次回 2月13日【現役銀行員が教える!住宅ローンのお話】

次回の三文会では、現役の銀行員の方に、貸し手側から見た住宅ローンについて発表していただきます。

※発表の内容上、告知における発表者氏名の公表及び発表時のツイッターとustream中継は行いません。

参加を希望される方は、参加申込をお願いいたします。

<発表者の方によるご案内>

—-

2月13日の三文会では、「現役銀行員が教える!住宅ローンのお話」と題し、
銀行の融資担当者から見た、住宅ローンの実務について皆様にお話したいと思います。

住宅ローンは「いかに借りるか」(金利の選択、返済方法など)について語られることは多いのですが、
貸し手である銀行員の立場から「いかに貸すか」について解説がなされる機会はそう多くありません。
今回は、2年半で約90億円の住宅ローン融資を行い、約450人のお客様を担当してきた私の経験をもとに、
「銀行員はどのような視点で住宅ローンの融資判断を行うのか」について解説いたします。

また、
住宅ローン業務は、銀行の主要業務である「融資」の中でも最も初歩的な業務でありながら、
お客様・不動産業者・審査担当者・司法書士など、数々の関係者との調整を取りつつ、
かつ金利やマクロ経済動向に対する感度、民法や不動産についての知識を必要とするなど、
非常に奥の深い業務内容です。

住宅ローンは入行間もない若手行員が担当することも多いことから、
・将来銀行で働くことを考えている/内定している方、
・金融業会に興味がある方
にとって、有意義な時間を過ごしていただけるのではないかと思います。
朝早い時間帯ではありますが、ぜひお越しください。

●一分間スピーチのテーマ
金融業について、ポジティブ・ネガティブどちらのイメージをお持ちですか?
また、それはなぜですか?

●発表者
1986年7月生。大学卒業後、都市銀行に入行。
支店配属となり、窓口・渉外にて預金・投資信託・生命保険の販売業務および住宅ローン融資を担当。
公益社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員・宅地建物取引主任者。


※三文会では発表者を募集中です。

興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!


参加費(朝食込み):学生 600円(2011年より変更)、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、300円、600円とします)

参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。

朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。

会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。

会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。

あわせて読みたい

コメントを残す