で某大学の工学部の学生向けに単発で知財の講義をすることになったのですが、せっかくなので三文会にもお裾分けすることにしました。  

知財部の日々の仕事から最新の知財戦略まで一通り話しますので、知財部に限らず就活が気になるお年頃の学部生からなぜ日本のメーカーがことごとく落ちぶれていくのか知りたい人までいろんな人に聞きにきていただければと思います。  

大学での本番の2日前に三文会での発表という順番なので、分かりにくいところとかあったらビシバシ突っ込んでいただけると助かります。  

(注)TMIのような技術経営を専門で学んでいる人には物足りない内容だと思います。あくまで特許に詳しくない工学部向け講義なのであしからず。


【1分間スピーチのテーマ】「知的財産と聞いてパッと思い浮かぶこと」


【発表者】山田光利さん(博士のシェアハウス)


参加費(朝食込み):学生 600円(2011年より変更)、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)
参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。 

breakfast
場所は、以下の地図を参考にしてください。最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。
東大正門(赤門ではありません)前の「モンテベルデ」という喫茶店です。

     

次回7/13(水)「相互利益を目指すファシリテーションの技法」

次回の三文会は、7月13(水)AM7:30(開場)より、モンテベルデで行います。ふるってご参加ください!お申し込みされる方は http://fromy.net/sanmon/ より12日の18時までにお願いいたします。
時間的、地理的に来られない方も、ぜひUstreamによるネット中継・録画http://www.ustream.tv/channel/hayaoki にてお楽しみください。

東京大学の公共政策大学院で特任准教授をしている松浦です。

現在、同大学院で「交渉と合意」という講義を担当していますが、その中で打ち合わせや会議を効率的に進める「ファシリテーション」という技法も教えています。

「ファシリテーション」という言葉は本屋さんで見かけたことあるかもしれませんが、実際に手を動かして練習してみないことには、その能力は身につきません。

就活のGDでもファシリテーションを実践できれば一目置かれるはず。短時間ではありますが、ファシリテーションの概念を簡単にご紹介したうえで、参加者のみなさんにロールプレイで練習してもらおうと思います。


 【1分間スピーチのテーマ】あなたにとって史上最悪の打ち合わせ、ミーティングはどんな感じでしたか?


【発表者】松浦正浩さん(東京大学 公共政策大学院 特任准教授)


参加費(朝食込み):学生 600円(2011年より変更)、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)
参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

breakfast
場所は、以下の地図を参考にしてください。最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。
東大正門(赤門ではありません)前の「モンテベルデ」という喫茶店です。

   

次回7/6(水)「クイズはエンターテイメント」

次回の三文会は、7月6 (水)AM7:10(開場)(通常より40分ほど早くなっております。ご注意ください)より、モンテベルデで行います。ふるってご参加ください!お申し込みされる方は http://fromy.net/sanmon/ より5 日の18時までにお願いいたします。
時間的、地理的に来られない方も、ぜひUstreamによるネット中継・録画http://www.ustream.tv/channel/hayaoki にてお楽しみください。

今週水曜日の三文会は「クイズはエンターテイメント」です。
発表では本物の早押し器を使って、実践的にクイズを語っていただけるとか。「クイズ」の概念が変わることうけあいの発表です。
ふるってご参加ください。
 
お申込みは5日18時までにhttp://fromy.net/sanmon_regist/まで、お願いいたします。
 時間的、地理的に来られない方も、ぜひUstreamによるネット中継・録画 http://www.ustream.tv/channel/hayaoki にてお楽しみください。
紹介です。
以下発表者の島津さんによるご紹介です。
――――――――――――――――
東京大学クイズ研究会会員の島津と申します。
私は、大学入学以来、学内外でクイズに関するさまざまな活動に取り組んできました。
今、テレビ番組やアーケードゲーム等を通して誰でも気軽にクイズを楽しめる時代になりましたが、
 ひとつの「競技」として本格的にクイズに打ち込む人の数は、決して多くありません。
「クイズ研究会って、普段何してるの?」と疑問に感じている方もいらっしゃるでしょう。
 
そこで今回は、一般にあまり知られていない、よりディープなクイズの世界の実態について、
業界内でも独自性の高い東京大学クイズ研究会(略称:TQC)の活動を中心に紹介させて頂こうと思っております。

お申込みは5日18時までにhttp://fromy.net/sanmon_regist/まで、お願いいたします。
 時間的、地理的に来られない方も、ぜひUstreamによるネット中継・録画 http://www.ustream.tv/channel/hayaoki にてお楽しみください。
紹介です。


【1分間スピーチのテーマ】今までに観たクイズ番組で、最も好きだった・印象的だったものは何ですか?また、その番組のどういうところが好きでしたか?
(メディアと無関係のクイズイベントや、実際にクイズにふれた経験についてでも構いません)


【発表者】島津高英さん(東大文学部国文学専修、クイズ研究会)


参加費(朝食込み):学生 600円(2011年より変更)、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)
参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。  

breakfast
場所は、以下の地図を参考にしてください。最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。
東大正門(赤門ではありません)前の「モンテベルデ」という喫茶店です。