次回12月14日(水) 【バンド『相対性理論』のヒットから現代を観る】

今週の三文会では法学部3年の新井さんにバンド『相対性理論』について発表していただきます。

お申し込みは http://fromy.net/sanmon/よりお願い致します。
以下、新井さんによるご紹介です。

—————————–

こんにちは。東京大学3年の新井と申します。

年30本ライブに行く音楽オタクであり、

年150本映画を観る映画オタクであり、

年50回美術展に行く美術オタクであり、

月150冊雑誌を読む雑誌オタクでもあります。

みなさん、「相対性理論」というバンドをご存知ですか?

ボーカル・やくしまるえつこのささやくようなウィスパー・ボイスと

言葉遊びを多用した哲学的な歌詞で人気を博し、

いま日本のポップカルチャーで最も勢いのあるバンドです。

名前が知られるようになったのは2009年ですが、

それからわずか2年で、メジャーデビューもしていないバンドが

一躍時代の寵児にまでなっています。

一体何があったのでしょうか?

文芸誌「ユリイカ」11月号では、ついにまるまる一号使って

「やくしまるえつこ特集」が組まれ、

坂本龍一、茂木健一郎、大塚英志、松岡正剛といった面々が

論考を寄せる、という企画が行われ

各所で大きな話題を集めました。

そう、何のプロモーションやタイアップもなしに、

単なる一バンドがこれだけ注目を集めているのは、

もはや文化や思想の方面から語られるべき出来事なのです。

そこで今回は、「バンド『相対性理論』のヒットから現代を観る」と題し

J-POP、現代思想、文芸、さらには映画、美術史まで

あらゆるカルチャーの知識を総動員して、

「なぜ相対性理論はこれほど流行ったのか?」

について迫っていきたいと思います。

相対性理論が好きなあなた、楽しみにしていてください。

相対性理論を聴いたことのないあなた、病みつきになるかもしれませんよ。

【一分間スピーチのテーマ】

あなたの人生の中で、「音楽があってよかった」と思った経験はありますか?

【発表者】

新井悠真さん (東京大学法学部3年)

—————————

参加費(朝食込み):学生 600円(2011年より変更)、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

場所は、以下の地図を参考にしてください。最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

東大正門(赤門ではありません)前の「モンテベルデ」という喫茶店です。

三文会では目下運営メンバー・発表者を大大大募集中です!

あわせて読みたい

コメントを残す