2007年 12月 の投稿一覧

(12/27)三文会リニューアル!

今日は野間さん、伊藤さん、浅羽さん、白鳥で以前話し合った「三文会を盛り上げよう!」
を踏まえた、具体的なアクションプランを話し合いました。
「大学運営を考える場にしよう!」「みんなでキャッチコピーを考えて賞金を稼ごう!」
「朝にドッヂボールをしよう」など、話が盛り上がり、あやうく模試に遅れかけました。笑
詳細を下記にまとめておきます。

なお、今年最後ということで、モンテベルデの方にお花と色紙を渡しました。
カフェの活性化も考えていきましょうね。

(※なお新年からは水曜開催に変わります。お間違いの無いようよろしくお願いします)
07122703


●2007年の三文会はこう変わる!

①早起きしないと損!
・・・これまで不定期だった個人の研究・活動発表の回数を増やします。
なるべく多くの方に発表していただき、「早起きしないと損」な会を目指します。
また、時期を見てスキルアップセミナーなども開催予定です。

②未来の大学を考えよう!
・・・朝は豪華なメンバーが集まる場!大学関係者を含め、未来の大学のあり方を考えます。

③楽しい仕組みづくり
・・・発表者が参加者数を競い合う「三文杯」、出席カードで皆勤賞を表彰など、
ノリで楽しめる仕組みを作っていきます。なお、三文杯優勝者には豪華商品(3コースから選べます)がでます。
07122702

●詳細
<開催テーマ案>
・学生発表・・・大学生が自分の専門や活動について発表します
・スキルアップセミナー・・・プロを講師に招いて、朝からスキルアップを目指します。
・未来の大学を考える・・・いろんなメンバーと未来の大学を考えます
・みんなでコンテストに応募しよう・・・みんなで巷のコンテストの課題を考え、応募します。
・そのほか企画・・・もぐる価値ある授業紹介、その場で読む読書会、詩の朗読会など

<開催方法>
・毎回、誰かが発表します
・参加人数で主催者別にランキングを作り、三月が終わったら表彰します
・皆勤賞にも何か出るらしいですよ

<そのほか>
・ビラを作って告知します
・みなさんもお友達に告知してください!

(12/20)ビジネスインテリジェンスサービスなどなど

今日の参加者は、初参加の2人を含む、9人でした。

初参加の仲津さんが、会社の紹介や、そのあたりのビジネス動向を話してくださり、盛り上がりました。

1分間スピーチ

(遅刻したため、最初の方の記録が取れませんでした。どなたか補足していただけると助かります。)

  • 白鳥さん(経済学部3年)
  • 清水さん(慶應義塾大学法学部3年)
  • 早瀬さん(医学部5年)
  • 鈴木さん(医学部5年)
  • 笹尾さん(P-strain):生体認証について。指紋、静脈など、いろいろあるが、本当に有効なのはどれなのだろう。文字のパスワードは変更できるが、指紋は読み取られてしまったら変更できないので、困ることもありそうですね。
  • 仲津さん(Fillmore Advisory):自分は就職氷河期に就職したのですが、バブルの名残があって、結構遊んでいました。自分の会社では、インターンの学生を取っているのですが、彼らはキャリアに対する意識が高く、自分のころと今の学生の違いに驚かされています。
  • 伊藤(工学系研究科修士2年):自分の声をウェブ上に自由に登録できる「こえ部」というサービスがリリースされたので使ってみた。僕の声は、こちらで聞けます。http://koebu.com/user/iyopon
  • 野間さん(ロジトーイ):展示会にいくつか行ってみたが、展示物の中にそれをネタに仕事をしたら面白いなーと思うものがいくつかあった。
  • 原田さん(工学部3年):上野で調達した海産物をたくさん食べすぎて、ちょっと気持ち悪いです。今は、キャリア意識が高い学生もいるけれど、一人でプログラムとか書きながら生活していく、就職しない生き方を選んでいる人もいて、面白い。

ビジネスインテリジェントサービス

Fillmore Advisoryの仲津さんが、会社の紹介、ビジネスインテリジェントサービスの動向などを話してくださいました。

Fillmore Advisoryさんは、2006年夏に設立された会社で、海外の機関投資家向けに、日本の株式の日本株のリサーチ情報を提供しています。

そのビジネスの背景としては、以下の2点があるとのこと。

  • 日本は、それなりに大きな市場があり、内需でまかなえる企業がたくさんあるので、株式市場として独立性が強く、リスクヘッジに適している。
  • 日本には、英語で情報発信できる人が少ない。

具体的には、証券取引所、各企業、政府などが出している公開情報を、自動的に集めてきて、データベースを作り、その結果を海外機関投資家に提供していこうとしているとのこと。

三文会では、IT関係に強い方が何人かいたので、どのような情報を使ったら魅力的な分析が提供できるかなどなど、活発に議論が行われました。

Fillmore Advisoryさんは、最近、本郷にオフィスを構えたようなのですが、その場所が、三文会を行っているモンテベルデの隣の隣ということで、開発プロジェクトなどに興味がある方は気軽に遊びにきてほしいとのことでした。

(12/13)本郷のまち

今日の三文会の参加者は、8人でした。

1分間スピーチに加え、本郷まちづくり協議会長で、元文京区議会議員の東村昭平さんが来てくださいました。

1分間スピーチ

今日の1分間スピーチのテーマは、プレゼントでした。

自分への、日ごろお世話になっているモンテベルデさんへの、プレゼントを考えました。

  • 白鳥(経済学部3年):農水省に行って来たが、社会人に間違えられた。贈り物は、プロジェクターが欲しい。ヴィジュアル的に大学生がこんなことをやっていますということが分かると良いかも。
  • 清水(慶應義塾大学法学部3年):シュウカツにハマっている。Googleの日本オフィスに行ってみた。こんな雰囲気の会社に就職できればいいなぁと思う。
  • 神谷(法学部4年):今年のクリスマスの予定は、母校の高校生の相手をすることになっています。30人くらいの高校生が東大に見学に来るので、母校出身の東大生が案内します。
  • 伊藤(工学系研究科M2):最近、自宅と研究室のどっちで寝るか分からない生活をしています。プレゼントは、お客さんに三文会があるってことが分かるものがいいですね。
  • 野間(ロジトーイ):雨の日は自転車で来るのが苦痛です。個人的には、ベルトや財布が欲しい。あげたらいいと思うモノは、携帯用の箸ですね。他には、マガジンラックとか、チラシを入れる台とかいいかも。
  • 鈴木(医学部5年):チラシを入れる台はいいですね。最近あったプレゼントとしては、昔関わっていた劇団に、他の劇団が使わなくなった屋外講演用のテントをもらいました。うれしかったです。
  • 安藤(教育学部4年):最近、土鍋でご飯を炊くのにはまっています。アドベントカレンダー(日めくりで、何が入っているか分からなくて、ワクワクするカレンダー)を買いたいと思っていたら、友達がくれてうれしかったです。
  • 笹尾(P-strain):久しぶりに来ました。お箸やエコバックがいいのでは。Googleやらサイボウズラボやらでいろんな人と会いました。「頭がよくなる照明術」が面白かったです。

東村昭平さんのお話

東村さんは昭和18年生まれ、ずっと本郷で生活されてきた方です。文京区議会議員を長く務め、今年引退されました。平成12年には本郷まちづくり協議会を立ち上げ、商店街の活性化と快適な住環境の実現のために、取り組まれてきました。

今回の三文会では、今まで行ってきた活動の紹介や、東村昭平さんの街づくりに対する考え方を伺いました。

過去には、東大の学生と、イベントを企画したり行ってきたようですが、最近はあまり学生とのつながりがないとのこと。三文会にはときどき参加していただけるとのことなので、学生と地域の関わりについても考えていきたいと思います。

(12/06)三文会に呼びたい人

今日の1分間スピーチのテーマは、三文会に呼びたい人でした。

三文会の様子

  • 野間さん(ロジトーイ):文京区長を呼んでみたい。
  • 原田さん(工学部3年):技術経営論という本を書いている野田先生の話を聞いてみたい。
  • 鈴木さん(医学部5年):地域の人の話を聞きたい。昔のこの本郷近辺を知っている人とかどうだろう。
  • 伊藤(工学系研究科修士2年):朝から優雅な音楽演奏とか、いいかもしれない。
  • 白鳥さん(経済学部3年):ベンチャー2007関西があったらしい。室内で野菜を集中栽培するベンチャーとか熱いですね。
  • 荒川さん(農学生命科学研究科修士1年):東京国際学生会議、Student Summit for Sustainability 2008の告知。

本郷という街のことを昔から知っている人の話を伺いたいというのは、みなさんで一致しました。

そこで、白鳥さんが、話題に登った東村昭平さん(元区議会議員)の事務所に伺ったところ、来週の三文会に参加してくださることになりました。

東村さんはなんと本郷まちづくり協議会長。

昔は環境三四郎と一緒に本郷のまちづくりを考えたり、東大で開催された国際建築学会を東大工学部の先生方とマネージしたりといろいろやっており、今湯島商店街の企画の副会長をやる地域のリーダーとのことです。

来週の三文会も楽しみですね。

三文会に参加される方は、右側のフォームから登録をよろしくお願いいたします。

三文会の様子

三文会の様子

(11/29)三文会を盛り上げよう

今回の参加者は、7人でした。

1分間スピーチに加えて、三文会を盛り上げるにはどうしたらよいか、話し合いました。07112901

1分間スピーチ

今回のテーマは、OB自慢でした。

  • 白鳥さん(経済学部3年):仙台二高出身。卒業生の三船久蔵という人の、文武一道という言葉が校訓になっている。卒業生には、浅野史郎、ソニー中鉢社長など。
  • 野間さん(ロジトーイ):筑駒出身。政治系などたくさん卒業生がいる。変わったところでは、同期にアイシールド21の原作者者がいます。富山に行ってきたので、薬とクッキーをプレゼントします。
  • 神谷さん(法学部4年):刈谷高校出身。愛知なので、トヨタ関係のOBが多数。他には、非常口のマークを考えた人、気象庁の前の長官など。
  • 原田さん(工学部3年):千葉東高校出身。女子が多い。理系の人が少ない。戸部アナ(フジテレビ)など、マスコミ系の人が若干いるようです。
  • 鈴木さん(医学部):県立千葉高校出身。千葉東と比べて、ぐだぐだ。高校の方が、大学より自由闊達だった気がする。OBとしては、神崎武法、志位和夫、市原悦子など。
  • 伊藤(工学系M1):浜松北高校出身。東大公認サイトUT-Lifeで、小学校、高校、大学の先輩である、鈴木重子さんにインタビューさせてもらったのが印象に残っている。
  • 清水さん(慶應義塾大学法学部):洛南高校出身。森脇健児、オウム真理教の死刑囚などがいる。

三文会の今後

07112902

今回の参加者の皆さんに、なぜ三文会に参加しているのか、意見を聞きました。

  • 白鳥さん:危機感を持ちたい。自分自身の専門を持って勉強している人の話を聞くことで、就職活動に没頭している周りの学生に流されてないようにしたい。
  • 清水さん:いろいろなバックグラウンドの人と触れ合うことで、刺激を受けたい。
  • 伊藤:朝、早く起きる習慣をつけたい。朝の時間を利用することで、普段はなかなか時間が合わない他の専門の人と会える。
  • 鈴木さん:気楽な感じでやれているのがよいのでは。朝の時間は、他のこととバッティングしにくい。他の専門の人に、セカンドオピニオン的な意見をもらえたりしていいと思う。
  • 原田さん:いろんな話を聞ける。みんな同じツールを使っているので、ネット上ではあまりおもしろい情報がなかったりする。対面の話で出てくるものも多いと気づいた。自分とはぜんぜん関係なさそうな情報を得ることも仕事につながったりする。
  • 神谷さん:知識が増えるのがおもしろい。最近は新しい人が増えてないが、固定メンバーに会うのもおもしろい。
  • 野間さん:若い人のエキスを吸いたい(笑)。人に会うのが好きなので、いろいろな人に会いたいというのがある。ゆるい人間関係。

その後は、三文会を盛り上げていくための方法を考えました。

今回、話し合ったことを元に、今後も三文会を運営していきますので、よろしくお願いいいたします。