2008年 5月 の投稿一覧

(5/28)組織の中の自分の生かし方&東大法人化改革①

今日は竹原様をゲストにお迎えして、計16人が集まりました。

(※なお、運営の手違いで、ゲストの到着が遅れてしまったため、7月9日に同じテーマでもう一度開催します)

08052702   08052703

奥村 工学系応用化学科M1 研究室の実験で水銀を沸騰させてしまった。
事故の後に再発防止を実施するのがPDCA。三文会に女の子募集しています。

小島 法政大学社会学部1年 多摩に家。将棋で関東代表になり、優勝を目指してがんばった。
2日目から体調と心を整えて望んだが、ベスト8で敗退。勝負は厳しい。

染川 駒場聴講生 電通の人事部 アラブ音楽ウードという楽器を習い始めた。中長期的には大学院で人間の安全保障を研究。

野間 00年卒業。今日の会をプランドウーシーは三文会。ビラを作って告知した結果人が集まってよかった。

原田卓 経済学研究科金融システム1年 授業は前もって勉強しておく。発表すべき授業は最初に発表する。
教科書の最初を読めるのでお勧め。

原田 計数工学科 毎日がPDCA 週5で実験で、仕事も多数もしている。毎日がタイト。週末にレビューをして反省する。
計画を立てて、絶対に守る。他の人の要求を断るようにしている。

笹尾 06年院卒。六本木でIT会社。最近仕事相手と飲みに行って、コミュニケーションを図った。
一人ではなく、チームワークでやる仕事がくると対応を変えなければいけない。

鈴木 動画の置き換えを作ったらニコニコ動画でレビューされ、それを直す日々を送っている。

山口 工学部PSI ブログをメーラーのようにしているが、1000件を超えた。分類方法を読む時間に変えたら着実に整理できるように。

柳沢 工学部PSI 五月祭で射的をやった。

古泉 工学部技術経営戦略 先日研究の中間発表。過程は大切。

松本 教育学部 忙しい生活の中で時間をどうつくるか。TVのアンテナを抜いたがユーチューブを見る時間が増えて困っている。

木村 法学部4年 ロースクールの受験勉強で実施したいが、短期だと空回りしている。そろそろやらないと。

竹本 理科2類2年 授業選択で取りすぎた、法学部用の授業を受けたなど失敗があったが、少人数制の魅力がわかった。

西川 早大商学部 ホンダの小林三郎さんを呼び講演会を実施。どうすれば講演会を成功させられるかをPDC。リマインダーメールと記念撮影の写真を送った。好印象で返信があったのでよかった。

◆東大改革について

<規模>

予算規模は2000億円。
(収入)
授業料収入は150億円(学生3万人)。運営費の一割弱。
東大病院収入が300億が東大病院。
科研費が300億円。
施設補助金、寄付で300億円。
農学部

(支出)
先生5000人。4000人、テニュアー。1000人任期つき。
比率はトップクラスだが、研究所に学生はいないので、日常は見えないが。
職員が8000人(看護師1000人)
かなりの大企業。大手メーカーに順ずるぐらいの。

<変化と現状>

04年から独立行政法人化。
毎年予算1%カット。
改革派の総長が2代続いたので、大きく変わった。窓口・学生対応。

駒場教育→学術俯瞰講義(看板教授を綺羅星のごとく並べる)
改革が急ピッチで進んでいる。
学内でコンビニやスタバを入れたりしている。

目標:世界大学ランキングで7位→3位以内を目指す。なかなか動かないが

低いポイント:教員に締める海外教員シェア低い。
リクルーティングポイント(世界の大企業への採用アンケート)
フィアレビューは理学部、工学部、文学部の一部では1,2位の分野もあり。
できるだけ他大と交流してレベルを高めてもらう。

やっていること
ハーバード、オックスフォード、ケンブリッチ、北京大などと大学連合を作ってWディグリーを取れるようにする。

今年の総長選挙の結果次第で流れが変わるか。

法学部の先生がNPOの立ち上げを実施。社会と大学との垣根を越える活動を実施している。

<リクルート>

新卒で入って28年勤めた。
人材が一番長い。住宅、ホットペッパー、まなぶ・・・。

Q、リクルートの他社との違いはなにか?

教育学部卒の江副さんが立ち上げたベンチャー。
ベンチャーに珍しく、有名大学卒の人間が多い。
大沢さん(文学部)の組織心理学会の権威だった。
人がどういうときに持てるエネルギーを爆発させるのか、をずっと研究している会社。

例えば:好きなことをやるとき、ありがとうと感謝されるとき、よい待遇をされるとき。
→どういう組織ならそれが実現できるのか、を組織として実施するのがリクルート。
→たくさん失敗するか、

当事者意識が出るのか、上がるのか→情報を公開する→役員会議の結果が末端までなされる。
アルバイトでも長い人はmtgでフィードバックさせる。
入社時に筆頭株主が社員持ち株会であった(40%ほど)。いまだに30%ぐらいで筆頭株主だった。
←経営方針の中で、MUSTの考え方。

税引き後利益の40%以上を、ボーナスに充てる。(就業規則に記載してある)
社員がボーナスを計算できる。ルール化しているのはあまりない。

3ヶ月ごとに表彰制度。クライアントをビデオ撮影して、ビデオレターを見せる。

そういうことに、エネルギーをかけて実施する会社。

最後の4,5%に他社との違いがある。長い歴史をかけて醸成されてきた遺伝子。

入社時にはベンチャーなのでひどい人もいたが、役員の質はとても高かった。
ベンチャー→社長以外の役員の人物力こそがその会社の力である。役員を見て決めるべき。

Q、人材制度の評価はどうやるのか?

経営とはトレードオフの判断。お客さんの声を意見を伝えるようにする。
個人の仕事が評価されることは、お客さんに支持されること。
かなり仕組みを構築して、ようやくお客さんのことが考えられる。
相当やっても、ちょうどよいぐらい。
個々をどうするか、だとお客様志向だが、組織全体だとお客様の視点になりづらい。
やりすぎるぐらいでちょうどよい。
企業文化→20年ぐらいかかるはず。いろんな分野で活躍する人が活躍するなんて、当時にはなかった。

Q、だめな会社

2回ぐらい倒産の危機があったが、それを乗り越えてやってきた。

Q、経済学部の評価は?

アメリカが圧倒的。アメリカの経済学部は工学部系のような印象。
アメリカの経済学部は国を作ったというイメージ。逆に日本では工学部。
教員を引き抜いてこないとダメ。人脈ある先生が引っ張ってこないと。

東大支援ファンド。ファンドの運用益で先生を雇って
2000億円あれば、運用益で60億円。それだけあれば先生雇って活性化できるのに。

Q、大学の評価はどう計るのか

論文の引用件数など。
物理の分野は3年生でもすごく詳しい。
グーグル→数理科学研究科の博士が良いといわれた。
数理科学研究科はレベルが高い。

Q、システム創成学科の目的は?

社会的な要請は?学際活動。業種、学問分野に限らず

(05/21)アイディアがどんどん出てくる?アイディアをまとめる手法実践<ワークショップ>

ワークショップはいつも盛り上がります!

6名の参加で始まった、今回の三文会ですが、なんと、この直前、
三文会参加者がテレビデビューを果たしました。

始まる前から盛り上がりつつ、一分間スピーチに突入!

テーマは「最近身の回りに起こったこと、気になること」

白鳥さん
先週の日曜に友達の結婚式に行ってきました。
たいそうな名家のお嬢さんと結婚したようで、新婦側が7割を占めていて、
既に常に尻に敷かれている感じがしたのが面白かったです。

野間
全国ネットの取材を受けたのが、脇役のはずがオンエアされちゃいました。
(フジテレビのめざましテレビ)
屋上菜園増えるのは喜ばしいことです。

木村さん
友人と能楽を見に行きました。
2年生まで能楽サークル(実演する)にいましたが久しぶりでした。
全体で5時間とすごく長いです。
音楽サークルに入っている友人と行きミュージカルと比較してみました。

  • 距離の取り方が違う。
  • 観客ではなく、神様に向かってやっている。

という特徴があります。
だから、途中退出とかが自由なのです。
※ミュージカルは、観客を意識する形式

古泉さん
技術を経営にどうやって結びつけるかを研究しています。
学生時代にテニスサークルにいました。その当時の仲間と日曜に社会人の大会に出てみた。
夫婦チーム2組で出て、優勝でき、楽しかったです。

大城さん
大学院を無事、卒業しました。(おめでとうございます!)
2日前までカナダに出張してきました。
自分たちで作った国際会議です。昔の大学間連携の仲間と会えました。
29カ国から80人くらいの学生がきて大成功だった。
言葉にはできないのですが、世界の共通感覚を持っていることを共有できたことがよかったです。
その一つは、「自分自身のものの見方を変えれば世界が変わる」というもの。
イマジナース(http://imaginearth.net/)という会社でも実現していくつもりです。
⇒ この話題も議論を呼びました。今度もっとやりましょう!

杉さん
テレビを確認してからのご登場でした。
しっかりと映ってました!!

————–

今回の発表は古泉さんによるワークショップ
「アイディアをまとめる手法実践」

アイデアを出す手法はたくさんあるが、まとめる方法は少ない。
一人でまとめるのは簡単だが、チームで一緒にまとめると全体のコンセンサスが取れ
チーム一丸の作業がさくさく進みます。

今回は、アイディアの作り方の手法論を紹介しながら、アイディアを出す過程から、まとめるところまで実践してみます。

アイディアの作り方についていろいろな書籍を読んでみましたが、
アイディアの作り方は根本的なところは共通です。

※ アイディア=新しいソリューションと定義します。

1)新しい発想を作り出す原理
何もないところから、生まれるものではない
既存の要素/思考の新しい組み合わせです。

  1. 資料収集
  2. 整理
  3. 組み合わせの試行錯誤
  4. いいものが見つかる
  5. 具体化・検証

続きを読む

(5/14) やりたいことをこなし続けるタスク管理術

今回は、ワークショップ形式で、「やりたいことをこなし続けるタスク管理術」を発表しました。

発表の仕上がりは、まだまだ50%程度と思ってますが、参加者の方々には参考になったようでよかったです。

本日の一分間スピーチのテーマは「生活において工夫していること」でした。

白鳥さん

  • 健康
  • よく寝る
  • 野菜を食べる

寝ないと、勉強のパフォーマンスが落ちるので、11時くらいには寝てます。
早ければ9時くらいに寝ることもあります。
食事では、青いものを必ず食べるようにしてます。
御殿下にも毎日通ってます。

杉さん

  • 早寝早起き
  • 夕方以降に楽しい何かを1つ入れるようにしている
    その後は、仕事をしないようにしてます。

毎日、夕方を楽しみに仕事をしていると、頑張れちゃいます。
奥村さん

  • 御殿下に通ってます。
  • 研究は遅くとも22:30までには終えるようにしてます。
    そうしないと、翌日疲れてしまう。
  • 1日少しでもいいから読書の時間を取ってます

野間

  • できるだけ自炊してます
    外食だと、味付けが単調になりそう。
    あと、家だと野菜を一杯食べられます。

続きを読む

(5/7) 三文会総括

1月から4月までの発表内容を総括した上で、
傾向分析を行いました。

詳細は後ほど追記しますが

  • ワークショップは参加者数が多い
  • 専門の発表は皆さん、ネタを持っている分、実施しやすいようです。

(4/30) 三文会人のための知っておきたい日本農業8つの数字

今回は国家公務員試験目前の白鳥君による発表でした。

将来農水省を目指す彼、さすがに、日本の農業の実態を表すいい資料が用意されてました。
気になった点をいくつか・・・

  • 食糧自給率は、金額ベースだと69%もある
  • 食品の価格のたった12%が農業生産による(残りは流通・加工など)
  • 農家の一家あたりの補助金は他の先進国(アメリカ含む)と比較して少ない