10/31【東大卒業後20代後半から目指す声優】

声優という職業に馴染みはありますでしょうか。
私自身は高校生の時に憧れて、競争率の高さ・不安定な職業であることから親に反対されて諦め、大学卒業後に目指し始めました。
今ではほとんど声優しかしていません。
なってみて初めて、高校生の時には知らなかった声優の実態がわかりました。
今回の発表では、声優という職業の実態と、普段何をしているのかを話していこうかと思います。

・1分間スピーチのテーマ
毎日欠かさず練習していることは何ですか。

・発表者プロフィール
鈴木柚里絵(すずきゆりえ)
LEOPARD STEEL所属声優
東京大学教養学部卒業
Twitter @yuriehiyoko
出演作
チバテレビアニメ『まにまに2』ヘレン役など

続きを読む

10/24(オンライン)【強化学習】

次回の発表は強化学習についてです!

強化学習はいわゆるAI(機械学習)の1つの分野のことを指します.
あまり,馴染みのない言葉ですが,最近注目を界隈では集めています

強化学習の例としては,Alpha Goが挙げられます.
人類最強の囲碁棋士がAIに倒されたというニュースをきっかけにAlpha Goを知った人は多いのではないでしょうか?

AIや強化学習に興味がある人はぜひ参加してみてください!

 

==以下発表者からの案内文です==

強化学習とは機械学習の1つの分野のことであり,近年注目を集めています.

例えば,人類最強の囲碁棋士に勝利したAlpha Goは強化学習を使用していますし,最近はロボティクスなどの分野においても強化学習は大きな進化を見せています.
また,強化学習を使用した財政システムが既存のシステムよりも社会全体の効用を増加させるなどの研究もあり,強化学習は非常に幅広い分野への応用が期待されています.

しかし,強化学習という分野はAIの中でも少し変わった(?)分野であり,初学者からすると少しとっつきづらいものです.

そこで,今回の発表ではできるだけ強化学習について噛み砕いて説明し,事前知識がなくても強化学習とはどんなものなのかについて理解してもらうことを目標に発表したいと考えています.

また,今後,強化学習に僕が期待していることについてや,人間とAIの関わり方?など幅広い内容について皆さんと議論したいと考えています!

興味のある方はぜひ参加してみてください!

■一分間スピーチのテーマ
不確実性という言葉を聞いたときに,どのような印象,感想を持ちましたか?

■発表者の経歴
東京大学工学部3年
専門はマルチエージェント強化学習

■キーワード
AI,強化学習

続きを読む

10/17【幸せな人生にするためのキャリアとライフ 〜あなたの適職の選び方〜】

次回の三文会は、数多くのセミナーで講演されてきた、とにかくポジティブなキャリアウーマンの方による発表です。

三文会にはちょっと珍しい自己啓発系のテーマですが、みんなで生き方を考える機会になれば嬉しいです。土曜の朝から明るいスタートを切りましょう!

 

==以下発表者からの案内文です==

あなたは幸せに生きたいですか? あなたにとっての幸せって何ですか? (宗教ではありません、笑) 幸せな人生を送るためには、人に応援してもらえることが必須です。 応援してもらえる理由は人それぞれなので、自分の強みについて考えることが大切です。 同じ言葉を発しても、相手に受け入れてもらえる人と、相手をむかつかせてしまう人がいるのは何故でしょう?
『彼を知り己を知れば百戦殆からず』(孫子より) 敵を欺くには味方からとも言いますが、 人間社会で生き抜くには、自分を知ることが大切です。自分を知り、適職につくこと。そうすれば自分らしく社会に貢献することができます。 人は1人では生きていけません。1人では無力なものです。 あなたがあなたらしく働き、幸せな人生を送るために、自分を知り、相手から応援される人になりましょう。
20代まではコンプレックスだらけの人生でした。 ところが30代になって仕事がうまくいくようになると、何故か私生活もうまくいくようになり「幸せになりたい、強くなりたい」と思っていた10-20代の頃の私が求めていた「自信があり、強くて、人に応援してもらえる人」になれてきました。 どんな習慣や、思考で、こんなにも人が変わったのか? その軌跡をお話します。

■一分間スピーチのテーマ

あなたは何故、人から応援してもらえるのでしょうか?
※三文会では最初の20分ほど、自己紹介を兼ねて発表者の方のお題を話します。

■発表者紹介

重松和佳子
1980年群馬県藤岡市生まれ 1999年3月 慶應義塾女子高校卒業 2003年3月 慶應義塾大学卒業(文学部人間関係学科教育学専攻 ) 2003年4月 P&Gジャパン入社 2009年1月 プルデンシャル生命保険に転職。 1年目より同社の成績優秀者表彰に入賞、2年目には同社の女性営業職のトップになる。業界成績優秀者表彰であるMDRTに入社初年度から11年連続入会。2015年2017年2018年は3倍基準のCOTを達成。 2019年4月より、営業所長として、スカウト採用と育成を行なっている。 事業承継、相続、信託についての勉強会や、「営業はセンスではなく科学」をモットーに、営業職についての企業研修なども開催。 また、「営業職の面白さ、やりがい、その実践的ノウハウを若い人に伝えたい」と大学での講義も積極的に行っている。 4歳長女、1歳長男、2児の母。 Twitter @wakaneee ワカ姐@女性営業の母 ↑トップビジネスマンになるための知恵や、人生と働き方などについて呟いています。
本業のお客様をインタビューして記事にするサイトを趣味で運営しています。たくさんの成功者の人生ストーリー、勇気の出るお話やビジネスマンとしての成功の秘訣が詰まっていますのでよければご覧ください。 http://www.theswitch.jp

続きを読む

10/10(オンライン)【アクチュアリーの話(第4回)】

次回は好評のアクチュアリーの話です!現役アクチュアリーの方から保険のお話をお聞きします。
質疑応答も自由にできるので、はじめて参加する方もお気軽にご参加ください 🙂

==以下発表者からの案内文です==

保険は大きく『損害保険』と『生命保険』の2種類に分かれます。
損害保険は物をリスクの対象とする保険で、自動車保険や火災保険がその代表です。一方、生命保険は人の生死をリスクの対象とする保険で、終身保険や個人年金保険がその代表です。損害保険と生命保険はリスクの対象が異なるだけで保険の仕組みとしては基本的に同じです。しかし、この2つではリスクの性質は大きな違いがあります。
そこで、今回は特に生命保険のリスクにフォーカスを当ててアクチュアリーの視点からお話ししようと思います。

■一分間スピーチのテーマ
知っている保険の種類を一種類でいいので教えてください。
※三文会では最初の20分ほど、自己紹介を兼ねて発表者の方のお題を話します。

■発表者の経歴
外資系保険会社勤務(日本アクチュアリー会正会員)

■キーワード
平準保険料、責任準備金、予定利率、逆ザヤ、金利リスク、ALM、生命保険の破綻

続きを読む

10/3【秋の読書会】

次回三文会では読書会を行います!

今回お持ちいただきたい本のテーマは「自分の好きな本」です
三文会の中の人たちの持っていきたい本として、
・プロパガンダの法則の本
・SF小説
が挙がりました。ジャンル、媒体は問わないのでお好きな本を一冊お持ちください!

続きを読む

9/26【在宅勤務はどこまでできたか―ある会社員の半年間の記録】(遠隔開催)

コロナ禍の影響で在宅勤務(あるいは在宅での講義の受講)をされている方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんな在宅勤務の経験談についてお話しいただきます。

他の人がどんな経験をしているか気になる方はぜひお越しください!


新型コロナウイルス感染症COVID-19が拡大した2月下旬以降、半年以上の間、在宅勤務を中心とする勤務をしてきました。
個人の記録を中心に、一会社員として、また情報通信基盤を担う者の一員として、分かってきたことを共有させていただきます。

●キーワード:在宅勤務、テレワーク、リモートワーク、遠隔勤務

【一分間スピーチのテーマ】

在宅勤務または遠隔勤務をしていますか?

(備考)三文会では、自己紹介を兼ねて、発表者が設定したテーマについて参加者の皆さまに1分間のスピーチをお願いしています。

【発表者】

熱川豊紘(にえかわ・とよひろ)
1986年和歌山県生まれ。東京大学文学部を経て、2012年に同大学大学院学際情報学府修士課程を修了。専門は科学・技術政策論。在学中、財団法人東京大学新聞社(現、公益財団法人)に勤務。朝食勉強会、三文会事務局に出向。現在、情報通信企業でマーケティングを担当。

続きを読む

9/19(遠隔)【全てを飲み込む真夏の国の哲学 〜タイの社会と人間学と、未来の私たちへ〜〈後編〉】

8/29に盛り上がりすぎて後編に持ち込んでしまった発表です。

タイに赴任した方に、その社会や人々の様子について語っていただきます。前編のあらすじも軽く話していただくので、前編で参加していない方も是非どうぞ!

 


2019年5〜11月の間タイに赴任していました。色々とプレッシャーのかかる仕事だったため、その準備には1年近くを要しました。英語やタイの文化や社会経済、多少のタイ語を予習していきましたが、予習と異なる部分もたくさんありました。今回は短いながらタイ赴任中に見て聞いてきたタイという社会について、また日本と異なるのかと言う考察を踏まえた”真夏の国の哲学”について、そしてそこから考えた未来についてお話したいと思います。このプレゼンは、2019年9月にバンコクのチュラロンコン大学で開催された学士会YELL主催の”YELL’s cafe in Thailand”と2020年2月に名古屋市内で開催された”Nagoya YELL’s cafe Academia”のプレゼン内容をベースにしています。

【一分間スピーチのテーマ】

・海外で遊ぶと言えば?(タイに行ったら)

・日本の未来への方策と自分自身が社会に役に立てる事は?

続きを読む

9/12【共同体パトロネジからみるローマ帝国】

次回の三文会のテーマは「ローマ帝国」。

歴史が苦手な方でも必ず聞いたことがあるほど有名ですが、その実態をよく知らない方は多いのではないでしょうか。

プレゼンターは現役の東大生です。巨大な帝国の団結力の秘密を、一緒に紐解いてみましょう!

 

以下、発表者の方による紹介です。

ーーーーーーーー

地中海を内包する広大な領域を支配しながら、帝国官僚が全土で300人にも満たなかったといわれるローマ帝国は、なぜ長期にわたってその支配を維持することができたのか。

 

そこには、皇帝や元老院の政策、法、軍事力など、様々な要因が考えられるでしょう。しかし今回は、一般に「パトロネジ」と称される社会的結合関係、とくに都市や村落、同業組合など帝国内の様々な共同体が有した「共同体パトロネジ」に焦点を当てて、この問題を考えてみます。

 

いくつかの史料を取り上げて具体的な事例も見つつ、帝国各地に網の目のように張り巡らされ、いわば社会の潤滑油として公と私の狭間で機能した社会的結合関係の在り様に迫りたいと思います。

 

【一分間スピーチのテーマ】

皆さんにとってのローマ帝国のイメージは?(古代でも、後代における表象でも)

(備考)三文会では、自己紹介を兼ねて、発表者が設定したテーマについて参加者の皆さまに1分間のスピーチをお願いしています。

 

【発表者】

小川潤

東京大学大学院人文社会系研究科修士課程を修了(2018年度)。現在は同博士課程所属、日本学術振興会特別研究員DC1。専門は古代ローマ史、とくに帝政前期の西方属州史。また、副専攻としてデジタル・ヒューマニティーズに関わり、人文学におけるセマンティック・ウェブ技術やオントロジーの活用について研究。

 

【参加費】

無料

【開催場所】
・Google Meetによる遠隔開催をします。事前のアプリ等のダウンロードは不要です(※)。Chrome, Firefox, Safari, Microsoft Edgeのブラウザをご用意ください。(要件: https://support.google.com/meet/answer/7317473?hl=ja )

※スマホでのご参加の場合、下記URLをクリック後、アプリのダウンロードが必要です

・時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。
会議URL:

https://meet.google.com/kax-qwyb-boj

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmonkai.ut(アット)gmail.comまでご連絡ください!

9/5(遠隔)【ゲノム編集 規制編】

次回の三文会は、東大の博士糧過程を経て在究職として働いている方による、植物の遺伝子組み換えのお話シリーズです。

自分や家族の口に入れるものなら、安心なものを選びたいですよね。安心を守るために、遺伝子組み換えに関してどのような規制があるのでしょうか。

以下、発表者の方による紹介です。

ーーーーーーーー

バイオ産業で使われているゲノム編集技術の法規制を各国が進めています。
今回は国内外のゲノム編集の規制について紹介します

【一分間スピーチのテーマ】

食の安心についての意見を聞かせてください。

(備考)三文会では、自己紹介を兼ねて、発表者が設定したテーマについて参加者の皆さまに1分間のスピーチをお願いしています。

 

【発表者】

本間洋平(ほんまようへい)
平成27年東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。
専門は植物生理学、植物病理学、植物細胞工学、園芸学。
博士課程修了後は公益財団法人の研究機関で野菜の品種改良の研究職に就いています。

 

【参加費】

無料

【開催場所】
・Google Meetによる遠隔開催をします。事前のアプリ等のダウンロードは不要です(※)。Chrome, Firefox, Safari, Microsoft Edgeのブラウザをご用意ください。(要件: https://support.google.com/meet/answer/7317473?hl=ja )

※スマホでのご参加の場合、下記URLをクリック後、アプリのダウンロードが必要です

・時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。
会議URL:

https://meet.google.com/kax-qwyb-boj

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmonkai.ut(アット)gmail.comまでご連絡ください!

8/29(遠隔)【全てを飲み込む真夏の国の哲学 〜タイの社会と人間学と、未来の私たちへ〜】

海外旅行に行けず、海外への思いを募らせている方も多いのではないでしょうか(私もそのひとりです)。

次回のテーマは、タイという社会やその思想について、日本との違いを踏まえながらの考察です!

以下、発表者の方による紹介文です。


2019年5〜11月の間タイに赴任していました。色々とプレッシャーのかかる仕事だったため、その準備には1年近くを要しました。英語やタイの文化や社会経済、多少のタイ語を予習していきましたが、予習と異なる部分もたくさんありました。今回は短いながらタイ赴任中に見て聞いてきたタイという社会について、また日本と異なるのかと言う考察を踏まえた”真夏の国の哲学”について、そしてそこから考えた未来についてお話したいと思います。このプレゼンは、2019年9月にバンコクのチュラロンコン大学で開催された学士会YELL主催の”YELL’s cafe in Thailand”と2020年2月に名古屋市内で開催された”Nagoya YELL’s cafe Academia”のプレゼン内容をベースにしています。

【一分間スピーチのテーマ】

・海外で遊ぶと言えば?(タイに行ったら)

・日本の未来への方策と自分自身が社会に役に立てる事は?

(備考)三文会では、自己紹介を兼ねて、発表者が設定したテーマについて参加者の皆さまに1分間のスピーチをお願いしています。

 

【発表者】

原 康人(はら やすひと)
2009年にアルミニウムを作る会社に就職。色々な製品の表面処理等を担当しながら、埼玉→福井→名古屋→福井と転々として、今は福井で飲料缶用製品の開発等を担当。会社の海外展開で出張先は東南アジアや北米へ広がり、ANAの上級ステータスに到達。2019年5〜11月タイに滞在。帰国後の週末はカフェでコーヒーと愛車を眺め、一方で北大・東北大・東大・名大・京大・阪大・九大の7大学連合同窓会である学士会の若手グループ”学士会YELL”では運営やSNSを担当し、また学士会の会誌”NU7”等で執筆活動修行中。

学士会YELL 広報SNS
facebook: https://www.facebook.com/gakushikaiyell/
Instagram: https://www.instagram.com/gakushikai.yell/

 

【参加費】

無料

【開催場所】
・Google Meetによる遠隔開催をします。事前のアプリ等のダウンロードは不要です(※)。Chrome, Firefox, Safari, Microsoft Edgeのブラウザをご用意ください。(要件: https://support.google.com/meet/answer/7317473?hl=ja )

※スマホでのご参加の場合、下記URLをクリック後、アプリのダウンロードが必要です

・時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。
会議URL:

https://meet.google.com/kax-qwyb-boj

★下のフォームから参加登録をお願いします★

三文会では発表者を募集しています。
興味のある方はsanmonkai.ut(アット)gmail.comまでご連絡ください!