7/7【仮想通貨のマイニング、実際にやってみたらこうだった】

仮想通貨やブロックチェーンは、今後の社会全体の在り方を変えるポテンシャルを秘めた技術として、金融業界のみならず様々な分野から高い注目を集めています。金融業界で証券アナリストとして働くかたわら、個人投資家として資産運用を営む私も、仮想通貨には以前から関心を寄せていました。しかし、ビットコインをはじめとした仮想通貨は投機対象としての性格が強く、通貨が本来備えているべき「決済」や「価値の保存」といった機能は未だ限定的であること、詐欺的な事件や仮想通貨の盗難事件といったネガティブなニュースが後を絶たないことなどから、動向を注視しつつも投資対象としては距離を置いてきました。
認識が変わったのは今年の4月です。仮想通貨関連事業を営む企業を担当することになったことから、仮想通貨に関する知識を本腰を入れて身に着ける必要が生じました。「知識を付けるといっても、専門書を読むだけでは味気ないし、仮想通貨を購入してトレードするのも芸がない。さてどうしたものか?」と迷っていたところ、ひょんなことから「マイニング」によって仮想通貨の「採掘」が可能である、という雑誌の記事を目にしました。その記事には、高価で専門的な機械を購入せずとも、一般的なパソコンに使われる部品を用いることでマイニングを行う機械を組み立てることが可能であると書かれていました。もともと、パソコンの組み立てが趣味であったこともあり、興味を惹かれ投資の収益性を計算したところ、自宅に設置できるような小規模なものでも満足すべき水準のリターンを享受できることがわかりました。
このような経緯から始めたマイニングですが、色々と手間がかかるもののなかなか面白く、ぜひ皆様に実態をご紹介したいと思い、今回発表することになりました。当日は短い時間ではありますが、仮想通貨のマイニングの概要にはじまり、利益の出しかた、苦労話、仮想通貨の将来に至るまで、マイニングを通じて得られた様々な知見を皆様と共有したいと思います。仮想通貨やブロックチェーンに興味のある方、機械好きの方、投資に興味のある方はきっと楽しんでいただける内容と思います。もちろん、これらの分野に詳しくない方でも楽しめるような構成にしています。当日はぜひお気軽にご参加ください。

【一分間スピーチのテーマ】
仮想通貨に対して持っている印象

【発表者】
1986年生まれ、三文会運営メンバー。好きな投資格言は「見切り千両」「人の行かぬ裏に道あり花の山」。
—————–

★下のフォームから参加登録をお願いします★
前日18時までに参加登録をお願いいたします。


 
三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!

【日時】毎週土曜日朝8:00〜9:00頃まで(開場7:45、途中退出OK)
【料金】学生500円、社会人1000円
【場所】Lab+Cafe 東京都文京区本郷4-1-3 明和本郷ビル7F (http://lab-cafe.net/page/)

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩3分)です。

あわせて読みたい

コメントを残す