2010年 12月 の投稿一覧

次回予告「グローバルな人材って?」

次回の三文会は、12月22日()AM7:30(開場)より、モンテベルデで行います。ふるってご参加ください 満席につき、受付終了しました!

時間的、地理的に来れない方も、ぜひUstreamによるネット中継・録画 http://www.ustream.tv/channel/hayaoki にてお楽しみください。


はじめまして、中崎康子と申します。

さて突然ですが、皆さんは「グローバルな人材」ですか??

「グローバルな人材」の必要性が声高く叫ばれる昨今、
・「グローバルな人材」とはそもそも何か?
・グローバルに生き抜くにはどうすればいいのか?
皆さんはご自身の答えを持っていますか?

私はといえば、
9月にスイスで開催された「バイオキャンプ」という
国際的なバイオビジネス起業ワークショップに
日本代表として参加してきました。
そこで27カ国の代表60名で競い合い、
幸運にも、日本人初の個人賞を頂くことができました。

今回は、このバイオキャンプ奮闘記と共に、
「グローバルな人材」という、ありふれたトピックについて、
学生である私の切り口で、お話できたらと思っています!
日本人が世界で生き抜く方法、一緒に考えていけたらと思います!

「グローバルな人材」、また「バイオキャンプ」「バイオビジネス」に
関心のある方も、是非ご参加頂ければと思います!!


【1分間スピーチのテーマ】「グローバルな人材」(身近にいるグローバルな人材だと思う人はこんな人!、グローバルに関連したユニークな体験談や、グローバルな人材になる為に日々こんなことをしている!などなどなんでもありです。)


【発表者】中崎康子さん(薬学系研究科・修士2年)


参加費(朝食込み):学生 500円 、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)
参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。breakfast
場所は、以下の地図を参考にしてください。最寄り駅は、本郷三丁目、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。$this->post_content_callback("35.71283057210236", "139.75919902324676", "17", "500", "300", "(comment)");

次回予告「ムラアカリをゆく」を活かして

さて、次回の三文会は、12月1日()AM7:30(開場)より、モンテベルデで行います。ふるってご参加ください 満席につき申し込みを締め切りました

時間的、地理的に来れない方も、ぜひUstreamによるネット中継・録画 http://www.ustream.tv/channel/hayaoki にてお楽しみください。


昨年「ムラアカリをゆく」と題して日本全国70以上のの農山漁村の現場を旅してきました。
一筆書きでの旅を終えてすぐにも三文会でお話させていただいたのですが、http://fromy.net/sanmon/2009/08/19/tomohy/
約一年経ったいま、ぼくがどのようにして生きているのか。
旅という小さな一歩から、どのようにつながりが発展し、働き、暮らしてきたのか。
フリーランスという立場で、人生という旅の第二章をどのように歩んでいるのかを、
今関わっている「地域」とつながる仕事の内容と共にお伝えできればと思っています。

▼プロフィール
大阪生まれ。08年 早稲田大学商学部卒。
持続可能な社会について探求する中でミクロネシア連邦ヤップ島にて自給自足の暮らしを経験。
新潟の中山間地域の小規模集落を訪ね、継続的に関わっていく中で農村の持つ“豊かさ”について考察を深める。
09年「ムラアカリをゆく」と題した個人プロジェクトにより日本全国約80の農山漁村の現場を訪ねる旅を実施。
現在はフリーランスとして地域とつながる仕事に関わる。
伊豆諸島で漁業後継者育成、墨田区で食育を軸に生産者と消費者をつなぐ青空市「ヤッチャバ」の開催、四国ではシビックプライド醸成のためのワークショップ企画等を行う。


【1分間スピーチのテーマ】「自分の好きな地域orなぜここにこようと思ったのかor学生時代やってきたことと仕事とのつながり」


【発表者】友廣裕一さん(地域活性コーディネーター)


参加費(朝食込み):学生 500円 、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)
参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。breakfast
場所は、以下の地図を参考にしてください。最寄り駅は、本郷三丁目、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。$this->post_content_callback("35.71283057210236", "139.75919902324676", "17", "500", "300", "(comment)");

次回予告「知的書評合戦!ビブリオバトル優勝記」

次回の三文会は、12月8日(水)AM7:30(開場)より、モンテベルデで行います。ふるってご参加ください
時間的、地理的に来れない方も、ぜひUstreamによるネット中継・録画http://www.ustream.tv/channel/hayaoki にてお楽しみください。

好評につき予約は閉め切りました!


来週のテーマは「ビブリオバトル優勝記」(坪井遥さん)になります。
ビブリオバトルとは、好きな本をの魅力を5分間でアピールする「知的書評合戦」で、
坪井さんは先日都主催で行われた大会で優勝し、その模様はNHKや讀賣新聞の「ひと」欄にも掲載されました。
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20101104-OYT8T00409.htm
今回は大会の様子に加え、このビブリオバトルという取り組みの歴史や未来像、可能性についてもお話しいただけると伺っています。

「ほん」の新しい読み方、共有の仕方を考えられる会になると思います。是非、皆様奮ってご参加ください!

申し込みは左上の参加フォームから♪(最近満員が続いておりますのでお早めにどうぞ!)

*当日は簡易式ビブリオバトルを行うつもりですので、ぜひ一冊「戦いたい」本をお持ちください。

坪井さんからの詳細は以下になります。

はじめまして、坪井遥と申します。

ビブリオバトル、という試みをご存知でしょうか。
好きな本を持ち寄り、その本の魅力を5分間でアピールし、観客に一番読みたい、と思わせた人が勝ち、という
「知的書評合戦」です。
関西で生まれ、最近では猪瀬直樹副知事の注目などもあり、全国的な広がりを見せています。
ちょうど1ヶ月程前、文化の日に「ビブリオバトル 首都決戦」が行われ、幸運にも優勝することが出来ました。

今回は、ビブリオバトルの簡単なあらましや、「首都決戦」の体験談などを語りつつ、
主催者では無く、一参加者としての立場から、この取り組みのもつ可能性(あるいは限界?)について、感じることをお話出来ればと思います。
このムーブメントは広まっていくのか?
本当に「言葉の力」は再生できるのか?

最近、本読んでないな、と思う方、「言葉」について考え直してみたいと思う方、
ビブリオバトルへご興味の方、是非ご参加をお待ちしております。

【1分間スピーチのテーマ】簡易式ビブリオバトル(紹介したい本を一冊お持ちください)

【発表者】坪井遥さん(ICU4年)


参加費(朝食込み):学生 500円 、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)
参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。breakfast
場所は、以下の地図を参考にしてください。最寄り駅は、本郷三丁目、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。$this->post_content_callback("35.71283057210236", "139.75919902324676", "17", "500", "300", "(comment)");

12月の三文会、およびイベント

12月の三文会の予定および、三文会参加者が活動されているイベントをご紹介いたします。

12/8 ビブリオバトル優勝記(坪井さん)
12/15 「ムラアカリをゆく」から1年 地域活性化を仕事にする(友廣さん)
12/18夜 三文会の忘年会(追って宮田くんから連絡します)
12/22 バイオキャンプ世界大会で感じた日本と世界(中崎さん)

イベント・告知など(日程順)
【12月いっぱい】「忘年会で知的興奮を」
本日ご発表いただいた山田さんの「博士のシェアハウス」。
研究室、大学関係者への忘年会にスペース貸しを行っていらっしゃいます。
本郷にて遅くまで使える場所を探している方、要チェック!
また1月は「泊まって論文書こう」も開催予定とのこと。
博士ならぬ白紙の方、要予約!http://chizaisupport.jimdo.com/

【12/8】「理系女子Cafe 理系女子の本100冊」
19:00-21:00@講談社
話題沸騰中のリケジョこと理系女子の方々必見!(藏本のインターン先が企画協力)
講談社で貴重な蔵書を見学できるチャンスでもあります。
http://www.empublic.jp/rikejocafe/index.html

【12/9】「ソーシャルベンチャー・スタートアップマーケット第2期生募集!」
19:30~@渋谷
社会起業支援のNPO法人ETICでインターンの小野さんからの紹介。
「未来を創る起業」を2年間で100件支援。最大500万円の支援金ほか、
志に共感する、さまざまなネットワークや経営資源獲得のチャンスを提供。
説明会 & キックオフミーティングが9日夜に開かれます。募集は20日まで。
告知文全文はこちら→http://fromy.net/sanmon/2010/12/01/ono_eti/
詳細→http://www.etic.or.jp/sv_startup/

【12/11、19】「カンボジアベトナムスタディツアー」
共に18:30~20:00@代々木オリセン
法科大学院修了生の尾渡さんが体験された、カンボジアベトナムスタディツアーの説明会です。
途上国支援、教育に関心ある方どうぞ!
告知文全文はこちら→http://fromy.net/sanmon/2010/12/01/owatari_kan/
詳細→http://www.jaef.jp/tanki.html

【12/14】「ドラマチックコミュニケーション講座」
15:00-17:00@新橋
過去2回、三文会でセミナーを行ってくださった「踊る起業家」の野原社長による無料セミナーです!
就活生および人生ドラマを変えたい方、ぜひ!
http://many-abilities.com/workseminarcontenttry101214.html

以上となります。どうぞよろしくお願いいたします。

「ベトナム・カンボジアインターンシップ」

こんにちは、今年度から三文会に参加しています
東京大学法科大学院修了生の尾渡雄一朗と申します。

この度は、私が今年の夏に参加いたしました「ベトナム・カンボジアインターンシップ」について
この場を借りて宣伝させていただきます。

「インターンシップ」と申しましても、観光旅行に学習の要素が加味されたという具合ですので、
私は実際に参加してみてそれほどハードルの高いイベントであるとは感じませんでした。
また、関東の学生のみならず関西の学生も参加しますので、
参加者間の交流を通じて様々な刺激を受けることができると思います。

詳細は以下のとおりですが、ご質問等がございましたら、owatari45@gmail.com (尾渡)まで
お問い合わせください。
***************************
アンコール大学後援事業 (財)日本アジア交流財団(JAEF)主催
2011年度春期 ベトナム・カンボジアインターンシップ
***************************

「自分と、未来を、変える旅」

全国の大学から集まった仲間が、アジアの仲間と交流する。
異なった文化・習慣に触れると共に、日本全国の仲間と13日間にわたる共同生活を行うことにより、一生付き合っていける関係を築いていくことができます。

このインターンシップがきっかけとなって、いろんなことに気づき、より広い視野を持てることと確信しています。     
また早い段階でこのインターンシップを経験すれば、その後の大学生活の過ごし方がまったく違ったものになるはずです。

研修終了後にはJAEF、現地地雷撤去NGOより「地雷撤去活動従事証明書」を発行いたします。
こちらは就職活動などでエントリーシート・履歴書などに記載することができます。

<過去の参加者の大学>
東京大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、大阪市立大学、京都精華大学、神戸市外国語大学、大阪府立大学、同志社大学、立命館大学、関西学院大学、関西大学、早稲田大学、工学院大学、立教大学、神戸女学院大学、兵庫県立大学、佛教大学、近畿大学、富山大学、長崎大学など全国の大学

【内容】
ベトナム・カンボジアを訪問して以下のような研修を行います。
【教育分野】
・カンボジア国内の小学校にて教育研修
・孤児院にて教育研修
・教科書作成プロジェクトヒアリング
【文化分野】
・アンコールワット遺跡群視察および修復作業研修
・民族舞踊アプサラダンス研修
・カオダイ教寺院視察
・カンボジア民家ショートステイ
【医療分野】
・アンコール小児病院への物資輸送プロジェクト
・義足センター視察
・ツーズ病院を訪問、ドクさんと面会
【環境分野】
・カンボジアのゴミ山視察
・都心から農村までの開発(ODAなど)の現場を視察

【その他】
・トンレサップ湖水上生活者視察
・メコン川クルーズ
・ベトナム戦争証跡博物館視察
・クチトンネル視察
・地雷博物館視察・地雷撤去活動参加
・キリングフィールド視察
・トゥールスレン収容所視察
・アンコール大学にてカンボジアの大学生と交流
・元ポルポト軍人からのヒアリング
・各国市街観光  など
詳しくは
  http://jaef.jp へ
※宿泊施設、ボランティア内容など写真を掲載しております!

【期間】
2011年2月20日(日)~3月4日(金) 13日間
2011年3月6日(日)~3月18日(金) 13日間

【対象者】
出発日現在で26歳未満であり、専門学校・大学・大学院に所属しているものとする。

【参加予定人数】
40~60名程度(スタッフ含む)

【費用】  
184,000円(関東発着)
178,000円(関西発着)
(空港使用税、燃料チャージ料、カンボジアビザ代、保険料金他含まず)
(費用に含まれるもの:航空券、現地移動交通費、食事代、宿泊費、研修費用、現地添乗員費用、現地支援資金)
★安全が確保された快適なホテルをご用意しています。
←HPギャラリー参照。
学生を中心とした若い方々に、より一層アジア諸国に対しての興味を持っていただきたいと思っていますので、JAEF、関連団体、関係各位が奨学金を交付しております。
 研修費用には奨学金交付済みの金額を記載しております。
参考:3月に旅行会社による7日間のベトナム・カンボジアにツアーに参加されますと約20万円、13日間ですと約25万円かかります。
(※JAEFの調査)

<説明会日程>
JAEFではインターンシップ(研修旅行)の説明会を行っております。
当日は過去ツアーに参加した学生がスタッフとして説明いたします。
参加費無料・事前予約不要・入退場自由となっておりますのでお気軽にご参加下さい。

関東会場
・国立オリンピック記念青少年総合センター
12月11日(土) 18:30~20:00 センター棟103号会議室
12月19日(日) 18:30~20:00 センター棟511号会議室

関西会場
・大阪市立総合生涯学習センター
12月25日(土) 18:30~20:00 第3研修室
1月8日(土) 18:30~20:00 第3研修室

・キャンパスプラザ京都
12月19日(日) 16:00~17:30 第4演習室
12月25日(土) 16:00~17:30 第1演習室

詳しくはHPをご覧ください。

<連絡先>
Mail:info@jaef.jp
HP:http://jaef.jp

〈団体概要〉
 (財)日本アジア交流財団(JAEF)は、次世代を担うアジア地域の青少年の交流を通じ、アジア各国の相互理解に基づいた振興・発展を促進するとともに、アジア地域の平和に寄与することを目的としています。
また、その為に、
1 アジア人留学生及びアジア地域の青少年との国際交流事業
2 貧困地域の生活向上支援事業
3 学術・文化交流事業
4 開発途上諸国からの外国人技能実習生受け入れ紹介
などの事業を行っています。

「ソーシャルベンチャー・スタートアップマーケット」第2期生募集!

ご無沙汰しております、三文会に参加しています小野です。

私が所属しております、NPO法人ETIC.より
みなさまにぜひご案内したい情報がございますので
もしよろしければご覧くださいませ。

NPO法人ETIC.では、今夏、次世代の起業家とともに社会を変える事業の創出を目指す
「ソーシャルベンチャー・スタートアップマーケット」を発足しました。
社会起業家、ベンチャー経営者、企業のCSR担当者、投資家、行政関係者など、
「日本に志高きチャレンジの連鎖を生みだし、それを支える基盤を創出する」
というビジョンに賛同頂いた多くのサポーターの方々とともに、2年間で100件の
スタートアップを支援してまいります。

現在30名のスタートアップ起業家が決定しているのですが、
先週から、第2期の起業家の募集を開始いたしました。
詳細につきましては、末尾のご案内文やウェブページを
ご覧いただければ幸いです。http://www.etic.or.jp/sv_startup/

一人でも多くの起業したいと考えていらっしゃる方との繋がりを
創れたらと思いご案内をしております。

ぜひ、多くのみなさまに知っていただき、ご応募をいただきたいのと
同時にお知り合いの方で起業を予定している人がいらしゃいましたら、
以下をご案内をいただければ幸いです。

また、twitterでも随時情報を更新しておりますので、
よろしければご覧くださいませ。http://twitter.com/sv_startup/

以下ご案内文になります。
——————————————————————————————————-
>いよいよ第2期募集開始 12月20日締切!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「未来を創る起業」を2年間で100件支援。最大500万円の支援金ほか、
志に共感する、さまざまなネットワークや経営資源獲得のチャンスを提供

ソーシャルベンチャー・スタートアップマーケット
「 ビジネスプラン・アイデア 募集 」
————————————————————————-
主催:NPO法人ETIC. ソーシャルビジネスエコシステム創出プロジェクト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.etic.or.jp/sv_startup/
★12/9(木)19時半~@渋谷にて第2期募集説明会 & キックオフミーティング
http://www.etic.or.jp/sv_startup/kickoff_2nd.html
●日本初の「ソーシャルベンチャーのビジネスマーケット」
~「未来を創る起業」に、共感する仲間と経営資源が集う

ETIC.では、今夏、次世代の起業家とともに社会を変える事業の創出を目指す
「ソーシャルベンチャー・スタートアップマーケット」を発足しました。

社会起業家、ベンチャー経営者、企業のCSR担当者、投資家、行政関係者など、
「日本に志高きチャレンジの連鎖を生みだし、それを支える基盤を創出する」
というビジョンに賛同頂いた多くのサポーターの方々とともに、
2年間で100件のスタートアップを支援してまいります。

今回は、その第2期募集をご案内します。
────────────────────────────────────
■ 提供する機会・サポート
────────────────────────────────────
▼スタートアップ期の事業成長を加速させる、
様々な経営資源やサポートの獲得の機会を提供します。

(1)起業への支援金(1件当たり 50万円~500万円)
(2)ベンチャー企業等の経営者による事業化サポートメニューの提供

今後の皆さんの事業への投資の意味も含め、ベンチャー企業等の
経営者の皆さまに、自社サービスを無償または割引価格でご提供頂きます。
http://www.etic.or.jp/sv_startup/supportmenu.html

※サポートメニューの提供・実施については、提供企業との話し合いを
通して行われます。相互の要件に合わない場合はマッチングが成立
しないこともあります。

(3)先輩起業家を招き、経営課題の議論を行う仮想の理事会
先輩起業家や専門家を招いて、中期的成長を見越した事業戦略の策定、
組織の拡大に向けた人材育成の仕組みづくり、課題解決の先行事例の
獲得など、短期・中期・長期のさまざまな経営課題について、
集中的に議論を行う、まさに仮想の理事会/取締役会です。

本プログラムのビジョンに賛同頂いているサポーターの方々
(経営者、専門家等キーパーソンの方々、現在82名)をはじめ、
メンターのコーディネートなどの支援を提供します。
http://www.etic.or.jp/sv_startup/supporter.html

▼ギャザリング(集合研修)など、その他詳細はこちらから
http://www.etic.or.jp/sv_startup/opportunities.html

【チャレンジするマインドと行動で、マーケットを共に創り上げましょう!】

これらの支援は選抜された全員に自動的に与えられるものではありません。
チャンスを最大限に引きだし、活用するカギは、ご自分の事業の成功のみ
ならず、社会環境や市場の変化を生み出したいという志、そして、
自分にしかこの事業は出来ない!というご自身のチャレンジへの情熱と
具体的アクションです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 第2期の募集について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆さまざまな想いや経験をお持ちの、新たに事業を始める「起業家」を募集!

経営やビジネスの経験がある方はもちろん、ビジネスプランを書いた経験が
ない研究者、技術者、アーティスト、一次産業に取り組まれている方など、
日々の仕事を通して抱いた思いやビジョンに事業として挑みたいという方を
広く募ります。

▼対象者
1. 新たに事業をスタートする、法人設立前の個人(※)
2. 応募書類提出時に15歳以上39歳以下であること
※法人設立後の方は対象とはなりません。

▼募集締切(第2期)
・2010年12月20日(月)正午12:00必着(郵送:12月19日(日)必着)

※第3期2011年2月募集開始、3月末募集〆切(予定)

※詳細はこちら
http://www.etic.or.jp/sv_startup/requirements.html(応募要項)
http://www.etic.or.jp/sv_startup/application.html(応募方法)

▼審査について(選考プロセス・審査基準・審査委員)
http://www.etic.or.jp/sv_startup/criteria.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本プロジェクトは内閣府・地域社会雇用創造事業交付金事業の
採択を受けた「ソーシャルビジネスエコシステム創出プロジェクト」の
一環として運営されています。
———————————————————————-
お問合せ先:特定非営利活動法人 ETIC.(エティック)担当 野沢・小野・石塚
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル4階
TEL:03-5784-2115 / FAX:03-5784-2116
E-Mail:svsm@etic.or.jp Website: http://www.etic.or.jp/sv_startup/

また、今後の新着情報などは、twitter上でご紹介をしていければと
考えております。http://twitter.com/sv_startup/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━